映画を届けるのって大変っ!!【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

お互い頑張りましょう!

本題に入る前に近況報告からさせてください。

現在、『映画 えんとつ町のプペル』が絶賛公開中でございますが、昨日、初日の舞台挨拶の動画をYouTube上にアップしたところ、「ここに至るまでに、そんなツライ思いをされていたんですね。そういった話は、どこで知れますか?」というお声を結構いただきました。

先日、発売されたエッセイ『ゴミ人間 ~日本中から笑われた夢がある~』というのがまさにそれで、僕が絵本作家になったその日から、『映画 えんとつ町のプペル』の初日を迎えるまでの十数年間の日記です。

「こういう局面では、こういう仮説を立てて、こういう打ち手を選びました」というビジネス寄りの話も書かせていただいておりますが、どちらかというと、その時々の心情が厚めで、悔しかったことだとか、悲しかったことを正直に、女々しく書いております。

『映画 えんとつ町のプペル』と合わせて読むと更に面白い一冊になっておりますので、是非。

(※コチラ→)https://www.amazon.co.jp/dp/4048968920/ref=cm_sw_r_cp_apa_fabc_5vM6FbKVQT087
ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある | 西野 亮廣 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで西野 亮廣のゴミ人間 日本中から笑われた夢がある。アマゾンならポイント還元本が多数。西野 亮廣作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またゴミ人間 日本中から笑われた夢があるもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
リンク
www.amazon.co.jp

同時発売されている『別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣』も合わせてオススメです。

(※コチラ→)https://www.amazon.co.jp/dp/B08PXD22WW/ref=cm_sw_r_cp_apa_fabc_3wM6FbGGY8N8V
別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 特装版(直筆サイン入り) | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでの別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 特装版(直筆サイン入り)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 特装版(直筆サイン入り)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
リンク
www.amazon.co.jp

そして、もう一点。

先々入っている『映画 えんとつ町のプペル』の舞台挨拶が、実は「舞台挨拶」という生ぬるいものではなくて、「30分のトークショー」ということが発覚したのは前回、前々回、お伝えした通りですが、その「30分のトークショー」の追加分が昨日、発表となりました。

ちなみに、【今日】は、TOHOシネマズ海老名の9時5分の回の上映後と、12時10分の回の上映前。
そして、TOHOシネマズららぽーと横浜の12時15分の回の上映後と、15時20分の回の上映前。

【明日】は、TOHOシネマズ川崎の9時5分の回の上映後と、12時10分の回の上映前。
そして、TOHOシネマズ池袋の12時15分の回の上映後と、15時20分の回の上映前。

【明後日(12月31日)】は、TOHOシネマズ日比谷の12時5分の回の上映後と15時10分の回の上映前。

そこから年が明けて、1月1日は大阪に移動しまして、TOHOシネマズなんばとTOHOシネマズ梅田でありまして、ここからは公式ホームページをご覧いただきたいのですが、多い時で1日6ステージ入っていたりします。

もう一度言います、1日6ステージです。
年の為、もう一度言いますが、30分のトークショーが1日6ステージです。
そんなスケジュールが現時点で1月11日まで決まっています。

詳しくは公式ホームページで→https://poupelle.com/news/?p=482
〈第2弾スケジュール追加!〉【西野亮廣がゆく 大ヒット御礼!トークショー付き上映!】 | プペル新聞 | 『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト
〈2021年1月のスケジュールを追加しました〉この度、映画のヒットを記念して、1月1日以降も西野亮廣さんが劇場でトークショーを行うことが決まりました!【公開御礼!舞台挨拶つき上映】改め【大ヒット御礼!トークショー付き上映!】…
リンク
poupelle.com

「お前、映画を届けるの必死じゃん」と笑われるかもしれませんが、そうなんです。必死なんです。

ここからが今日の本題で、最後は「お互い頑張りましょうね」という話に着地するのですが、映画を届けるのって、メッチャ大変なんです。

ありがたいことに、先週金曜日に公開となりました『映画 えんとつ町のプペル』は良い滑り出しで、いわゆる「爆死」みたいな状況は回避することができたんですね。
「オリジナル作品でよくぞそこに割って入ってきたな」という状況です。

ただ、「テレビアニメの映画化」でもない「テレビドラマの映画化」でもない、僕らのような名も知れぬオリジナル作品はあの手この手を打ちまくって、ようやくそのラインなんです。

ぶっちゃけ、ライブや書籍はコア層に届けば、それなりの結果が出るわけですが、映画というのは「マス」が相手なので、「コア層に届けばいい」というものではありません。

『映画 えんとつ町のプペル』の希望は本当にありがたいことに「メチャクチャ評判がイイ」ということで、こればっかりはガッツポーズでしかないのですが、ただ、その声というのはやっぱり広めていかなきゃいけない。

自然と広まっていくことを願っている場合じゃなくて、広まっていく後押しはしなくちゃいけないんですね。

それもあって、1日4ステージ。多い時で6ステージのトークショーを毎日開催しているのですが、それでもまだまだ足りない。

どこと比べられるかというと、『鬼滅の刃』とか『ポケモン』とか『ドラえもん』とか『エヴァンゲリオン』とか、あと同時期の公開だと『ワンダーウーマン』とかがシレ〜っと入ってきたりしています。

ここいら相手に絵本原作で挑まなきゃいけないのは、そこそこ痺れますよ。

朝はラジオでこうして映画絡みの話をして、その後、オンラインサロンの方に「映画を一人でも多くの人に届ける為の次の打ち手について」の記事を書いて、トークショーで各劇場をまわり、移動中はツイッターにへバリついて、リツイートしたり、コメントを返したり…どれだけやっても全然足りないんです。

僕は、どこまでいっても「内容」だと思ってますよ。
ただ、世間は数字の結果で勝ち負けを判断するし、プロとして狼煙を上げた以上はそれは受け入れなきゃいけない。

どれだけやっても不安は消えませんし、これはありがたいことでもあるのですが、恐ろしいことでもあって、今、『映画 えんとつ町のプペル』は数十の国からオファーをいただいているんですね。

つまり、日本だけじゃなくて、ここから先は各国で同じような競争をしなくちゃいけない。
その国にはその国の『ドラえもん』みたいな国民的作品があって、そこと比べられちゃうんです。

震えますよ。

それでも、やっぱりイイなぁと思うのは、ここまで一筋縄ではいかない勝負って、人生でそうそう経験できるものじゃない。

これは、おそらくサロンメンバーさんは察していると思うのですが、コロナも相まって、僕、今、完全に「かかっている」んですね。

「やってやるぞ!」というギアが一番上まで上がっている。

それって、自分の意思だけではそこに持っていくのは不可能で、やっぱり「環境」がそうさせている部分が多分にある。

毎日朝まで仕事をして、チョコっと寝て、また朝から仕事に行って、「やってもやってもやってもやっても、まだ足りない」という毎日で、「畜生!」の連続なんですけども、その一方で、SNSやYouTubeで映画の感想を言ってくれる人達がいて、それを見て救われたりして、感情がグラングラン揺れてます(笑)。

感想ツイートや、感想動画、本当にありがとうございます。
「♯えんとつ町のプペル」が付いているものは全部見させていただいています。

僕がお爺ちゃんになって、昔を振り返った時に、この2020年の記憶は、結構、鮮明に蘇ると思います。
映画を届けるのってメチャクチャ大変なのですが、僕はこの環境に感謝しなくちゃいけない。

今、とくにコロナで、大変な思いをされている方、たくさんいらっしゃると思うんです。

「やってもやってもやってもやっても、問題が解決しない。なかなか光が見えない」という状況にある人って、少なくないと思います。

その苦労と、僕なんぞの苦労を比べるのはおこがましい話ですが…それでも僕のジタバタもがいている姿が、「もう少し頑張ろう」と思っていただけるキッカケになると嬉しいです。

まだまだ先は長いですが、お互い頑張りましょう。

本題に入る前に近況報告からさせてください現在ですね映画えんとつ町のプペルが絶賛公開中でございますが昨日ですね初日の舞台挨拶の動画をですね YouTube 上にアップしたところここに至るまでにそんな辛いものされてたんですねそういった話はどこで死ねますかって言うねお子様ですね結構いただいたんです頂いたんですけれども先日ですね暑バイされたエッセイゴミ人間日本中から笑われた夢があるというのがまさにそれでですね僕が絵本作家になったその日から映画えんとつ町のプペル の初日を迎えるまでの十数年間の日記なんですねこういう局面でこういう仮説を立ててこういう打ち手を選びましたって言うとビジネスよりの話も書かせて頂いておりますがどちらかというとですねその時々の心情が集めに入っておりまして悔しかったことだとか悲しかったことをですね正直に女々しく書いております映画えんとつ町のプペルと合わせて読むとさらに面白い一冊になっておりますので是非でございますんで同時発売されている別冊カドカワ総力特集西野亮廣もあわせてお薦めですそしてもう言ってね先々入っているですね映画えんとつ町のプペルの舞台挨拶が実はね舞台挨拶という生ぬるいものではなくて30分のトークショーということが発覚したのは前回前前回お伝えした通りですがその30分のトークショーの追加文が昨日発表となりました ちなみにですね今日はですね tohoシネマズ海老名の9時5分の回の上映後と12時10分の回の上映前そして移動しまして tohoシネマズららぽーと横浜の12時15分の回の上映後と15時20分の回の上映前で明日はですね tohoシネマズ川崎の9時5分の回の上映後と12時10分の回の上映前そして移動しまして tohoシネマズ池袋の12時15分の回の上映後と15時20分の回の上映前で年末12月31日はですね tohoシネマズ日比谷のですね12時5分の回の上映後と15時10分の回の上映前ですねでそこから年が明けて1月1日は大阪に移動しまして tohoシネマズなんば TOHO シネマズ梅田で舞台挨拶と言うか30分の特徴がございましてそこから先はですね公式ホームページをご覧頂きたいんですけども美味しいですね1日6ステージ入っていたりし いますもう一度います1日6ステージです念のためもう一度言いますが30分のトークショーが1日6ステージでそんなスケジュールが出て現時点で1月の11日まで決まってるんです公式ホームページのでスケジュールを確認くださいでねあのこういうことするとねあのお前が届けの必死じゃんで笑われるかもしれませんがそうなんです必死なんですよここからが今日の本題で最後ですねお互い頑張りましょうねという話に着地するんですけどもやっぱり笑顔届けるのってめっちゃ大変なんです本当に大変なのありがたいことに先週金曜日に公開となりました映画えんとつの町のプペルはあの調べて頂いたらわかると思うんですけどもいい滑り出しでですねあの爆死みたいな状況は回避することができた ですねオリジナル作品でよくそこに割って入ってきたなっていうそういう状況ですただです テレビアニメの映画化でもないテレビドラマの映画化でもな今僕らのような名も知れぬですねオリジナル作品はですねあの手この手を打ちまくって本当に打ちまくってようやくその LINE なんですねぶっちゃけ8ライブとかですね書籍っていうのは強そうに届けばそれなりの結果が出るわけですけれども映画っていうのはもうますがいて何で体臭がいて何で強そうに届けばいいっていうものではないんですね強さを向けに作っちゃうとやっぱりあのそれこそ爆死しちゃうっていうそういったものなんですね映画えんとつ町のプペルのあの希望はですね本当にありがたいことにですねめちゃくちゃ評判がいいっていうことでこればっかりはねもうあの動かしようがないですからこればっかりはガッツポーズでしかないんですけどもただその声のやつ パリ広めていかなくちゃいけないんですね自然と広まっていくことを願ってる場合じゃなくて広まっていく投資はしなくちゃいけないねそれもあってですね1日4ステージ多いときで6ステージのトークショーを毎日毎日開催しているんですけどもそれでもまだまだ足りないんですね僕はどこと比べられるかと言うとですねきめつのやいばとかポケモンとかドラえもんとかエヴァンゲリオンとかあと同時期公開の作品だとワンダーウーマンとかがしれっと入ってきたりしていますここいる相手にですね絵本原作で入らなきゃいけないんですけどもそこそこしびれるのは朝はラジオで映画絡みの話をしてその後ですねオンラインサロンの方に 映画を一人でも多くの人に届けるための次のうち手についての記事を書いてで映画のなんだろな宣伝となるような書籍を出版してトークショーで各劇場周り移動中は Twitter にへばりついてリツイートしたりコメントを返したりあれやこれやしてるんですけどもやっぱこれだけあってもまだまだ全然足りないんですね僕はねあの本心を言うとどこまでいってもやっぱ作品なんで最後はないようだと思ってますよ内容が面白いだろって思ってますがただ世間をあの数字で勝ち負けを判断するし数字の結果で勝ち負けを判断するしやっぱプロとしてのろしを上げた以上はそこを受けなきゃいけないと思ってそうなってくるとどれだけあっても不安は消えませんしてこれはありがたいことでもあるんですけども に恐ろしいことで待って今ね映画えんとつ町のプペルは集中の国からですねオファーをいただいているんですね数十カ国からこの上の歯をいただいてるんですつまり日本だけじゃなくてここから先はですね各国で同じような競争をしなくちゃいけないその国々にはですねその国ですねえーとドラえもんみたいな国民的作品があってそことかやらなきゃいけないんでそこと比べられちゃうんですよ震えますよそれでもねやっぱりねいいなと思うのはここまで一筋縄ではいかない勝負って人生でそうそう経験出来るもんじゃないこれはおそらくサロンメンバーさんはさしていると思うんですけどもコロナも相まってですね僕今完全にかかってるんですね多分今年の本当に2月か3月ぐらいからかかってるんですよやってやるぞ ギアが一番上を上がってるんですねそれとやっぱり自分の意志だけではそこに持っていくのはやっぱ不可能で環境がねそうさせている部分っていうのが多分にあるね毎日ね朝まで仕事してちょこっとだけ寝てまた朝から仕事に行ってやってもやってもやってもやってもまだ足りないっていう毎日で本当ねも畜生の連続なんですけどもその一方で SNS YouTube で映画の感想を言ってくれる人たちがいてそれを見て救われたりしても感情がモグワンしてます感想の動画本当にありがとうございますハッシュタグがついているものはもう全て見させて頂いておりますで僕がねおじいちゃんになって昔を振り返った時にこの2020年の記憶ってのは結構鮮明に蘇るだろうなと思います ちゃくちゃ大変なんですけどもやっぱり僕はこの環境に感謝しなくちゃいけないでね今は特にコロナで大変な思いをされてる方たくさんいらっしゃると思うんですねやってもやってもやってもやっても問題が解決しないなかなか光が見えないっていう状況にある人って少なくないと思いますでその玄人まあ僕なんぞの黒を比べるのはおこがましい話ですがそれでもね僕のジタバタもがいてる姿がもう少し頑張ろうと思っていただけるきっかけになると嬉しいですまだまだ先は長いですがお互い頑張りましょうオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所では西野亮廣が現在手掛けている最新のエンタメビジネスに関する記事を毎日に3000文字投稿しております興味がある方はぜひ覗いてみてくださいそれでは素敵な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でしたじゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる