「集客」ではなく「集客力」に目を向けろ【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

『えんとつ町のプペルができるまで展』始まる。

本題に入る前に近況報告をさせてください。

新刊「ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある」と「別冊カドカワ総力特集西野亮廣」が発売となりました。

全国の書店さんで大々的に展開してくださっていて本当に感謝です。

改めてお話ししたいと思います。

一つね渋谷 TSUTAYA さんでまっこの二冊とは別でですね渋谷 TSUTAYA さん限定表紙のですねえんとつ町のプペルが販売されています絵本煙突ましたと出るが販売されていますが最も そうですねんっていうのは渋谷をモデルに書いたのもあってもういっその 渋谷応援凸待ち風に書き換えてですねそこにいるビッチとプペルを立たせてみました。

なので109とかもあるんですね10えんとつまちの晩の109とかもあるんですと言った絵が表紙になっている限定カバーの絵本煙突町のプペルはですね渋谷 TSUTAYA さんで現在販売されているのでゴミ人間日本中から笑われた夢があると別冊カドカワ後で取り方は総力特集仁科黄色と一緒に是非ゲットしてみてください。

そんなこんなで本題でございます。

今日はですね役に立つ話でもなんでもなくて僕の偏った愛についてお話ししたいと思うんですけれども。

ただ最後の最後で多分サービス提供者全てのサービス提供者の方が大事にしなきゃいけないようなお話をしたいと思います。

えっとですね どっからしゃべろうかな。

あの映画えんとつ町のプペルの公開までねあと6日と迫って動きが活発化してるんですね。

昨日関西で放送された徹底解説映画にとつまってるの魅力に迫るっていう30分特番が、結構いろんな地域で放送されるみたいで。

詳しくはですね映画えんとつ町のプペルの公式ホームページでご確認ください。

でいろんな動きがある中ですね今日からはですね大阪と名古屋の HMV MUSEUM 3でえんとつの町のプペルができるまで展がスタートするんですけども。

こちらはですねメイキングとか制作の裏側がお好きな人にとってはですね超絶おすすめの古典となっております。

まさにですね僕みたいな人間が対象になると思うんですけども。

例えば ですね映画の DVD の特典についてくるメイキング映像僕はパイレーツオブカリビアンのメイキングとかすごく好きなんですけども。

そういったメイキング映像とか、 NHK でご存知ですかね浦沢直樹さんがやられているまんべんとかが僕は非常に大好きで。

メイキングの何が好きなのかっていうのを、言語化すると。

超人的な結果を出している人たちも僕と同じ人間なんだなって思えるところですね。

ちゃんとつまずいているし、服用しているしもがいている宮崎駿さんとかがボヤきながら絵を書いてるのとかも最高なんですね。

もうめちゃくちゃ怒りながらポニョとか書いてるんですよ。

めんどくせえな裸で親近感というか まだましたがもしかしたら僕だってやれるかもと思わせてくれる。

そして今まさに恵まれているっていうそれとライブ感がたまらなく好きなんですね。

でこういう場所だから裏側を話すとですね最初 HMV museum さんの方からですね煙突町のプペルの制作の裏側を紹介することをやりませんかっていうお電話をいただいたんですね。

僕としてはそもそも大好物のテーマですし。

何よりですね今回の映画の主役である制作スタッフ及びスタッフの仕事ぶりを知ってもらえるいい機会だと思って、二つ返事で OK を出させてもらったんです。

2回目の打ち合わせの時ぐらいにこんな感じで進めようと思うんですがどういった感じでですねま会場のレイアウトを見せていただいたんですけれども。

それがですねしろかぶにですねパネル化した政策資料が並んでいる感じの レイアウトでちょっと弾けなかったんですねまあもちろんですね今回の個展はですねエッフェル塔だとか今度六本木ヒルズでやるようななんだろうこれが俺たちの作品だって言ったんですね本当にメイキングに興味がある方が凝って作ってるんやなーみたいな感じで見て回る言ってしまえばですね真面目のものではあるのでパネル化した政策資料が並んでる感じのレイアウトもいいんですけれども手間をかけずにサクッと作っちゃうのはやっぱ違うなと思ったんですね。

イメージで言うと地元の公民館のロビーの壁とかにそのその地域の行政の活動報告パネルが展示されているあれ見るとかな活動内容自体は素晴らしいのに愛を感じで展示してしまうと何かこう急に説明くさく説教臭くなるじゃないです あれがちょっと苦手なんですね。

なので丁寧に地味なものを作るっていうのが重要だと思っていて。

今回はすみませんここはこうしてください。

ここなこんな感じでお願いしますね。

映画制作の合間を縫っても本当に事細かく指示を出させていただきました。

でもってですねもともとはですね本当にイメージボードだとかキャラクターの設定資料だけを展示する古典だったんですけどもそういったものが出来上がるまでにどんな背景があったのかを伝えたくてその語り部が僕しかいないので実はここにはこういうことがありましたみたいな解説文を書かせていただきました。

会場にある文章はですね全て僕が書いたものですね今回の個展の内容が内容なだけにですね期待するポイントを履き違えて来られると期待を裏切ることになっちゃうので改めて申し上げますが今回の個展はあくまでメイキングな 音映画えんとつ町のプペルのオープニングで待っトロッコ楽を爆走するアクションシーンがあってですねその部分の映像も流しているんですけどもまだまだ公になる前の CD データなんですねキャラクターにもなんの表情もついてないし街の建物は凹凸も色もなくもうお豆腐みたいなんだ個並んでるだけなんですね。

先日です YouTube の方にオープニングのタンポン感をアップさせていただきましたがそれに比べてここからいう風になるんだと思って頂けると嬉しいですね。

完成品を展示することを目的とした個展ではないので豆腐みたいな建物が並んでる映像を見てえ豆腐じゃんってがっかりしてしまう人を楽しませる自信はいつもないです。

なので出来上がったものを見たいからですね別の古典か何よりですね映画を見に来ていただけると嬉しいですでここが 今日のメッセージになると思うけど。

これすべてのサービスに通ずる話だと思うんですけども集客ってこういったことも非常に大事だと思っていて。

何でもかんでもお客さんを呼べばいいというわけではなくて。

こってりが自慢のラーメン屋さんがヘルシー志向のお客さんを呼んでしまうと不満を生んでしまうわけで。

やっぱり4じゃ行けない人は読んでいけないんですね。

今回の個展で言うとぜひ遊びにいらしてくださいっていうアナウンスと同じぐらいのボリュームで完成品にしか興味がない方はお控えくださいっていうアナウンスもして行かなくちゃいけないと思っていて。

そこを答えると僕の信用度が落ちちゃう。

で今回は集客できても集客力が落ちちゃう。

やっぱりねこれ30年40年続ける仕事なんで集客力が落ちるはあってはならないんですね。

そんなこんなで今日はですねメイキング裏側とかがお好きな人には超絶おすすめの個展ですが、そうではない人には退屈なことになると思うので ラジオお控えくださいっていうお話をさせていただきました。

えんとつの町のプペルができるまで電話ですね大阪名古屋が本日スタートそして札幌は明日スタートですね全国の HMV MUSEUM で入場料は500円未就学児は無料となっております。

詳しくは公式ホームページでご確認ください。

というわけで今日は雨呼んじゃいけないお客さんは4じゃ行けないよっていうお話をさせていただきました。

オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所では見知ら黄色が現在手掛けている最新のエンタメビジネスに関する記事を毎日2000文字から3000文字投稿しております興味がある方はぜひ覗いてみてください映画えんとつ町のプペルまであと6日よろしくお願いします。

それでは素敵な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でした。

じゃあまたね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる