笑われても殴られても捨てられなかった夢がある【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

届くといいな

本題に入る前に近況報告をさせてください。

今日で最後のお知らせとなりますが、クラウドファンディング「SILKHAT」内で募集させていただいております『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』の受講者数が【1万4200名】を突破しました。
本当にありがとうございます。

そして、募集締め切りまで、【あと11時間】です。

こちらのクラウドファンディングは、かなり珍しいケースでして、リターンを「講演会に参加できる権」の一個しか用意しなかったのですが、実は実は僕がこれまでに仕掛けたクラウドファンディングの中で最高支援額を叩いておりまして、「締め切りまで残り11時間」の時点で、支援者数が1万4205名、支援総額が7528万1200円となっております。

僕も長いことクラウドファンディングをやっておりますが、今回の企画内容とその結果については、かなり「語りシロ」「分析シロ」があると思うので、どこかで改めてお話ししたいと思います。

集まったお金はサイトの手数料等を抜いた全額を映画のチケットプレゼントに充てさせていただきます。

今の時代の人の巻き込み方やモノの届け方について、一歩踏み込んだお話をさせていただきます『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』に興味がある方は、クラウドファンディング「SILKHAT」内のプロジェクトページから是非、ご参加ください。

募集締め切りまで、【あと11時間】です。

(講演会のご参加はコチラから→https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2158
#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 「キンコン西野マーケティング講座【上級編】」を開催したい。│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
経営者&クリエイター必見! 天才マーケッター・キングコング西野亮廣が、世間一般のレベルを無視して、手加減抜きで「現代マーケティング」について語る会を開催。
リンク
silkhat.yoshimoto.co.jp

そして、二つ目です。

映画『えんとつ町のプペル』の公開まで、あと1週間と迫り、もしかすると、すでに試写会での評判をお聞きの方もいらっしゃるかもしれません。

試写会にはいろんなパターンがありまして、「初号試写」と呼ばれる完全関係者向けのものや、メディア向けの試写会や、先日行われた「完成披露試写会」という一般の方も観られる試写会や、他にも、「どの作品を観るか分からない状況で集められた方」が観られる試写会だとか…いくつかあるのですが、その全てで、メチャクチャ評判がいいんです。

ここに関しては1ミリも話を持っていなくて、モニター調査みたいなものをおこなっていて、満足度でいうと、過去に類を見ない数字が出たんです。

ちなみに、タレントの乙武さんも試写会を観に来てくださって、昨日、YouTubeに動画をアップしてくださいました。

とにかく、メチャクチャ評判がいいです。

そんな中、昨日、『映画 えんとつ町のプペル』の公式ツイッターでお知らせが出まして、そこには…

・初日最速上映舞台挨拶
・初日舞台挨拶
・初日舞台挨拶全国中継

…という文字が並んでいました。

「詳細は12月18日(今日!)18時頃にお知らせ予定です」とありますので、『映画えんとつ町のプペル』の公式ツイッターを要チェックです。

今日の夕方18時頃に「初日最速上映舞台挨拶」「初日舞台挨拶」「初日舞台挨拶全国中継」についての発表があります。

お楽しみに。

そんなこんなで、本題です。

本日、僕史上初となるエッセイ『ゴミ人間 ~日本中から笑われた夢がある~』ともう一冊、『別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣』が二冊同時発売されます。

正直に白状しますが、このタイミングでの新刊発売は、お気づきのとおり、映画公開に合わせていっています。

実は最近、テレビにもたくさん出させてもらっていて、なんか売れっ子タレント感を出していますが、ここまで派手に前に出るのは、映画公開までです。

もともと表に出るお仕事はそんなに得意じゃないので、映画公開が落ち着けば大人しく日陰に帰ります。

ただ、今、こうして注目していただいている間に伝えなきゃいけないメッセージはあるなぁと思っていて、中でも、挑戦することを選んで、結果、日本中から笑われて、叩かれた日々のこと、その時の想いは、今現在、同じような目に遭っている人達に届けなきゃいけないなぁと勝手に思っています。

最近、よく言われるんです。

「そういえば、私も、昔、西野さんのことが嫌いだったんだけど、今考えると、何で嫌いだったか分かりません」とか、「当時、皆と一緒になって西野さんを叩いていたけど、叩いていた理由を忘れました」とか。

もちろん、これらは好意的な意見というか「今は応援していますよ」という声なのですが、これって、結構残酷だなぁと思うんですね。つまるところ集団心理じゃないですか。

内容を理解した上で叩いたわけじゃなくて、「皆が叩いているから叩こう」という。

そこに明確な理由がないから、今となってはもう、何で叩いたか覚えてないんです。

本音を言うと、やりきれない気持ちはありますよ。

今年、コロナで追い込まれた人達が、皆、クラウドファンディングをやって、そこで助け合いが生まれました。

「でも、ちょっと待ってくれ」と。「あんた達、全員、今から8〜9年前にクラウドファンディングという選択肢を提案した西野に対して、『詐欺師』だの『銭ゲバ』だの、言ってたじゃないか。西野は勿論のこと、西野と一緒に行動している友達やスタッフにもたくさん石を投げてたじゃないか」という気持ちはあります。

そこが消えることはたぶん無いんです。

ただ、その一方で、話を聞いてもらえるようになるまで、すごく時間がかかったけども、クラウドファンディングを選択肢として根付かせることが目的ではあったので、「これで良かったんだ」という気持ちもある。

ここは結構、複雑です。

挑戦というのはその連続で、まず、皆、叩くんです。

しかも叩いている側の人達は、相手に致命傷を与えているのは「傷の深さ」だと勘違いしている。
だから、自分が投げた小石はカウントしていない。

ただ、叩かれている側が、傷ついたり、時には人生を終わらせようと思ったりするのは、「傷の深さ」なんかじゃなくて、「量」なんですね。
「なんか気持ち悪い」という軽い一言でも、それが1万件届けば、自分はもうこの世界に必要とされていないんじゃないかと思ってしまう。

だけれど、いつだって時代を作っているのは、皆に選択肢を与えているのは、そうやって心無い言葉を浴びせられた側の人間で、僕はその痛みをすごくすごく知っているので、「それ、僕も経験したよ」と伝えることで、少しだけ寄り添えるかなぁと思って、『ゴミ人間』というエッセイを書きました。

『別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣』の方は、そんな僕を間近で見て、ずっと支えてくれた友人やスタッフにもスポットが当たっていて、この二冊とも、今挑戦している人に読んでもらいたいです。

『ゴミ人間 ~日本中から笑われた夢がある~』と『別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣』は、本日発売です。
お近くの書店で。

西野亮廣(キングコング)
————————————————

実はですねさっき録音して配信したんですけどもちょっと音声トラブルがあったみたいで再録という形になっているんですけどもえーと改めてお話ししたいと思いますさっきのデータは消させていただきました

こんなに入る前に近況報告をさせて頂きます

今日でですね最後のお知らせになりますがクラウドファンディングシルクハット内で募集させて頂いております西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編の受講者数が13500名を突破しました

本当にありがとうございます

募集締め切り ではですねあと数時間ですね

こちらのクラウドファンディングはかなり珍しいケースになっておりましてギターのですね講演会に参加できるけど一個しか用意しなかったんですけれども実は実はですね僕がこれまでに仕掛けたクラウドファンディングの中で最高進学を叩いておりまして締め切りまで残り10時間の時点で支援者数が13557名そして支援総額が7130万900円となっております

まあね僕も長いことをクラウドファンディングやっておりますが今回の企画内容とそしてその結果についてはかなりこう語りしろ分析しろがあると思うんでどこかでね改めてお話ししたいと思います

今回集まったお金はですねサイトの手数料とを抜いた金額全額をですね映画のチケットプレゼントに充てさせて頂きたいと思います

今の時代の 人の巻き込み肩や物の届け方について一歩踏み込んだお話をさせていただきます

西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編に興味がある方はクラウドファンディングシルクハット内のプロジェクトページからぜひぜひご参加ください

募集締め切りまであと数時間です

そして二つ目です映画えんとつ町のプペルの公開まであと1週間と迫りましたもしかするとですねすでに試写会でのですね評判をお聞きの方もいらっしゃるかもしれないんですけれども明らかにいろんなパターンがございまして消防士者と呼ばれる完全関係者向けのものやメディア向けの試写会や先日行われた完成披露試写会という一般の方も見られる試写会や他にもですねどの作品を見るかわからない状況で集められたかったら見られる試写会だとかをいくつかあるんですけれどもその全てですねめちゃくちゃ 評判がいいんですねここに関しては1ミリも話を持っていなくてあのモニター調査みたいなものを行っていて満足度で言うとですね過去にいるんよ見ない数字が出たそうですちなみにですねタレントの乙武さんも試写会を見に来て下さっていて昨日 YouTube 音だけさの公式 YouTube チャンネルの方に動画をアップして下さいましたぜひですね乙武さんの YouTube チャンネルの方もご覧頂きたいんですけどもとにかくめちゃくちゃめちゃくちゃ広場がいいとそんな中ですね昨日映画えんとつ町のプペルの公式 Twitter でお知らせが出ました12月の18日本日ですねの朝10時53分から abcテレビさんの方で徹底解説映画えんとつ町のプペルの魅力に迫るというですね30分特番が放送されます公式 Twitter にはですね他の地域の放送情報は追ってお知らせしますとあるので まおいおいね ABC さん以外の地域でも放送されるんだと思います映画えんとつ町のプペルだけのですね30分番組ですねすごいですねこれはこちらですねぜひご覧いただきたいっていうのとですねそして公式ツイッターの方でもう一軒ですね初日最速上映舞台挨拶っていうのと初日舞台挨拶っていうのと初日舞台挨拶全国中継という言葉が文字が並んでいました詳細はですね12月の18日今日のですね18時頃にお知らせ予定ですとありますので映画えんとつ町のプペルの公式ツイッターを要チェックです今日の夕方18時頃に初日最速上映舞台挨拶初日舞台挨拶初日舞台挨拶全国中継についての発表がございますお楽しみにそんなこんなで本題でございます本日ですね本日睦史上初となるエッセイゴミ人間日本中から笑われたい夢があるともう一冊ですねめちゃ 総力特集西野亮廣が2冊同時発売されます正直に白状しますがこのタイミングでの新刊発売はもうお気づきのとおり映画公開に合わせていますね実はね最近テレビにもですねたくさんたくさん出させてもらっていてなんかねあの売れっ子タレントみたいな僕ごときがですね売れっ子タレントみたいなそんな感じを出していますがまあここまでね派手に表に出るのは映画公開までです元々ね僕は表に出るお仕事はそんなに得意じゃないので映画公開が落ち着けばおとなしく日陰に帰りますあのアトリエに籠って次回作の製作に集中しますただねただ今こうして注目していただいている間に伝えなきゃいけないメッセージはあるなと思っていて中でもですね挑戦することを選んでそしてその結果日本中から笑われて叩かれた日々の事その時の思いはですね今現在同じようなメニュー あっている人たちに届けなきゃいけないなと勝手に思っていますでね最近よく言われるんですそういえば私も昔西野さんのことが だけど今考えると何で嫌いだったかわかりませんとか当時みんなと一緒になって西野さんを叩いてたけど叩いてた理由をもう忘れましたとかまもちろんですねこれは我らはですね好意的な意見と言うか今は応援していますよっていうこう前向きな声なんですけれどもこれで結構残酷だなあと思うんですねつまるところ集団心理じゃないですか内容を理解した上で叩いたわけではなくてみんなが叩いてるから戦って言うそこにね明確な理由がないから今となってはもう何で叩いてたかとか皆覚えてないんですねこれがして本音を言うとですねまあやりきれない気持ちはありますよ今年ねコロナで追い込まれた人たちがみんなクラウドファンにも行ってそこで助け合えが生まれたじゃないですかでもちょっと待ってくるとあんたたち全員今から8年から9年前にクラウドファンディングっていう選択肢を提案した 西野に対して詐欺師だの銭ゲバの宗教だの言ってたじゃないかな西野はもちろんのことにしのと一緒に行動している人たちや友達スタッフにもですねたくさん石を投げてたじゃないかっていう気持ちはありますそこが消えることは多分ないんですただその一方でね話を聞いてもらえるようになるまではすごく時間がかかったけれどもクラウドファンディングを選択肢として根付かせることが当初の目的であったのでこれはこれで良かったんだなっていう気持ちもありますここは結構複雑ですただ一つ何か論破したりだとかあのマウント取ったりとかそういうようなことだけはしないでおこうと決めてますでね朝鮮っていうのはその連続でまずみんな叩くんですよしかも叩いている側の人たちは相手に致命傷を与えているのは傷の深さだと感じがしているだから自分が 投げたこの小石はですね投げたこととしてももはやカウントしてないんですねただ叩かれている皮が傷ついたり時にはですね人生を終わらせようと思ったりするのはですね傷の深さなんかじゃなくてりょうなんですねそして深さとかじゃない作業なんですよなんか気持ち悪いっていうそういうて軽い一言でもそれが1万件届けば自分はもうこの世界に引き落とされてないんじゃないかなって思っちゃうんですねだけれどもだけれどもいつだって時代を作ってるのは皆に選択肢を与えているのはそうやって心ない言葉を浴びせられてそれでもあきらめなかった側の人間で僕はねその痛みをすごくすごく知っているのでそれ僕も経験したよって伝えることで少しだけねそいた挑戦している方に寄り添えるかなと思ってゴミ人間というえおかきましたね別冊カドカワ総力特集 西野亮廣の方はですねそんな僕を間近で見てずっと支えてくれた友人やスタッフにもスポットが当たっていてまこの二冊とも今挑戦している人に読んでもらいたいです。

ゴミ人間日本中から笑われた夢があると別冊カドカワ総力特集西野亮廣は本日発売です。

そして発売を記念したイベントが今日の夕方18時からございます。

僕のですね公式 YouTube チャンネルの方でライブ配信するのでこちらも要チェックでございます。

オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所では西野亮廣が現在手掛けている最新のエンタメビジネスに関する記事を毎日2000文字から3000文字東方しております。

興味がある方はぜひ覗いてみてください。

それでは素敵な1日をお過ごしください。

キングコングの西野亮廣でした。

じゃあまたね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる