映画『えんとつ町のプペル』の冒頭シーンをノーカットで公開!【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

これが僕たちの仕事です。

本題に入る前に近況報告を二つほど。
一つ目は、クラウドファンディング「SILKHAT」内で募集させていただいております『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座 【上級編】 ~』の受講者数が1万1400名を突破しました。本当にありがとうございます。

こちらの公演は「今の時代の人の巻き込み方や、モノの届け方」について深掘りする内容となっているのですが、ナンジャカンジャで、募集締め切りまで【あと2日】と迫りました。

二度とやらないことはありませんが、オンライン講演はそうそうやることもございませんので、この機会に是非、ご参加ください。

『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座 【上級編】 ~』に興味がある方は是非、クラウドファンディング「SILKHAT」のプロジェクトページから検索してみてください。

(※こちら→)https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2158
#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 「キンコン西野マーケティング講座【上級編】」を開催したい。│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
経営者&クリエイター必見! 天才マーケッター・キングコング西野亮廣が、世間一般のレベルを無視して、手加減抜きで「現代マーケティング」について語る会を開催。
リンク
silkhat.yoshimoto.co.jp

そして二つ目です。

これは、もう、本当は、この話で1オンエア分を割きたいぐらいなのですが…いや、やっぱり、明日この話をあらためてさせてもらいます。とりあえず今日はお知らせだけしときますね。

本日、ロザリーナが歌う映画『えんとつ町のプペル』のエンディング主題歌の配信を開始しました。

こちらは、12月23日に発売されるロザリーナの最新ミニアルバム「ロザリーナⅡ」にも収録されているのですが、先行配信という形で、この曲だけ本日配信されました。

編曲から何からギリギリまで追い込んだ一曲で、とにかくもうメチャクチャ最高なので、絶対に聴いてください。

AppleMusicやLINE MUSIC…他、いろんなところからダウンロードできます。

(※こちら→)https://lozareena.lnk.to/2YfGgFTA
ロザリーナ – 「えんとつ町のプペル」
Listen to content by ロザリーナ.
リンク
lozareena.lnk.to

もう、本当にメチャクチャ最高なので、是非、ダウンロードしてください。
この曲に関しては語りたいことが山ほどあるので、明日、あらためて時間を割いてお話しさせていただきます。

そんなこんなで、今日の本題です。

タイトルにありますとおり、本日(たった今!)、西野亮廣公式YouTubeチャンネルの方で映画『えんとつ町のプペル』の冒頭シーンをノーカットで公開させていただきました。

冒頭シーンというのは、映画が始まって『えんとつ町のプペル』というタイトルが出るまでの約3分間なんですけども、キングコング西野のことを昔から追いかけてくださって方の中には、「冒頭の3分をYouTubeでノーカットで公開するのって、そんなに大変なことなの?」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、僕一人で作る作品であれば何も大変じゃないですよ。

むしろ、キングコング西野は他の誰よりも「中身を惜しみなく公開する男」です。

ただ、映画となると話は別で、いろんな権利があったり、それより何より、いろんなクリエイターさんの理念があるんです。

基本、映画屋さんは「映画館で観て欲しい」「映画館以外では、なるべく観せたくない」という考えの人がほとんどです。

気持ちは死ぬほど分かります。

当たり前の話ですが、映画は「映画館で観られる用」に作られているんです。

音の出どころとかイチイチ計算されていて、地響きが起きるシーンでは、足元の方から音が聴こえるように設計されているんですね。テレビやスマホやパソコンだと、それが再現できないんです。

先日、東京国際フォーラムで完成披露試写会がありまして、可能な限り、音の調整を頑張っていただきましたが、それでも、映画館で聴く音とは全く別物なんです。

それこそ、『えんとつ町のプペル』は、「えんとつ町」という全く別の世界に没入していただかなきゃいけないので、「映画館で観る映画」なんですね。

だから、クリエイターさんとしては、スマホの画面で観られた時に、「こんなもんじゃないから!勘違いしないで!」という気持ちがあって、映画館以外では、あんまり出したがらない方が多いんです。

テレビやパソコンやスマホで観る映画と、映画館で観る映画は、もう全く別の作品と言っても過言ではない。

僕だって、テレビやパソコンやスマホで観られたものを、『映画 えんとつ町のプペル』としてカウントして欲しくない気持ちはあります。

ただ、その気持ちを踏まえた上で、それでも僕は出していった方がいいと思っていて、その理由が二つ。

一つ目は、『映画 えんとつ町のプペル』のことなんて、世間的には、まだ誰も知らないし、まだ何の信用も勝ち得ていないということ。

僕のラジオをお聴きの方や、ネットに明るい方だと、『映画 えんとつ町のプペル』のことは耳にしたことがあるかもしれませんが、世間的には、まだまだ「何、その作品?」なんですね。

知名度でいうと、同日公開の『ポケモン』の100分の1にも満たないぐらい。
絵本で記録的なヒットを飛ばしたといっても「60万部」です。

普通、映画化される漫画の相場はウン千万部、『鬼滅の刃』で1億部、『名探偵コナン』で2億部、『ONE PIECE』で4億部です。

今回は、そこと同じ商品棚に並べられるんですね。

僕らがいかに無名で、いかに信用を勝ち得ていないかをご理解いただけると思います。

ただ、上にあげた数字と、映像作品のクオリティーはまた別の話じゃないですか?

僕は映画の『鬼滅の刃』も『名探偵コナン』も『ONE PIECE』も全部好きで観させてもらっていますが、スタッフの皆様や応援してくださっているファンの皆様と一緒に作った『映画 えんとつ町のプペル』も、そこに対してキチンと胸が張れるクオリティーになっているので、そこは出していっていいのかなぁと思いました。

3分もいただければ十分で、僕らがキチンと本物を作ったことは伝わると思います。

「この作品は映画館で観たい」と思っていただけると思います。

あと、冒頭シーンをノーカットで公開するもう一つの理由は、僕には、この作品をどうしても届けたい人がいるんです。

世の中には、重い病気を抱えていて、病院から出られない子達がいて、時々、そういった病院内で開催させていただく個展で彼らや彼らのご両親とお話しさせていただくのですが、プペルを映画化する話をさせてもらった時に、ものすごい勢いで「観たい!」と言っていただけたんですね。

もちろん、どうにか手を打って、必ず彼らにも映画の全編をお届けしますが、その前にまずね、「こんな感じのができたよ」という報告だけでもしたい。
YouTubeにアップすれば、いつでも観れるので。

ここを突破したかったので、何度も何度も話し合って、他で結果を出して信頼を勝ち得て、ご理解もいただいて、どうにかこうにか、西野亮廣エンタメ研究所公式YouTubeチャンネルの方で、映画『えんとつ町のプペル』の冒頭シーン(180秒)をノーカットで公開させていただく運びとなりました。

冒頭シーンのノーカット公開の実現に向けてメチャクチャ頑張ったので、僕からのワガママも一つだけ聞いていただきたいのですが、このあと、YouTubeで『映画 えんとつ町のプペル』のオープニングシーンをご覧になられた方は、YouTubeのリンクを貼って、「♯えんとつ町のプペル」を付けて、ツイッターで感想を呟いていただけないでしょうか?

一人でも多くの方に届くと嬉しいし、何より、感想をいただけるのが嬉しいです。
その感想は、僕だけじゃなくて、『映画 えんとつ町のプペル』のクリエイターさん達全員がコッソリと見るので。

やっぱり、「作品を受けとってもらえた」と思えることが、クリエイターにとっては1番の励みになるんです。
なので、YouTubeのリンクを貼って、「♯えんとつ町のプペル」を付けて、ツイッターで感想を呟いてください。

このあと、僕はツイッターで検索しまくって、素敵なツイートをリツイートさせていただきます(^o^)/

というわけで、チーム一丸となって丁寧に作りました。
12月25日に公開となります『映画 えんとつ町のプペル』のオープニングシーンをご覧ください。
それでは、どうぞ!!!

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

近況報告を二つほどさせてください一つ目はですねクラウドファンディングシルクハットないで募集させて頂いております西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編の受講者数が11400名を突破しました本当にありがとうございますこちらの公演はですね今の時代の人の巻き込み方や物の届け方について深掘りする内容となっているのですがまなんじゃかんじゃで募集締切まであと二日と迫りました二度とねやらないっていうことはありませんが オンラインを演じたようですねまあそうそうやることもこの先ないと思うのであまりないということでこの機会にぜひご参加ください西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編に興味がある方はぜひクラウドファンディングシルクハットのプロジェクトページから検索してみてくださいそして二つ目ですこれはもうほんとはねこの話で一応親分を割きたいぐらいなんですけどもいや違うなやっぱりやば明日この反射改めてさせてもらいますとりあえず今日はお知らせだけしときますねあの本日本日ねアーティストのロザリーナが歌う映画えんとつ町のプペルのエンディング主題歌の配信を開始しましたこちらはですね12月の23日に発売されるロザリーナの最新ミニアルバムロザリーナ II にも収録されているのですが何て言うんだろう法によって先行配信ですかね先行配信というか 質でこの曲だけ本日配信されましたもう寝編曲から何言ったらギリギリまで追い込んでいくでとにかくもうめっちゃくちゃ最高なんで絶対に来てください Apple Music とかないミュージックだかその方がいろんなところからダウンロードできますもう本当にめちゃくちゃ最高なんで是非ダウンロードしてみてくださいこの曲に関してはちょっと語りたいことが山ほどあるので明日改めてね時間を割いてお話しさせていただきたいと思います今日はもう喋りたいことが他にあるのでこの話はまた明日に持ち越したいと思いますそんなこんなで今日の本題でございます本来タイトルにあります通りですね本日っていうかたった今西野亮廣公式 YouTube チャンネルの方で映画えんとつ町のプペルの冒頭シーンオープニングシーンをノーカットで公開させていただきました ボート神というのはですね映画が始まって煙突まきのプペルっていうタイトルが出るまでの約3分間なんですけれども3分かもないから2分40秒ぐらいかななんですけれどもキングコングのことをねまキングコング西野のことですね昔から追いかけてくださっている方の中にはですねの冒頭の3分火を YouTube でノーカットで公開するのってそんなに大変な事なのと思われてる方もいらっしゃるかもしれませんが僕結構やるじゃないですかだだねこれってね僕一人で作る作品であれば何も大変じゃないですよ何も大変じゃないむしろキングコング西野はですね他の誰よりも中身を惜しみなく公開する男でございます8月の服の無料公開でおなじみとにかく中身をバンバン出していく男なのでまあね僕のこと昔から知ってくださって 今更なんでそんなの冒頭の3分顔を公開することをその凝縮発表って思われるかもしれませんがあくまで僕一人で作るやつであれば何も大変じゃないですよただ映画となると話は別でそこにはですねいろんな方が絡んでいていろんな権利があったりだとかそれより何よりですねまたさんの理念があるんですね基本ですね映画屋さんはですね映画館で見てほしい映画館以外ではなるべく見せたくないっていう考えの人が多いんですね全員ではないですがそういう方が多いんですねその気持ちってねもう死ぬほど分かるんですよ 死ぬほど当たり前の話ですが映画は映画館で見られるように作られてるんですねその例えば音の出所とかいちいち計算されていてそれこそ映画えんとつの町のプペルデコ 怒るシーンがあるんですけどかかかかかかかここみたいなこの地響きが起きるシーンとかはもう足元から音が聞こえるように設計されているんですね前から聞こえてくるわけじゃないと横から聞こえてくるわけないですよ足元からちゃんと音が聞こえてくるように設計されているんですねそれがなんだろうテレビとかスマホだからパソコンだとは再現できないですよねビーカーから音がでるんでスピーカー2個しかないんでね先日ですね東京国際フォーラムですね完成披露試写会がございましてそこでもねあの可能な限り音の調整を頑張っていただきましたがそれでもねやっぱり映画館で聞く音とは全く別物なんですねスピーカーの位置とか絵と質が出て違うものなのでそれこそえんとつ町のプペルなんてのは煙突町っていう全く別の世界に没入していただかなきゃいけないので まあ要するにはあれっても映画館で観る映画なんですねだからクリエイターさんとしてはスマホの画面で見られた時になんだろうこんなもんじゃないから勘違いしないでっていう気持ちがやっぱり働いて映画館以外ではあんまり出したから無い方が多いんですね気持ちは痛いほどわかりますテレビやパソコンやスマホで見る映画と映画館で見る映画はもう全く別の作品と言っても過言ではない僕だってテレビやパソコンやスマホで見られたものを映画えんとつ町のプペルとしてカウントしてほしくないっていう気持ちはありますありますただその気持ちを踏まえた上でそれを僕は出していったほうがいいと思っていてその理由は二つですねまあ一つ目はですね映画えんとつ町のプペルのことなんて世間的にはまだまだ誰も知らないしまだまだ何の神様も勝ち得ていないということですね僕のラジオを聴きの片山ネットに明るいからだと えんとつ町のプペルの話題はですねもう1回2回ぐらい耳にしたことがあるかもしれませんが世間的にはまだまだ何その作品っていうところなんですね知名度で言うと同日公開のポケモンの1/100にも満たない絵本で音記録的なヒットを飛ばしたって言ってもね60万部ですよ普通に映画化される漫画の発行部数の相場ってだいたいなんだろう雲仙漫符とかきめつのやいばで1億部とか名探偵コナンで2億部ワンピースで4極太かですかね今回はそこと同じ商品棚に並べられるんですね僕らがいかに無名でいかに信用勝ち得ていないかっていうことも強いと数字を見るとご理解頂けると思いますただ上にあげた数字と映像作品のクオリティはまた別の話じゃないですか僕は映画鬼滅の刃も名探偵コナンもワンピースも 全部好きで見させてもらっていますがスタッフの皆様や応援してくださってるファンの皆様と一緒に作った映画えんとつ町のプペルもそこに対してきちんと胸が腫れる氷になっておりますのでそこは出して言ってたして行った方がいいのかなと思いました3分も頂ければ十分で僕らがきちんと本物を作ったってことは伝わると思いますこの作品は映画館で観たいと思って頂けると思いますあと冒頭シーンよねノーカットで公開するもう一つの理由は僕にはこの作品を通しても届けたい人いるよ中には重い病気を抱えていて病院から出られない子供たちがいてドキドキしたら病院内で開催させていただくことで彼らは彼らのご両親とお話しさせていただくのですけどもやっぱり寝袋の映画すっごい楽しみにしてくださってるんでしょもちろんですねどうにかて必ず彼らにも映画の前編をお届けしますがその前にまずねこんな感じのができたよっていう報告だけでもしたいと YouTube にアップすれば でも見れるのでここを突破したかったので何度も話し合って映画の冒頭180秒ですねノーカットで公開させていただく運びとなりました幻のですねのかと後悔の実現に向けてもめちゃくちゃ頑張ったんで僕からのわがままをもう一つ言わせてくださいこの後 YouTube でえんとつ町のプペルのオープニングシーンをご覧になられた方は YouTube のリンクを張ってハッシュタグえんとつの町のプペルをつけて Twitter で感想をつぶやいていただけないでしょうか一人でも多くの方に届くと嬉しいしなにより感想をいただけるのが嬉しいですその感想僕だけじゃなくて映画を作ったクリエイターさん達全員がこっそりと見るんでやっぱりね作品を受け取ってもらえたと思えることがクリエイターにとっては一番の励みになるんですねなのでリンクを張って走るタグを付けて数えて頂けると嬉しいですだけでチーム一丸となって丁寧に作りました12月25日に公開となります映画えんとつの町のプペルのオープニングシーンをご覧ください どうぞ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる