『映画 えんとつ町のプペル』完成披露試写会、いよいよ【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

やっと完成したよ。

本題に入る前に近況報告を二つさせてください。
一つ目は毎度同じみとなっておりますクラウドファンディング「SILKHAT」内で募集させていただいております『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』の受講者数が、なんと【1万人】を突破しました。

本当にありがとうございます。

こちらの講演会の参加料は5300円となっておりまして、昨日、「てことは、一時間半の公演で5300万円も稼ぐんですか?」と言われたのですが(笑)…そうじゃなくて、このへんがキチンと伝わりきっていないようなので、あらためて申し上げますが、今回の講演会の売り上げはサイトの手数料等の必要経費を抜いた全額を映画『えんとつ町のプペル』のチケットプレゼント代に充てておりまして、でもって、プレゼント相手が「講演会参加者」となっているんです。

講演会参加者には、特典として、映画『えんとつ町のプペル』の前売りチケットが3枚付いてくることになっておりまして、要するに、講演料は「ほぼ無料」です(笑)。

1時間半で5300万円売り上げますが、僕の懐に5300万円が入るわけではありません。
僕は1円も受けとりません。要らないです。

そんなことよりも、スタッフの皆と作った映画『えんとつ町のプペル』を一人でも多くの方に観てもらいたいです。

そんな建て付けになっております『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』に興味がある方は、クラウドファンディング「SILKHAT」内のプロジェクトページから、是非、ご参加ください。

(※講演会の参加はコチラから→https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2158
#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 「キンコン西野マーケティング講座【上級編】」を開催したい。│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
経営者&クリエイター必見! 天才マーケッター・キングコング西野亮廣が、世間一般のレベルを無視して、手加減抜きで「現代マーケティング」について語る会を開催。
リンク
silkhat.yoshimoto.co.jp

)

そして、二つ目です。

12月18日に本が二冊出るんです。

『ゴミ人間 ~日本中から笑われた夢がある~』というエッセイと、『別冊カドカワ 【総力特集】西野亮廣』の二冊です。

で、この『別冊カドカワ 【総力特集】西野亮廣』の方ですが、僕の4万字のインタビューと、僕の3000文字〜4000文字のコラムが2本入っている他に、映画『えんとつ町のプペル』の制作の裏側に密着していたり、その他にも、いろいろな企画があるのですが、その中で、「西野亮廣を知る人が語る西野亮廣」のコーナーがありまして、これが、メチャクチャ面白いんです。

僕の本当に近くにいる人達が、「西野亮廣って、裏では、こういうやつだよ」という話をしているのですが、そこには、
相方の梶原君もいたり、
僕が一年目の時からお世話になっているロザンの菅さんもいたり、
蜷川美花さんもいたり、
SHOWROOMの前田さんもいたり、
あとは、
映画『えんとつ町のプペル』の廣田監督や、
元々ピクサーでアートディレクターを務められていて、『ダム・キーパー』でアカデミー賞にもノミネートされた堤大介さん、
映画『えんとつ町のプペル』の宣伝を指揮してくださっているキコリの木村さん、
そして、僕が仕掛けるイベント会場やアレやコレやの空間を全て手掛けてくださっている空間設計の只石さん。

彼らのインタビューがすこぶる面白くて、昨日、全部読ませていただいたのですが、本当に震えました。

たとえば、年齢は近いですが、僕の「育ての親」ってロザンの菅さんなんですね。

僕に何か不備があるとするならば、すべて菅さんが悪いんですけども(笑)、「菅さんが西野をどう育てたか?」という話とかメチャクチャ面白いんです。

つい数ヶ月前まで田舎の高校生だったやつが、菅さんと出会って、徹底的にシゴかれて今に至るわけですが……菅さんの中では「西野にはココに時間を使わせて、ココには絶対に時間を使わせない」というのが当時からあって、そういう「西野をどう育てたか?」は僕には逆立ちしても語ることができない。

この「西野亮廣を知る人が語る西野亮廣」のコーナーは、それの連続で、僕自身、「なるほど、そうだったのか!」の連続だったんです。

これ、本当に面白くて、本当に読み応えがあるので、『別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣』は必見・必読でございます。

12月18日に発売なので、是非、お近くの書店に足を運んでみてください。

amazon等でも予約は始まっております。

別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 (カドカワムック) | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでの別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 (カドカワムック)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 (カドカワムック)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
リンク
www.amazon.co.jp

そんなこんなで、今日の本題です。

タイトルにありますとおり、『映画 えんとつ町のプペル』完成披露試写会が、いよいよ本日開催されます。

少し前からマスコミ向けの試写会をコソコソさせていただいていたのですが、今日の試写会は一般の方もご招待させていただいております。

もうね……本当にっ、感慨深い!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが『えんとつ町のプペル』というプロジェクトがスタートしたのは、今から8年前なんです。

なんか思い出話になっちゃうのですが、ストーリーを書き上げた瞬間に、「これは大変なことになる」と確信して、担当編集の袖山さんに「すごいのが書けました」と興奮気味にお電話させていただいたことを覚えています。

ただ、そこからトントン拍子に進んだわけではなくて、『えんとつ町のプペル』という作品は本当に難産でして、台本をブラッシュアップすることを目的として、まず最初に舞台をおこなったんです。

NONSTYLEの石田君との二人でやった舞台で、芸人が、どファンタジーを仕掛けてくるものですから、お客さんは相当ビックリしたと思うのですが、この舞台がメチャクチャ評判だったんですね。

そこで、お客さんの反応を見て台本を書き直して、そこから映画に持って行きたかったのですが、こんな、ほぼ誰も知らない作品が映画館で観てもらえるハズがないので、映画の前に、絵本化を進めたんです。

そうして、ストーリーの一部分を切り取って、スピンオフとして出したのが絵本『えんとつ町のプペル』です。

「分業制で作る」と宣言して叩かれて、
無料公開して叩かれて、
全然スマートに進まなかったのですが、ただ、そうして挑戦を繰り返す姿勢を支持してくださる方が少しずつ少しずつ増えて、『えんとつ町のプペル』のストーリーに共感してくださる方が少しずつ少しずつ増えて、上手くいったり、ズッコケたりを繰り返しながら、気がつけば8年。

ようやく映画の公開まで漕ぎ着けました。

この8年分をギュッと詰め込んだ1時間半を、今日の夕方、まずは完成披露試写会に来られる数百名の方に観ていただくわけですが、『えんとつ町のプペル』と向き合った8年間は、ただの1秒もサボっていないので、内容に関しては自信しかありません。

一般公開はまだ先(12月25日)なのですが、映画公開前の気持ちは皆様に共有しておきたくて、今日の完成披露試写会の舞台挨拶の模様は、東宝さんの公式YouTubeチャンネルの方で、生配信させていただきます。

今日、登壇されるのは、芦田愛菜さん、宮根誠司さん、伊藤沙莉さん、オリラジの藤森君の他に、裏方代表で、廣田監督と僕です。

たぶん、僕も熱い話をさせていただくと思うのですが、映画『えんとつ町のプペル』に懸けてくださった皆様の声も是非、聞いていただきたいです。

えっと、メモってください。

生中継は本日18時20分からです。東方さんの公式YouTubeチャンネルの方で配信されます。

(コチラ→)https://youtu.be/3A2FKml6izY

あらためて、ようやく『えんとつ町のプペル』が完成しました。

これまで応援し続けてくださった方は、「なんで西野の作品なんか支持しとんねん」といった感じで言われることもあって、それなりに肩身の狭い思いをさせてしまいましたが、もう大丈夫です。

この作品をもって、その戦争を終わらせます。

期待して待っていてください。

『映画 えんとつ町のプペル』完成披露試写会、いよいよです。

西野亮廣(キングコング)

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

野茂キングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送はわたり太郎さんの提供でお送りします渡さんどうもありがとうございます本題に入る前に近況報告を復活させてください一つ目はですね毎度おなじみとなっておりますクラウドファンディングシルクハットないで募集させて頂いております西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編の受講者数が1万人を突破しました本当にありがとうございますこちらの講演会の参加料はですね5300円となっておりまして昨日ですねそういうことは1時間版の公園で5000円300万円も稼ぐんですかって言われたんですけれどもそうじゃなくてですねあのこの辺がきちんと伝わりきっていないようなので改めて申し上げますが 海の講演会のですね売上はサイトの手数料等の必要経費を抜いたですね金額を全額映画えんとつ町のプペルのチケットプレゼント代に当てておりましてでもってですねプレゼント相手が講演会参加者となってるんですねあのですね講演会参加者の方にはですね特典として映画えんとつ町のプペルの前売りチケットが3枚ついてくることになっておりましては要するに講演料ってのほぼ無料だっていうことですよね1時間で寝ると1時間で5000300万円1時間か1時間半で5300円を売り上げますが僕の懐に5300枚が入るわけではないっていうことですね僕は81円も頂きませんそんなことよりもですねスタッフのみんなと作った映画えんとつ町のプペルを一人でも多くの方に見てもらいたいのでやっぱそっちなんですね僕が君はそんなたり取り付けになっております 西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編に興味がある方はクラウドファンディングシルクハット内のプロジェクトページからぜひご参加くださいそして二つ目です12月の18日に本が2冊出るんですゴミ人間日本中から笑われた夢があるって USA と別冊カドカワ総力特集西野亮廣の2冊ですね礼子の別冊カドカワ総力特集仁科喜世の方ですが僕の4万時のインタビューと僕の3000文字から4000文字のコラムが2本入っている他にですね映画えんとつ町のプペルの制作の裏側に密着していたりその他にもいろんな企画があるんですけどもその中で西野亮廣を知る人が語る西野亮廣っていうコーナーがありましてこれがねあのめっちゃくちゃ面白いんですよ僕の本当に近くにいる人たちが西野亮廣って裏ではこういうやつだよって話をしてるんですけどもそこにはですねあい刀鍛冶 あら君もいたりだとか僕は1年目の頃からお世話になっている絵とロザンの菅さんもいたり蜷川実花さんもいたりショールームの前田さんもイタリアとは映画に戸津町のプペルの広田監督そしてもっとピクサーのですね後にディレクターを務められていてダムキーパーでアカデミー賞にもノミネートされた堤だいすけさんそして映画えんとつ町のプペルの宣伝はしてくださっているきこりの木村さんそして僕が仕掛けるイベント会場やあれやこれやの空間を全て手がけて下さっている空間設計の正しされ彼らのインタビューか面白くてちょっと読ませてもらったそうですね全部読ませていただいたんですけども本当に触れました例えばへと年齢が近いんですけれども僕の育ての親ってロザンの菅さんなんですね僕に何か不備があるとするのであればまっすぐです皆さんが悪いんですけどもあのですね 育てたかっていう話とかもうめっちゃくちゃ面白いですよつい数ヶ月前まで田舎の高校生だったやつがますがさんと出会って待ってて今に至るわけですがその中ではニシンのにはここに時間を使わせてここには絶対に時間を使わせないというのがあってそういったその西野育てたかったあの僕には逆立ちしても語ることはできないですねこの西野亮廣を知る人が語る西滝川も連続で僕自身なるほどそうだったのかの連続だったんですね本当に面白くて本当に読み応えがあるんで戦わ総力特集西野亮廣は必見必読でございます12月の18日に発売なので是非お近くの書店に足を運んでみてください Amazon でも予約は始まっております こんなで今日の本題ですタイトルにありますとおり映画えんとつ町のプペル完成披露試写会がいよいよ本日開催されます少し前からねマスコミ向けの試写会をコソコソさせて頂いていたんですけども今日の試写会は一般の方もご招待させて頂いておりますまここからおしゃべりのキレがですね私の担任悪くなっちゃいますがもうね本当に感慨深いあのご存知の方もいらっしゃると思いますがえんとつ町のプペルっていう音プロジェクトがスタートしたのは今から8年前なんですねなんかの思い出話になっちゃうんですけどもねストーリーを書き上げた瞬間にもこれは大変なことになるっていうことを確信して何と編集のそではまさんにもすごいのが書けましたって興奮気味にお電話させて ていただいたことを覚えておりますただそこからねあのとんとん拍子に進んだわけじゃなくてえんとつ町のプペルっていう作品は本当に難産でもうここにいるよ見ないぐらいだ南山でしてあのまだまだですね台本ブラッシュアップすることを目的として最初にねあの舞台を行ったんですよ NON STYLE の石田君との二人でやった舞台で芸人がナイトファンタジーを仕掛けてくるものですからお客さんは相当びっくりしたと思うんですけれどもこの物体がもうめっちゃくちゃ評判だったんですねそこでお客さんの反応を見て台本を書き直してそこから映画に持って行きたかったんですけどもこんなほぼ誰も知らない作品が映画館で見てもらえるはずがないので映画の前に絵本化を進めたんですねそしてストーリーの一部分を切り取ってスピンオフとして出したのは絵本えんとつ町のプペルですね 分業制で作るって宣言して叩かれて無料公開して叩かれてなんかね全然進まなかったんですけどもただそうして挑戦を繰り返す姿勢を支持してくださる方が少しずつ少しずつ増えてしゃべるのストーリーに共感してくださる方がもう少しずつ少しずつ増えて上手く行ったり来たりを繰り返しながら日本国外も色んな所は話せたりしながらですね気がつけば8年ようやく映画の公開までこぎつけましたこの8年文をネット詰め込んだ一時間半落ちない今日の夕方まずは完成披露試写会に来られる数百名の方に見ていただくわけですがえんとつ町のプペルと向き合った8年間はただの一秒もサボってないんで内容に関しては自信しかないですもちろん一般公開はまだ先12月の25日なんですけどもえーと映画交換 前のね気持ちはね皆さんに共有しておきたくて今日の完成披露試写会の舞台挨拶の模様は東方の公式 YouTube チャンネルの方で生配信させて頂きます生配信です今日の舞台挨拶は生配信させて頂きます相談されるのですね芦田愛菜さん宮根誠司さん伊藤さゆりさんオリラジの藤森君の他に裏方代表デート広田監督と僕ですね多分僕も熱い話をさせていただくと思うんですけども映画に立つ町のプペルにかけてくださった皆さんの声もぜひ聴いていただきたいですメモって下さい生中継は本日18時20分からですとホウ酸の公式 YouTube チャンネルの方で配信されます一応リンク貼っておきますね改めて予約えんとつ町のプペルが完成しましたこれまで応援し続けて下さった方はで何で西野の作品流し師褥といった感じで 言われることもあってますそれなりに肩身の狭い思いをさせてしまいましたがもう大丈夫ですこの作品を持ってその戦争を終わらせます期待して待っていてください映画えんとつ町のプペル完成披露試写会いいようです今夜と言い方なのかな今夜18時20分から生中継させていただきますようチェックですっていうか絶対に見てくださいというわけで今日ですね映画えんとつ町のプペル完成披露試写会というテーマでお話しさせていただきましたオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所では西野亮廣があってかけている最新のエンタメビジネスに関する記事を毎日です2000文字から3000文字投稿しておりますので興味がある方はぜひのぞいてみて下さい今は映画えんとつ町のプペルまっしぐらでございますそしてこの後のメンバーと私へとジョギング朝のジョギングして参りますのでよろしくお願いしますそれでくださいキングコングの西野亮廣でした じゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる