自分に時間を使う人、他人に時間を使う人【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

絶対に観て欲しい動画があります

本題に入る前に、近況報告からさせてください。

2つあります。

まずは、毎度お馴染みとなっております、クラウドファンディング「SILKHAT」内で募集させていただいております『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』の受講者数が8800名を突破しました。本当にありがとうございます。

こうして毎日毎日告知させてもらっているわけですが、「よくモチベーションが続きますね」とか言われるんです。

「どんなモチベーションでやってるんですか?」とも。

その返事をさせていただくと、これまでも何度も申し上げておりますが、この『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』には、特典として、映画『えんとつ町のプペル』の前売り券が3枚付いてくるんですね。

「前売り券が3枚付いてくる」というか、こちらの講演会の参加料金は、「ほぼ前売り券3枚分の値段」だったりします。

で、毎日100名ペースで受講者が増えていくんですね。
映画のチケットでいうと、毎日300枚ずつハケていっている感じです。
そこで、想像するんです。 「300人キャパの映画館」を。

「僕は、毎日300人キャパの映画館をコンスタントに完売させている」と考えた瞬間に、「結構、頑張ってるなぁ」と思えるんですね。ちょっと前向きになれる(笑)

映画に限らず、集客が絡んでくるものって、どこかで臨界点を迎えるわけじゃないですか?

人は、「人が集まっているところ」に集まることは皆さんも経験されていると思うのですが、御多分に漏れず、映画にもそれはある。

臨界点がどこなのかは分かりませんが、こうしてコツコツと前売り券を売り続けて、臨界点に向かっていることは分かっている。

もしかすると、臨界点は、まるで届かない位置にあるのかもしれませんが、こうして前に進んでいることが確認できるだけで、救われるんですね。

アレもコレも「蓋を開けてみないと分からない」という状況の中、頼れるものって「前に進んでいる」ということぐらいしかないんですよ。

モチベーションというよりも、「不安な時に占い師に頼る」みたいなノリです。
本当に解決するかどうか分からないけど、占い師に「大丈夫」と言われたら、ちょっと安心して、歩けるじゃないですか?

あの感じです。

そんなこんなで告知させてもらっております『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』に興味がある方は、クラウドファンディング「SILKHAT」のプロジェクトページから、ご参加ください。

(こちら→)https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2158
#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 「キンコン西野マーケティング講座【上級編】」を開催したい。│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
経営者&クリエイター必見! 天才マーケッター・キングコング西野亮廣が、世間一般のレベルを無視して、手加減抜きで「現代マーケティング」について語る会を開催。
リンク
silkhat.yoshimoto.co.jp

そして、近況報告の2つ目です。

映画『えんとつ町のプペル』の公開を記念して、ローソン、HMV、ユナイテッドシネマ限定カバーの絵本『えんとつ町のプペル』の発売が開始しました。

詳しくはローソンさんの公式サイトをご確認いただきたいのですが、コレ用に、カバーを作らせていただきました。

(詳しくはコチラ→)https://www.lawson.co.jp/campaign/lop_poupelle/
映画 えんとつ町のプペル|ローソン
「映画 えんとつ町のプペル」ムビチケコンビニ券取扱中!
リンク
www.lawson.co.jp

誰がどう見ても「映画」が絡んでいることが分かる表紙です。

もちろん、たとえ評判でも作り続けるわけじゃなくて、映画公開時期の今しか買えないやつです。

時間が経てば経つほどプレミア感が出る代物となっているので、2020年を共に生きた記念に、是非、ゲットしてみてください。

取り扱い店はホームページでご確認いただきたいのですが、ローソン、HMV、ユナイテッドシネマの各店舗で販売しております。
よろしくお願いします。

https://www.lawson.co.jp/campaign/lop_poupelle/
映画 えんとつ町のプペル|ローソン
「映画 えんとつ町のプペル」ムビチケコンビニ券取扱中!
リンク
www.lawson.co.jp

そんなこんなで、今日の本題です。

今日は、もうメチャクチャ、シンプルな内容です。

昨日、たまたま見つけたのですが、どうしても、皆さんに見ていただきたい動画があるんです。

先輩芸人のダイノジさんが新たに立ち上げられたYouTubeチャンネル『ダイノジ中学校』の動画で、『えんとつ町のプペル』の解説をしてくださっているのですが、「これはキングコング西野君の話でもある」というところから始まるんです。

当時、お笑い芸人が「村社会化」していたところに切り込んでいて……もうね、内側の人間しか知らない話をバンバンしちゃっているんです(笑)。

動画の中で話されていたことなので、言っちゃうと……僕らの劇場の楽屋って、「ついたて」のような壁で区切られていて、上は空いているんですね。

で、僕はその当時、楽屋の外…劇場の一番隅の荷物置き場みたいなところで、出番の合間を縫って、絵本を描いていたんです。
1冊描くのに何年もかかる絵本です。

そうすると、楽屋の中にいる先輩芸人さん達が僕の悪口を僕に聞こえるように言うんです。

僕は聞こえないフリをしながら絵を描くわけですが、無理があるんです(笑)。
楽屋の上が空いているから、絶対に聞こえるんですよ。

時々、梶原君が「よく、あの時の先輩達に、やり返そうと思わないな」と言っているところを見たこともある人もいるかもしれませんが……あの頃、その劇場にいる芸人・スタッフ全員が、その声を聞いているんです。

もちろんダイノジさんも。

それでも芸人は村社会だから、上がそれをすると誰も何も言えない。

ちょっとガッカリしません?

僕は当時、ひどく失望しました。
僕が憧れたお笑い芸人って、こんなにネチネチした生き物だったのか、と。
誰もやったことがない挑戦を応援して、失敗したら笑い飛ばしてくれる人達だと思っていたけど、実際は違ったんですね。

結果的に、その時の経験が『えんとつ町のプペル』に繋がるわけですが、その話をダイノジさんがされているんです。
そして、そこで話されていることが全部リアルなんです。

この話って、芸人の楽屋に限らず、日本中のあらゆるところで起きていることだと思います。
なので、かなり刺さると思いますし、最後のダイノジさんの言葉に励まされると思います。

僕は、励まされました。

でね。

この話を受けて、思い出したことがあるんです。

かなり前向きな話なのですが、ダイノジさんがお話しされていたようなことは、たしかにあったんです。
皆、昼ドラばりにネチネチしてたんです。
皆、「あいつ、イタイなぁ」って口癖のように言っていた。

僕は、心の底から「気持ち悪いなぁ」と思っていました。
あと、「この人達、あんまりモテないだろうなぁ」とも思ってました。

ただ、そうやってネチネチと言ってきた先輩方って、今、あんまり活躍されていないんです。

一方で、僕は華丸大吉さんやブラマヨさんにネチネチ言われたことが一度も無い。
フットボールアワーさんやロザンさんに言われたこともない。

華丸大吉さんやブラマヨさんやフットさんやロザンさん……他にも何組かいましたが、その人達は皆、「へぇ〜、お前はそういうやりう方なんやな。俺はこうする」といった感じで、『他人は他人、自分は自分』で割り切っていて、ひたすら自分に時間を使い続けていて……今、そういう人達が残っている。

これって「希望」じゃないですか。

長いスパンで見た時に、自分に時間を使い続けた人が活躍している。
これが逆の結果だったら、夢も希望もありゃしなくて、「長い物には巻かとけ」となりますが、そうじゃなかった。

なんか、そういうこともひっくるめて、色々考えさせられて、最後は前向きになれる動画でした。

『ダイノジ中学校チャンネル』です。
是非、ご確認ください。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

本題に入る前に近況報告からさせてください二つありますまずはですね毎度おなじみとなっておりますクラウドファンディングシルクハットないで募集させて頂いております西9オンライン講演会マーケティング講座上級編の受講者数が8800名を突破しました本当にありがとうございますこうしてね毎日毎日告知させてもらっているわけですがよくモチベーションが続きますねとか言われるんですねどんなモチベーションでやってるんですかとも言われますねその返事をさせていただくとですねこれまでも何度も申し上げて いますがこの西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編にはですね特典として映画えんとつ町のプペルの前売り券が3枚ついてくるんですねなんだろうこの前売り券が3枚付いてくるって言うかはこちらの講演会の参加料金はほぼ前売り券3枚文の値段です毎日100名ペースで受講者さんが増えているんですね映画のチケットで言うと毎日300枚ずつ分けて行ってるっていう感じですねそこで想像するんですよあの300人キャパの映画館をで僕は300人キャパの映画館を毎日コンスタントに埋めているっていう風に考えた瞬間には結構頑張ってなと思えるんですねあのちょっと前向きになれると出ねえと映画に限らず集客が絡んでくるものってどっかで臨界点を迎えるわけじゃないですかつまり人は1月 待ってるところに集まることはもう皆さんも経験されていると思うんですけどもご多分に漏れず映画にもそれはあると臨界点がどこなのかはわかりませんがこうしてねーコツコツと前売り券を売り続けて臨界点に向かってることはわかってるとでもしかするとその臨界点と丸で届かない家にあるかもしれませんがまあのこうやって前に進んでいることが確認できるだけで救われてるんですね映画っていうのあれもこれもですね蓋を開けてみないとわからないっていう状況のなかまた言われるものって前に進んでるって言う事ぐらいしかないよそれが確認できるって言う事ぐらいしかないですねそれが精神的支柱になってるとモチベーションっていうよりも不安な時に占い師に頼るみたいなノリかもしんですね本当に解決するかどうかはわからないけれども占い師さんに大丈夫って言われたらちょっと安心して歩けるじゃないですかあの感じです 今日告示させてもらっております西田機能をオンライン講演会マーケティング講座上級編に興味がある方ですねクラウドファンディングシルクハットのプロジェクトページからご参加くださいそして近況報告の二つ目です映画えんとつ町のプペルの公開を記念してローソン3 HMV サンエーユナイテッドシネマ3限定カバーのですね絵本えんとつ町のプペルの発売がスタートしました詳しくはですねローソン3の公式サイトをご確認頂きたいんですがこれようにですねローソンさん HMV さんユナイテッドシネマさんで販売するんですねカバーを作らせていただいたんですね誰がどう見てもですね映画が絡んでいることがわかる表紙ですこの映画のこのフィルムのデザイン画は与えたりするんですけども残ら映画の公開記念で作られたものなんだなっていうことが分かる ようなデザインとなっておりますもちろんですねこれたとえ評判が良かったとしてもですねなんだろう作り続けるわけではなくて映画公開時期の今しか買えない奴であると時間が経てば経つほど甘プレミア感が出る代物となっていると思うので2020年を共に生きた記念にぜひゲットしてみてください取扱店をですねホームページでご確認いただきたいのですがローソン3 HMV ナイテッドシネマさんの各店舗で販売しておりますユナイテッドシネマ3での販売は映画公開のタイミングかなまあホームページご確認くださいよろしくお願いしますそんなこんなで今日の本題です今日はもうむちゃくちゃシンプルな内容です昨日ねたまたま見つけたんですけどもどうしても皆さんに見ていただきたい動画があるですここで喋ることこのメッセージよりももう を見て欲しいんですけれどもえーとねそん動画っていうのはの先輩芸人のですねだいのじさんが新たに立ち上げられた YouTube チャンネル内の二中学校の動画で速攻でですねえんとつ町のプペルの解説をしてくださっているんですけれどもこれはこれはテニスの煙突町のプペルはキングコング西野君の話でもあるって言うところから解説がスタートするんですが始まるんですよねねあの昔でしょ昔僕が絵本を書き始めた通りですねお笑い芸人がなんだろうなこ村社会化していたところにもですねお大事に3個切り込んでいいですねもう内側の人間しか知らない話をバンバンしちゃってるんですねこれまで僕は言ってこなかったんですけれどももうね今回の台の3の動画の中で 話されていたことなので言っちゃうとですねあの劇場の楽屋があるんですねそこはなんとなく本当衝立のような壁で区切られていて上は空いてるんですよスカスカなんですよで僕は当時と学園の外劇場の一番隅の端っこのですねもう少し寒いですね荷物置き場みたいなところでですね出番の合間を縫って絵本をずっと書いていたんですね一冊書くのになんでもかかるような絵本ですそうですね学園の中にいる先輩芸人さん達があの僕の悪口を僕に聞こえるように言うんですね僕は聞こえないふりをしながら筆を走らせるわけですがやっぱちょっと無理があるんですね楽屋の上が空いてるから聞こえないわけないでしょ絶対に聞こえるんですよで時々ねあのー 梶原君がよくあんときの先輩たちにやり返そうと思わないなって言っているところを見たことがある人もいるかもしれませんがその当時劇場にいた芸人スタッフ全員がそういった声を聞いているんですねもちろんさんもそれでも間には村社会だから一番上がそれをやっちゃうと思う誰も何も言えないですねちょっとがっかりしませんあの僕は当時広く失望しました僕が壊れたお笑い芸人でこんなネチネチしたいきもんだったのかと思いました誰もやったことがない挑戦を応援して失敗したら笑い飛ばしてくれる人達と思っていたんですけどちょっと違ったんですねで結果的にその時の経験がえんとつ町のプペルにつながるわけですがその話を鯛の子さんが知ってるんですねそこで話されてることがね全部リアルなんです でこの話って芸人の学園に限らず日本中のあらゆるところで起きていることだと思うんですねなのでかなり刺されと思います最後のだいのじさんの言葉に励まされると思います僕は励まされましたでねこの話を受けて思い出したことがあるんですこれは前向きな話なんですけども来年ちゃんがお話しされていたようなことを私にあったんですねみんな昼ドラバリにしてたんですよ会いたいなーとかいたいっていうのは本当に芸人が口癖のように言ってたんですね僕心の底から気持ち悪いと思ってましたあとこの人達本当にモテないだろうなっていうこと思ってましたただそうやって何か言ってきた先輩方今あんまり活躍されていないんですよあんまり出てない一方で僕は華丸大吉中村さんとかフットボーラー33人 あれた覚えがないんですね彼らの他にもまあ何組かいましたがその人たちはみんなお前はそういうやり方なんやな俺はこうするって言った感じで他人は他人自分は自分で割り切っていてひたすら自分に時間を使い続けていて今そういう人たちが残ってるこれって希望じゃないですか長いスパンで見た時に自分に時間を使い続けた人が活躍しているとこれが逆の結果だったら夢もキボーもありゃしなくて長いものには巻かれとけとなりますがそうじゃなかったなんかそういうことでいろいろ考えさせられて最後は前向きになれる動画でした第二中学校チャンネルですぜひぜひご確認くださいオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所では何キロが現在手掛けている最新のエンタメビジネスに関する記事を毎日2000文字から3000文字と起こしております興味がある方は覗いてみてくださいそれが 的な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でしたじゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる