まだ何者でもない人が落ちる穴【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

そんな穴に落ちるな

近況報告からさせてください。
二つあります。

まずは毎度お馴染み、クラウドファンディング「SILKHAT」内で募集させていただいております『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』の受講者数が7100名を突破しました。

すごく私事なんですけども、映画『えんとつ町のプペル』の公開まで、あと「26日」となった今。
珍しくテレビにも出て、一人でも多くの方に観ていただく為に西へ東へ走りまわっているのですが…どれだけやっても不安が拭えることは無いんですね。

やればやるほど、ダメだった時の傷が大きくなるので、むしろ怖さが増していく。

そんな中、このオンライン講演会には、特典として映画『えんとつ町のプペル』のムビチケが3枚付いていて…ていうか、講演会の参加料がそのままムビチケ3枚分みたいな感じなんですけども、とにかく、こうして毎日告知をすれば、毎日平均100人ペースで講演会の受講者が増えるんです。
つまり、毎日、映画『えんとつ町のプペル』のチケットが300枚届き続けているんです。

映画の規模からすると「300枚」というのは僅かな数字なのかもしれませんが、ただ、この「昨日よりはチョットだけ前に進んでいる」と思えることが精神衛生上メチャクチャ良くて、毎日、ここでオンライン講演会の受講者数を報告することで救われています。

本当にありがとうございます。
メチャクチャ頑張ります。

『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』の興味がある方は、クラウドファンディング「SILKHAT」のプロジェクトページから是非、ご参加ください。

(こちら→)https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2158
#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 「キンコン西野マーケティング講座【上級編】」を開催したい。│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
経営者&クリエイター必見! 天才マーケッター・キングコング西野亮廣が、世間一般のレベルを無視して、手加減抜きで「現代マーケティング」について語る会を開催。
リンク
silkhat.yoshimoto.co.jp

そして、二つ目。

昨日、東急プラザ渋谷一階にある『Shibuya-san』に行ってまいりました。

https://shibuyasan.jp/news/2020/11/19/1340/
「映画 えんとつ町のプペル」展​shibuya-san にて 11月28日より開催!!​ : shibuya-san
Tourist Information & Art Center, Shibuya, Tokyu, 東急, 文化は混ざることで生まれる, 世界の人と渋谷の人が出会う場所
リンク
shibuyasan.jp

ここは元々、観光案内所なのですが、今は『えんとつ町のプペル』仕様になっておりまして、昨日お伝えしたとおり、世界のどこよりも早く映画『えんとつ町のプペル』のエンディング主題歌が聴ける場所となっております。

昨日、午後に現場に行ってみると、会場がメチャクチャ明るくて、鏡を使って光や映像の演出が全部潰れていて、音楽のボリュームもメチャクチャ小さくなっていて……、聞けば、現場のスタッフさんのアドリブで、ちょっと変えちゃってたみたいです。

現場スタッフさんの「良かれと思ってアドリブ」は、結構、「イベントあるある」なので、それを想定できていなかった僕の責任です。
昨日の午前中に来られた皆さま、ごめんなさい。

もちろん、空間演出の全てに意図がありますので、「照明や音響は最初の設定からイジらないでください」とキチンとお伝えしたので、もう大丈夫です。

東急プラザ渋谷では12月4日から本格的に(全フロアで)『えんとつ町のプペル』を展開していきますので、お時間あれば是非、いらしてください。
僕も今日は朝の10時に、東急プラザ渋谷一階にある『Shibuya-san』に顔を出します。

サロンメンバーさんとジョギングをしているので、その帰りに寄ります。

ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある | 西野 亮廣 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで西野 亮廣のゴミ人間 日本中から笑われた夢がある。アマゾンならポイント還元本が多数。西野 亮廣作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またゴミ人間 日本中から笑われた夢があるもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
リンク
www.amazon.co.jp

そんなこんなで本題です。

今日は、「まだ何者でもない人が落ちてしまう穴」というテーマでお話しさせていただきたいと思います。

よく言っていることですが、自分自身、毎日、あれやこれやと挑戦を繰り返したり、あと、挑戦する人達を間近で見ていたりすると気づくのが、成功する方法には、あまり再現性がないんですね。

「こうすれば上手くいく」というハウツーはありますが、それがハマる人とハマらない人が現実問題存在する。

一方で、「こうすれば失敗する」は100%です。

高校生であろうと、孫正義さんであろうと、全裸でビジネスコンテストに挑戦したら、100%落ちるんです。
そして捕まります。

ビジネスで成功しようと思ったら、ビジネスアイデア云々の前に、まずは服を着なきゃいけないんですね。

挑戦する人間は、こうした「これをやったら必ず失敗する」というものをリストアップして、まずはそれを排除するところから始めなきゃいけないのですが……多くの人が、何も考えずに挑戦を始めて、皆が落ちる穴に落ちている。

そんなもの、「皆が落ちる穴」をリサーチしていれば、助かったわけじゃないですか?

でも、そういった簡単な作業を一切やらない。落ちてから、「ここに穴があったとは…」「しまった。全裸で出社したらダメだったのか…」みたいなことを言っている(笑)。

なので、今回は「ここ、皆が落ちている落とし穴ですよ」というお話をさせていただきます。

今って、ダイレクトで誰とでも繋がれるじゃないですか?
SNSを使えば、キングコング西野本人に仕事のオファーを出すのって、秋田の中学生でもできるわけです。

実際、僕のところにも、まだ何者でもない人からのオファーが来るんです。

僕はここに関してはメチャクチャ優しいというか、甘いので、そういったオファーに気がついたら、「吉本興業が窓口となっておりますので、まずは、そちらに連絡してみてください」と返信するんですね。

すると、かなりの確率で「かしこまりました。担当者の方の連絡先を教えていただけますでしょうか?」と返ってくる。

あなたがキングコング西野だとして、この人と仕事をしたいと思いますか?

相手は、まだ何者でもないのに、「自分がタライ回しにされるのが嫌だから(面倒くさいから)」という理由で、コチラの時間を奪う人です。

仕事の基本って、「交換」じゃないですか?

「労働」の対価に「お金」があったり、
「労働」の対価に「影響力」があったり、
そこでは何かしらの「交換」がおこなわれている。

まだ何者でもないのに、面倒を避ける人に対してシンプルに思うのは、「お前が捧げるものは何なんだ?」です。

この時点で終わっちゃうんです。

「かしこまりました。担当者の方の連絡先を教えていただけますでしょうか?」という連絡を入れた瞬間に、西野からの連絡は途絶えて、かつ、ブラックリストに入っちゃうので、ここから吉本興業に連絡をしても、もう取り合ってもらえないんです。

ここは、SNSで誰とでも繋がれるようになったからこそ本当に気をつけなきゃいけない部分で、連絡できるからといって、連絡しちゃダメなんです。

ジブリ映画を観に行こうと思った時に、上映時間を知りたくて、宮崎駿さんには連絡しないじゃないですか?

そこは「ググれよ」という話だし、まだファンの方が、「イベントはどこでやってますか?何時からやってますか?」と質問する分には100歩譲ってOKですが……これからビジネスパートナーとなる人がそれをやっちゃダメです。

忘れちゃいけないのが、全てのビジネスマンは「サービス提供者」だということ。
当然、相手目線に立てる人じゃないとビジネスパートナーとして選ばれないんですね。

これを「すみません。うっかりしてました」で済ませてはいけなくて、「うっかり」なんかじゃなくて、本質はもっと奥にある。
つまるところ、サービス提供者としての能力が低いんです。

もっと言うと、優しくないんです。
自分がサボる為に、相手を傷つけちゃっているので。

ここは「ミス」で済ませるのではなくて、人間性に問題があるから、根本から改善された方がいいと思います。
たった、そんなことでチャンスを逃してしまうのは勿体無いじゃないですか。

ここ、本当に多くの人がハマっている落とし穴なので、気をつけてください。

というわけで今日は、「まだ何者でもない人が落ちてしまう穴」というテーマでお話しさせていただきました。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

近況報告からさせてください二つありますまずはですね毎度おなじみクラウドファンディングシルクハットないで募集させて頂いております西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編の受講者数が7100名を突破しましたありがとうございますすごくま私ごとなんですけれども映画えんとつ町のプペルの公開まであと26日と迫った今ですねま珍しくテレビにも結構出ていて一人でもねを多くの方に見ていただくために西東橋 しまっているんですけれどもまあねあのどれだけやっても不安が濡れることはないんですねやればやるほどですねダメだった時の傷が大きくなるんだよむしろ強さが増していくっていう感じですねそんな中この LINE 講演会には特典としてね映画えんとつ町のプペルのムビチケが3枚付いていていうかあの講演会の参加料がそのままムビチケ3枚目みたいな感じだったりするんですけども当確ですねこうして毎日告知をすれば1日平均100人ペースで講演会の受講者が増えるんですつまり毎日ですね映画えんとつ町のプペルのチケットが300枚届き続けているって言う形ですね映画の年規模からすると300枚ってのはまぁわずかな数字なのかもしれませんがただねこの昨日よりはちょっとだけ前に進んでるって思えることが精神衛生上むちゃくちゃ浴って毎日ねここでオンライン今回の事故をした 報告することで救われています本当にありがとうございます映画めちゃくちゃ頑張ります西田昨日ない声がマーケティング講座上級に興味がある方はですねクラウドファンディングシルクハットのプロジェクトページからぜひご参加くださいそして二つ目です昨日ですね東急プラザ渋谷一階にあるですね渋谷さんに行ってまいりましたここはもともとですね観光案内所なんですけれども今は煙突町のプペル仕様になっておりまして昨日の申し入れもお伝えした通り世界のどこよりも早く映画えんとつの町のプペルのエンディング主題歌が聞ける場所となっておりますね昨日の午後1時ぐらいかな人間ばに言ってみるとですね会場がもうめちゃくちゃ明るくて鏡を使ったその光とか映像のエースがも全部潰れていてで音楽のボリュームもめちゃくちゃ小さくなっていて これはどういうことなんですかって聞けばですね現場のスタッフさんのアドリブでちょっとあの書いちゃってたみたいです光の強さだとか音のボリュームだと顔であのなんだこの現場スタッフさんのですね良かれと思ってアドリブは結構のイベントあるあるだったりするんでそれを想定できなかった僕の責任です昨日の午前中に来られた皆様ごめんなさいもちろんですね空間一のすべてに糸がありますので照明や音響は最初の設定からいじらないでくださいときちんとお伝えしたのでもう大丈夫だと思います東急プラザ渋谷ではですね12月の4日からですね本格的にまほろ全フロアでですねえんとつ町のプペルを展開していきます今はプレオープンみたいな感じですね4日から本格的に展開していきますのでお時間あれば是非いらしてください僕もですね今日はですね朝からサロンメンバーさんとジョギングをするんですけどもその帰りに大体朝の 10時にですね東急プラザ渋谷地下にある渋谷さんに顔を出しますのでよかったら遊びにいらしてくださいというわけで本題です今日はですねまだ何者でもない人が落ちてしまうアナというテーマでお話しさせていただきたいと思いますまあねほらねボカほんとよく言ってることなんですけれどもえーと誰も話し聞いたって方いらっしゃるかもしれませんがこれ以上に重要なことなので改めて申し上げたいんですけどね自分自身ですね毎日あれやこれやと挑戦を繰り返したり後挑戦する人たちですね間近で見たりすると気づくのがですねその成功する方法っていうものにはあまり再現性がないんですね0ではないんですけどあまり高くないっていう言い方が正しいのかなつまりそのこうすればうまくいくっていう ではあるんですけどあるにはあるんですけどもそれがハマる人とはまらない人っていうのが現実問題存在すると一方でですねこうすれば失敗するっていうのは100%なんだこれしたら失敗しますよって残り100%高校生であろうと孫正義さんであろうと全裸でビジネスコンテストに挑戦したら100%落ちるんですそして捕まりますもうもう当たり前ですよこれ聞いたらそらそうだろって思うかもしれませんがビジネスで成功しようと思ったらビジネスアイディア云々の前にまずねふく起きなきゃいけないんですね裸で出社したらビジネス失敗するんですが当たり前じゃなくてこれってこう聞くとむちゃくちゃ当たり前ですよねただですね挑戦する人間っていうのはこうしたですねこれをやったら確実に失敗しますよっていうものをやって失敗してる 人が多いなのであのこれが確実に失敗するというものをリストアップしてまずはですねそれを排除するところから始めないといけないですよただその音この人が何も考えずに挑戦を始めて皆が落ちる穴に落ちているそんなものみんなが落ちる穴をリサーチしておけば助かったわけじゃないですかたったそれをやるだけよかったですでもそういった簡単な作業を一切やらない落ちてからここに穴があったみたいなこと言ってるんでした駄目だったんですかみたいな全裸でコンテストに受けたら落ちるんですかみたいなこと言っちゃってるこれがもったいないっていうことですねなので今回はですね今日はですねここみんなが落ちてる落とし穴ですよっていう話をしたいんですけども一つねと言うとですね今ってダイレクトで誰とでも繋がれるじゃないですか SNS を使えばキングコング西野本人に仕事のオファーを出すのって例えば 秋田の中学生でも出来るわけですよね実際僕のところにもまだ何者でもない方からのオファーでもたくさん来るんです一緒に来ようでやりたいんですけどみたいなでね僕はここに関してはめちゃくちゃ優しいというかまぁ甘いと言われるんですけどもえーとそれに気が付いたらですね吉本興業が窓口となっておりますのでまずはそちらに連絡してみてくださいって返信するんですね返信するんですよいいやつでしょそれとですねかなりの確率でかしこまりました担当者の方のご連絡先を教えていただけますでしょうかって書いてくるんですよであなたがキングコング西野だとしてこの人と仕事したいと思いますか相手はまだ何者でもないのに自分がたらい回しにされるのが嫌だから面倒くさいからという理由で西野の時間を奪う人です仕事の基本てこうかんじゃないですか労働の対価にお金があったり今だったら労働の対価に 協力があったり何かしらの交換が行われてるねまだ何者でもないのに面倒を避ける人に対してやっぱシンプルに思うのはお前が捧げるものは何なんだっていうとこですね言いたいのでこの時点で終わっちゃうんですよかしこまりました担当者のかたの連絡先を教えていただけますでしょうかっていう連絡を入れた瞬間に西の空の連絡は途絶えてかつブラックリストに入っちゃうんでここから吉本興業に連絡しても取り合ってもらえないですね丁寧って誰とでも繋がれるようになったからこそ本当に気をつけなきゃいけない部分でこれって言うのは連絡できるからって出なくちゃだめなんですジブリ映画を見に行こうと思った時に上映時間を知りたくて宮崎駿さんには連絡しないじゃないですかそこはググれよって話だしねまだねファンの方がイベントどこでやってますか何時からやってますかって質問するぶんには譲ってオッケーなんですけどもこれがビジネスパートナーとなる人がやっちゃダメなんですね忘れちゃいけないのはすべてのビジネスマンは サービス提供さ何で相手目線に立ってる人じゃないとビジネスパートナーとして選ばれないでこれをすいませんうっかりしてましたで済ませてはいけなくてうっかりなんかじゃなくてほんしたもっとお口に合ってつまるところサービス提供者としての能力が低いんですねもっと優しくない自分がサボるために相手を傷つけちゃっているんだよねここはミスで済ませるのではなくて人間性に問題があるから根本から改善された方がいいと思いますたったそんなことでねチャンスを逃してしまうのはもったいないじゃないですかなので本当に多くの方がはまってる落とし穴なので気をつけてくださいというわけで今日はですねまだ何者でもない人が落ちてしまうというテーマでお話しさせていただきましたオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所ではですね西野亮廣が現在手掛けているに関する記事を投稿しておりますので興味がある方は覗いてみてくださいそれでは素敵な一日 キングコングの西野亮廣でしたじゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる