キンコン西野が「経歴詐称問題」に対して思うこと【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

キミ、加害者になってるよ

近況報告からさせてください。
2つあります。

一つ目は、毎度お馴染みクラウドファンディング「SILKHAT」内で募集させていただいております『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』の受講者が6300名を突破しました。

僕自身、今年は特にハードな一年でして…映画の制作を進めながら、突然、襲ってきたコロナによって、映画の届け方を大幅に変更したり、あとは、日頃、応援してくださっている方々のお仕事をどうにか守ろうと思って走り回りました。

もちろん、コロナを言い訳にするつもりなんて1ミリもなくて、むしろ「コロナがあるからできる」という部分を掘り当てて、逆手にとる作業を続けてきたわけですが、その中で、今後の活動にも使えそうな施策がいくつか見つかったので、この講演会では、そんな話をしたいと思います。

興味がある方は是非、ご参加ください。
参加は、クラウドファンディング「SILKHAT」内のプロジェクトページから検索してみてください。

https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2158
#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 「キンコン西野マーケティング講座【上級編】」を開催したい。│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
経営者&クリエイター必見! 天才マーケッター・キングコング西野亮廣が、世間一般のレベルを無視して、手加減抜きで「現代マーケティング」について語る会を開催。
リンク
silkhat.yoshimoto.co.jp

二つ目は、最近、オンラインサロン内でその地域地域のサロンメンバーさんとジョギング大会をやっていつのですが、「これがメチャクチャ気持ちよくて、楽しいよ」という非常にホッコリするご報告です。

ジョギング大会自体は前もやっていたんです。

ですが、前は「15名限定」みたいな感じで、「走る」というよりも、「走りながら喋る」ということに重きをおいていたんです。

ただ、今やっているジョギング大会は「走る」に重きをおいていて、本当に走るんです(笑)

もちろん「おいてきぼり」になる人が生まれないように、走るのはトラックだったり、往復コースだったりします。
つまり、「スピードの違いがあればあるほど、すれ違う回数が増える」というやつですね。
なので最初から最後までウォーキングをする人もいれば、結構、全速力で走る人もいる。

昨日も大阪でジョギング大会があって、片道1.5㎞の往復コースだったので、「3㎞コース」と「6㎞コース」と「9㎞コース」があって、皆で励まし合いながら走りました。

でね、以前、「15名限定」でやっている時と、目的は同じで、「交流を深める」なのですが、面白いもので、こと「ジョギング」に関していうと、ペチャクチャ喋るよりも、皆でちょっとシンドイ思いをしながら、ゴールを迎えたが、どうやら仲良くなるんですね。

一緒に戦った感が半端ない(笑)

で、実際に痩せたりするので、「もっと頑張ろう」となる。
こういうのって一人でやっても楽しくないじゃないですか?

なので仕事で各地方に行くたびに、朝はサロンメンバーさんとジョギング大会をしています。

今日もこのあと、大阪のサロンメンバーさん達とジョギング大会をします。
明日は東京が晴れていれば東京でやります。

これは、多分、ずっと続けて行くので、興味がある方は是非、ご参加ください。

そんなこんなで今日の本題です。

今日の話は、前々から「キチンと話しておかなきゃいけない話だなぁ」と思っていましたが、皆の感情が高ぶっている時は、いろんな先入観や偏見が混じった状態で話を聞かれてしまうので、ほとぼりが冷めた頃合いを見計らっての「今」です。

テーマは、『キンコン西野が一連の「経歴詐称問題」に対して思うこと』です。

先に言っておきますが、特定の人物を責めることが目的ではないので個人名を出すつもりはありませんし、僕は時事問題を切ることには一切興味がありません。

ただ、「経歴詐称からの集客」というのは普遍的な問題だと思うので、「今後、こういう時は、こう考えておいた方がいいよね」という、今後の話をしたいと思います。

今回の一連の経歴詐称問題の流れを知らない方の為に、大枠だけザックリ説明すると、「世界的な企業で腕をならしてきた若手実業家さんが、オンラインスクールのお客さんを集めていたけど、実は、過去の経歴が全て嘘だということが発覚して、大炎上しました」といった感じです。

「あれも嘘だった」「これも嘘だった」「あの時の発言は…」とか余罪を全て挙げていくと、もう絶対に10分では終わらないので、「経歴を詐称して、スクール生を集めていたことがバレて、炎上しちゃったよ」の一本で話を進めさせてください。

今回、一番気になったのは、「経歴は騙されたかもしれないけど、オンラインスクールで学んだことはあるんだから、外野がとやかく言うんじゃねぇよ」という意見ですね。

一部の熱心なスクール生が言っているのかもしれませんし、スクール生に扮した運営サイドが言っているのか知りませんし、調べるつもりもないので、この「意見」についてだけ言わせていただきますね。

この場合、まず、被害者をリストアップ方がいいと思っています。
経歴詐称で集客をした場合の被害者は「二人」です。

一人目は、「その経歴にバリューを見出してお客さんになった人」
そして二人目は、「真っ当な努力してその経歴を手に入れた人」

「経歴は騙されたかもしれないけど、オンラインスクールで学んだことはあるんだから、外野がとやかく言うんじゃねぇよ」という意見は、この「二人目の被害者」を無視しちゃっているんですね。

こういう場合は別の何かに置き換えた方が話が入ってくると思うんですけど…たとえば、本の帯に「10万部突破」という数字を打ち出した「そこそこ面白い内容のビジネス書」の『10万部』が実は嘘だったとしたら、どうですか?

一度、それをやっちゃうと、真っ当にやっている他の書籍の数字(発行部数)まで「これも、嘘なんじゃないの?」と疑われるじゃないですか。
まだまだ無名の著者さんからすると、頑張って頑張って積み上げたその数字こそが、自分と、新規顧客を繋いでくれる接点・生命線なので、そこの信憑性を落とされてしまうと、おマンマ食い上げなんですね。

「経歴詐称によってスクール生が損した得した」の話ではなくて、経歴詐称による被害が別のところでキチンと出ているので、「内容が良かったらいいじゃねえか」という理屈は通らない。

とくに今回は「スクール生が新規会員を一人入会させれば○○円貰える」というのがあって、被害者が出ているのに、それを無視して、自身の利益を取りにいく姿勢は、あまり褒められたものじゃない。

おそらくスクール生の中には、「自分達が加害者になっている」という自覚がなかったのかもしれません。

これって、芸能人の不倫に対して、あやれこれやと意見する人と同じで、意見すればするほど不倫問題が大きくなって、「不倫された側」の傷まで広げてしまっているわけじゃないですか。

あなたが何も考えずに自分の感情に任せて意見して、問題を大きくしてしまったせいで、不倫された嫁は「不倫された嫁」というレッテルを貼られた上で、街を歩かなきゃいけない。
子供とスーパーに入っても、陰でコソコソ言われるわけです。

他人の色恋沙汰に口を挟む人も同様、自分が加害者になっている自覚がゴッソリ抜け落ちてしまっているけども、そこには声をあげられない「被害者」がキチンと生まれている。
「刑事罰にはならない罪」というのは世の中に存在するので、今後はそこを踏まえておいた方がいいと思います。

話を戻します。

経歴詐称が刑事罰にならずに、今後も横行するとなると、「じゃあ、一体、どのインフルエンサー(どの数字)を信じればいいの?」という問題は浮上すると思うのですが、これは「けんすうサン」も言っていましたが、極めてシンプルな問題で、「第3者が出している数字」を参考にされといいと思います。

「俺の年商は○○億円だ」は全部無視してしてしまっていいと思います。
「俺の月商○○円だ」は、もっと無視していいと思います。
売り上げを一つの月に集中させることは可能なので。

あと、「年商」「月商」とかって、メディアに出る時とかは、自分の口から言わなきゃいけないシチュエーションがあったりするのですが、ただ年商100億円でも、赤字の場合があるので、この辺は「ああ、そうなんだな」程度に押さえておいた方がいいと思います。

大切なのは、「その『どうやら凄い人』が提供している商品・サービスを世間が知っているか?」という部分ですね。
「そういえば、この人凄いらしいけど、この人が売っているものって何なの? あんまり聞いたことないけど」というのはグレーなので、慎重になられた方がいいと思います。

繰り返しにますが、本人ではなく、「第三者から下した評価」を参考にされるのが、経歴詐称対策としては有効な手だと思います。

そんなこんなで、僕はこれからサロンメンバーさんとのジョギングに行ってきまーす。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

どうもキングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送はジャニーズじゃない方の嵐エンド嵐さんの提供でお送りします土産どうもありがとうございます近況報告からさせてください二つあります一つ目はですね毎度おなじみですねクラウドファンディングシルクハットないで募集させて頂いております西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編の受講者が6300名を突破しましたありがとうございます今僕自身で今年は特にハードな1年でしてままだ終わってないですけどねなかなか走りまた一年で映画の製作を進めながらですね突然襲ってきたコロナによって映画の届け方を大幅に変更したりだとかあとは日頃ね応援してくださってる方々の お仕事をどうにか守ろうということで結構走りますもちろんネコロナを言い訳にするつもりなんでも一ミリもなくてむしろコロナがあるからできるっていう部分を掘り当てて逆手にとるいう作業を続けてきたわけですがその中では今後の活動にもそして皆様の活動にも使えそうな施策がもういくつか見つかったんで今回の公演ではそんな話をしてみたいなと思っております興味がある方はぜひご参加ください参加ですねクラウドファンディングシルクハット形のプロジェクトページから検索してみてくださいそして二つ目です二つ目はですね最近ねオンラインサロンないでその地域地域のサロンメンバーさんとジョギング大会があっているんですけれどもこれがめちゃくちゃ気持ちよくて楽しいよっていう非常にほっこりする確率 戸田先生ジョギング大会自体はですねあのやってたんですよですが以前はですね15名限定みたいな感じで走るっていうよりももうほぼ歩いてるような感じで散らかってるっていう事に重きを置いていたんですねしゃべってコミュニケーションを取ることに重きを置いていたんですねただ今やっているジョギング大会はもう走ることに走る汗をかくっていう事においていて本当に走るんですもちろんですね気になる人が生まれないように走るのはですね86だったり8だったりしますつまりスピードの違いがあればあるほどすれ違う回数が増えるって言うやつですねなので最初から最後までウォーキングをする人もいれば結構全速力で走る人もいるんです昨日も大阪でジョギング大会があってですね 片道1.5キロ ポップコーンだったんで3 km コースと6 km コースと9 km コースがあってもみんなで励まし合いながら走りましたでね員1015名限定でやってる時と目的同じなんですよ交流を深めるっていうことなんですけれども面白いものでことジョギングに関して言うとぺちゃくちゃ喋るよりもみんなでしんどい思いをしながらゴールを迎えた方が汗を流した方がどうやら仲良くなれると目的は仲良くなる粉何で他のメンバーさんというところたぶん喋るよりも走った方が仲良くなれるやっぱりかも一緒に戦ったか半端ないですよね行ったの俺達みたいな50分走りきっただめだよでも実際にこうやってたりもするんでもっと頑張ろうとねこういうの一人で行っても楽しくないじゃないですかなので 仕事で各地方に来た日に朝はサロンメンバーさんとジョギング大会は最強しております今日もこの後ですね大阪のサロンメンバーさん達とジョギング大会をします明日は東京が晴れていれば東京でやろうかなと思っておりますまだ決まってないし結構前日の夕方とかに明日やりますみたいな感じでちょっと声かけたりする感じなのでまだ決まってないですが明日晴れたらやろっかなと思ってるぐらい常心をずっと続けていくんであの熊本行く時は熊本の朝やりますして戦略的になされません声を掛けてありますね多分ねずっと続けていくので興味がある方はぜひご参加ください長くなりましたがそんなこんなで今日の本題でございます今日の話はですねもう前々からねもうこれをきちんと話しておかなくちゃいけないなと思っていたんですけどもなんだろうこのみんなのね感情が高ぶってる時っていうのはいろんな潜入 かんとか偏見が混じった状態で話を聞かれてしまうので届かないがあるなんかちょっとあの言わんで届いてしまう場合があるんでねちょっとほとぼりが冷めた頃を見計らっと思っていて今ですねやっぱりこういう話ってなんだろうななんか今更そんな話をすんだよっていうタイミングでする方がいいなと思ってるんですテーマですね銀行西のが一連の経歴詐称問題に対して思うことですまさきに行ってきますが特定の人物を責めることが目的ではないのでここで個人名を出すつもりありませんし僕は時事問題を切ることには一切興味がないただやっぱり猫の経歴詐称からの集客っていうのは普遍的な問題だと思うのでこういう時はこう考えておいた方がいいよねっていう今後の話をしたいと思います 早速ですねま今回の一連の経歴詐称問題の流れを知らない方のためにお送りするとですね世界的な企業で腕を鳴らしてきた若手実業家さんがオンラインスクールのお客さんを集めていたけども実は過去の経歴が全て嘘だということが発覚して大炎上しちゃいましたっていう感じですねここでねあれも嘘だったこの発言はとかは鋼材を全部上げていくとですねもう絶対に10分では終わらないので経歴を詐称して作る星集めていたことがバレて炎上しちゃったよ言って話を進めさせて下さいでねあのー今回ねやっぱ 一番気になったのは経歴は騙されたかもしれないけどオンラインスクールで学んだことはあるんだから外野がとやかく言うんじゃねえよっていう意見ですねこれは一部の熱心なスクール生が入っているのかもしれませんしスクール生に扮した運営サイドが言ってるのかもしれませんしまここも調べるつもりもないのでこの人っていうかこの一件についてだけ言わせていただきますねこの場合ね今回の場合ねまずね被害者をリストアップしたほうがいいと思ってます経歴詐称で集客をした場合の被害者は二人ですね一人目はその経歴にバリューを見出してお客さんになった人そして二人目は真っ当な努力をしてその経歴を手に入れた人で経歴は騙されたかもしれないけれどもオンラインスクールで学んだことあるんだから外野がとやかく言う ねえよっていう意見はこの二人目の被害者はもういっちゃってるつまり松任の努力をしてその経歴を手に入れた人のことを無視しちゃってるんですねこういう場合は別の何かに置き換えた方が話が入ってくると思うんですけど例えばそうだ 江藤本の帯に10万円部突破っていう数字を打ち出したそこそこ面白い内容のビジネス書の10万部が実は嘘だったとしたらどうですか一度それをやっちゃうと真っ当にやってる他の書籍の数字発行部数までもがこれも嘘なんじゃないのって疑われるわけじゃないですかまだまだね無名の調子はさんからすると頑張って頑張って積み上げたその数字こそが自分と新規顧客を繋いでくれる接点生命線なのでそこの信憑性を落とされてしまうとおまんま食い上げなんですね経歴詐称によってスクール生がそうした得したの話じゃなくて経歴詐称による被害者が別のところできちんと出ているので内容が良かったらいいんじゃねえかっていう理屈は通りませんよって話ですね特に今回はスクール生が新規会員を一人入会させればいくらか貰えるっていうのがあって被害者が出ているのにそれを無視して自分の利益を取りに行く姿勢っていうのはあまり誉められたもんじゃないとおそらくスクール生の中に 2は自分が加害者になってるっていう自覚がなかったのかもしんないですねこれって芸能人の不倫に対してあれやこれやと意見する人と同じで意見すればするほど不倫問題が大きくなって不倫された側の傷まで広げてしまってるわけじゃないですかあなたが何も言わずに自分の感情に任せて意見して問題を大きくしてしまったせいで不倫された嫁は不倫された嫁っていうレッテルを貼られた上で街を歩かなきゃいけない子供と2番に入っても影でコソコソ言われると他人の色恋沙汰に挟む人同様ですね自分が加害者になってるって自覚がごっそり抜け落ちてしまってるけどもそこには声をあげられない被害者がきちんと生まれていますよっていうことですね刑事罰にはならないというのは世の中に存在するので今後はそこを踏まえておいたほうがいいと思いますよっていうお話でございましたけど今日は銀行にしながら一連の経歴詐称問題に対して思うことというテーマでお話しさせていただきましたそれで来ない1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でしたじゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる