大手のやり方にケチをつけても仕方ないよね【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣エンタメ研究所の1年前の投稿を公開しています。毎日、学びになる本気の投稿が見れます。下手なビジネス書より月額1000円のオンラインサロンがおすすめです!

[aside]リンク

月額1000円のオンラインサロン[西野亮廣エンタメ研究所]

[/aside]

 

目次

弱者の言い分は虫が良すぎる

日課のようになっておりますが、毎度お馴染み近況報告からさせていただきます。

クラウドファンディング「SILKHAT」内で募集させてもらっております『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』の受講者が5100名を突破しました。

のオンライン講演会は過去に2回やらせてもらったのですが、いずれも1万人以上の方にご参加いただいたんです。
ただ、その時はコロナで緊急事態宣中だったというのもあったり、あとは、たしか料金も安かったんですよね。

そういった諸々の事情が重なって、1万人規模の講演会を立て続けにやらせてもらったのですが、今回は、まぁ……そんな規模にはならないだろうなぁと思っていたのですが、すでに5100名を超える方が参加を表明してくださっていて、感謝すると共に、少し驚いています。

最終的に何人になるんですかね。

「いやいや、大切なのは人数じゃねぇだろ」と思われる方もいらっしゃると思うのですが、それは勿論のこと、ただ、今回は人数にもキチンとこだわりたいんです。

というのも、今回の講演会は「映画『えんとつ町のプペル』を広める」という目的も孕んでおりますので、そこは無視できない。
もっと言うと、そういった「作品の為になるから」という下心がないと、そもそも僕は講演会をしないです。

そんなこんなで、『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』を宜しくお願いします。

※興味がある方はコチラから→https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2158
#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 「キンコン西野マーケティング講座【上級編】」を開催したい。│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
経営者&クリエイター必見! 天才マーケッター・キングコング西野亮廣が、世間一般のレベルを無視して、手加減抜きで「現代マーケティング」について語る会を開催。
リンク
silkhat.yoshimoto.co.jp

そんなこんなで本題です。

今日は「弱者は、強者の選択を肯定することを決めないと、やってられないよね」みたい話をしたいと思います。

なんと言っても、今、僕は、映画『えんとつ町のプペル』のことで頭がいっぱいです。

最高の作品を作ることは勿論のこと、一人でも多くの方に届ける為に、毎日、あれやこれやと頑張っています。

発信しないと見つけてもらえないものですから、あの手この手で発信しているわけですが、そうすると「プペルなんて、誰も知らねーよ」とか言われるんですね。

それだけならまだしも、
「なんか頑張っているみたいだけど、ジブリの足元にもおよびませんから」
とか
「鬼滅の刃からすると、そもそも相手にもしてませんから」
といった感じで、「そもそも貴方達はどの立場から意見してるんだよ」というようなコトを言われるんです。

ジブリも鬼滅も、貴方達が作ったわけじゃないぞ、と(笑)

ただ、「誰が言うとんねん」は確かにあるものの、言っている内容は分かるんです。

『えんとつ町のプペル』は、『テレビドラマの映画化』でもなければ、『テレビアニメの映画化』でもない、『絵本の映画化』なんです。

スタートの認知度が1桁、下手すりゃ2桁違うんです。
弱小も弱小なんですね。それは否めない。

今の時点では『ジブリ』の足元にも及びませんし、『鬼滅の刃』の相手にもされてないんです。
なので、アンチの人が言っている内容は正しいんです。

ただ、そんなことは、わざわざ言われなくても百も承知で、その上でチャレンジさせてもらっています。

チャレンジする以上、自分がどういう気持ちで臨んでようが、やっぱり比べられちゃうんですね。
そうすると、否が応でも、いろんな情報が入ってきて、その都度、自分達の弱小っぷりを思い知らされるんです。

で、やっぱり大手は大手の戦い方をするんですよ。

人気アニメの場合だと、『0巻商法』と言って、描き下ろしの作品を特典として映画チケットに付けたりする。
『ワンピース』だと150万部とか、今回の『鬼滅の刃』とかだと、450万部の「0巻」が特典として用意されたんです。

これに対して、批判の声もあったりします。

「特典で釣ってるじゃないか。正々堂々と映画で勝負しろ」的な。

でね……

ここが今日の話のメインなのですが、その時、そこで「そうだそうだ!ずるいぞ〜」と言っちゃうと、もうね、キリがないんですよ。

自分のステージが今より一つ上に上がったとしても、その上には、また別の大手がいて、その大手が「大手ならではの手」で襲ってくるんです。
もう、これがずっと続くんですよ。
そんなのにイチイチ不満を持っていたら、不満が無くなることは一生無い。

それに、「また、ズルイぞ!正々堂々とやれ!」という弱者の意見が通った試しなんて歴史上ないじゃないですか?

「天下統一をする!」と言う若者が槍を一本持って、大阪城の前で、「秀吉、出てこい。正々堂々と俺と一対一で勝負しろ!」と叫んだところで、秀吉からすると「なんで?」って話じゃないですか。

僕が秀吉なら「俺、結構頑張って、結果を出して、簡単に攻め込まれないように、深めの堀まで作ったのに、なんで、わざわざ一騎打ちしなきゃいけないの? それって、お前の方がズルくない?」と思います。

王者は生まれた時から王者なわけじゃなくて、戦いて勝ち抜いたから王者なわけで、その結果に対する恩恵はあって然るべきだと思うんですね。

先日もお話ししましたが、どこまでいっても「挑戦者の分が悪い」というのが勝負の世界の理だと思います。

今、この記事を読んでくださっている方の中に、挑戦者であり、弱者である人って結構いると思うんですね。
その中には、大手のやり方に対して「あのやり方はズルイ!」という疑問を持たれた方、もしくは、今現在持たれている方がいらっしゃると思います。

僕からのメッセージは、もうお察しかとは思いますが……「その感情は解決しないので、今この瞬間に捨てた方がいいと思います」です。

「それはそういうもんだ」と割り切らないと、いつまでも大阪城の前で、「秀吉、堀とか作ってねぇで、一騎打ちしろ〜」と叫んでいるうようなものなので、時間の無駄です。

その願いが叶うことなんて、絶対に無いので。

だって、貴方も結果を出して殿様になったら、城を作って、堀を作るでしょ?
それとも、せっかく結果を出したのに、城も作らず、50歳になっても60歳になっても、一騎打ちし続けます?
しないですよね。
それが勝負の世界のあるべき姿だと思います。

大手はズルくも何ともないです。
大手に対して「正々堂々とやれ!」なんて、虫が良すぎる話ですよ。

まずは大手の戦い方を肯定して、その上で、「弱者はどう挑んでいくのか?」を考える必要がある。

僕の場合は、今、映画『えんとつ町のプペル』を広める為にジョギング大会をしちゃっているのですが……もう、草の根運動すぎて、泣けてきちゃう。

でも、『えんとつ町のプペル』の0巻なんて用意できないんだから、やれるところから、やるしかないじゃないですか。

なんか決意表明みたいになりますが、僕、本当に頑張りますよ、今回。
今から映画公開の12月25日までは一睡もしない気でいます。まぁ、寝ますけどね。

なんか、弱者の戦い方を見て欲しいなぁと思っています。
それが、世の中にいる多くの弱者の励みになると、これほど嬉しいことはありません。
なので、メチャクチャ頑張ります。

今日は、「大手のやり方にケチをつけても仕方ないよね」というテーマでお話しさせていただきました。

最後に。

毎日毎日、映画公開に向けてドタバタ走り回っていたら、いろんな方から「西野。手伝うから、単刀直入に、手伝い方を教えて」と言っていただけるんですね。

なので、お伝えすると、僕は、映画『えんとつ町のプペル』のポスターを、お店や会社や学校に貼っていただけるのが一番嬉しいです。

映画『えんとつ町のプペル』のポスターデータはダウンロードできるようになっているので、それをダウンロードして、プリントアウトして、お店や会社や学校に貼っていただけると嬉しいです。

※ポスターデータはコチラから→https://poupelle.com/download.php
『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト
2020年12月25日公開『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト。製作総指揮・脚本・原作:西野亮廣×制作:STUDIO4℃!大人も泣ける大ヒット絵本、ついに映画化!
リンク
poupelle.com

僕は、「♯えんとつ町のプペル」でエゴサーチしまくっておりますので、もし、ポスターを貼ったことをツイートしてくださるのであれば、「♯えんとつ町のプペル」を付けてください。リツイートさせていただきます。

そんなこんなで、あらためまして、メチャクチャ頑張りますので、宜しくお願いします。

西野亮廣(キングコング)

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する
(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

土門キングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンライン下の西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送はいつもビンビン豚まつもと啓三郎さんの提供でお送りします松本さんどうもありがとうございますさて今日はですね朝7時からオンラインし他のメンバーさんとのジョギング大会が入っておりましてですねこのラジオはその前にとっているんでも感心して通夜でしてちょっと上手く喋れる気がしないので多少たどたどしくても甘やかしてくださいあの全国各地でやってるんですけども仕事前にサロンメンバーさんとのジョギングをするのかね楽しいんですよねなんかジョギング終わりはですね今日も一日頑張りましょうねとか言って解散するんですけど何だろうな糞みたいな表現で申し訳ないですけど シャキッとするんですねどうですか皆さんラジオ聞いたらジョギングってシャキッとするからいいですよっていう普通のことを堂々と言われてしまったキモチってどんなんですかただねほんとねシャキッとしていいんですよねなんか頑張ろうと思うんですよね明日も晴れてたらやろうかなまああの今日のジョギング終わりでその後のスケジュールは決めたいと思いますまぁ最近ジョギングにはまってますよっていうご報告ですよ さて江戸間日課のようになっておりますが毎度おなじみ近況報告からさせていただきますクラウドファンディングシルクハットないで募集させてもらっております西の黄色のライン講演会マーケティング講座上級編の受講者が5100名を突破しました僕発信のですねオンライン講演会は過去に2回ぐらいやらせてもらったんですけども何もですね1万人以上の方にご参加いただいたんですねただその時はですねコロナ緊急事態宣言中だったっていうのもあってですねあとは他社料金もそんなに安かったんですよねそういった諸々の事情が重なって一万人規模の公園か予報立て続けにやらせてもらったんですけども今回はまあそんな大規模にはならないだろうなと思ってたんですけども舛添にですね5100円を超える方が参加を表明してくださって感謝するとともにですね少し驚いております これ最終的に何人になるんですかねいやいや大切なのは人数じゃないだろうと思われる方もいらっしゃると思うんですけどもそれはもちろんのことね内容は大事だってなもちろんのことですねただ今回はですね人数もきちんとこだわりたいんですねでも今回の講演会っていうのは映画えんとつの町のプペルを広めるっていう目的もはらんでおりますんでそこは無視できないというとですねそういった作品の為になるからっていう下心がないとそもそも僕は講演会をしないんですねそんなこんなで西野亮廣オンラインマーケティング講座上級編をよろしくお願いします興味がある方ですねぜひクラウドファンディングシルクハット内の企画ページからご参加くださいさぁというわけでそんなこんなで本題に入りたいんですけども今日はですね弱者はですね今日者の選択を肯定することを決めないとやってられないよねみたいな話を したいと思うんですけどもやっぱり何と言ってもですね今僕はですね映画えんとつの町のプペルのことで頭がいっぱいなんですね最高の作品を作ることはもちろんのことを一人でも多くの方に届けるためにもう本当に毎日あれやこれやと頑張っても全国各地を飛び回ってるんですねやっぱり猫の発信しないと見つけてもらえないもんですからあの手この手でねここにいるよって言うことを発信しているわけですがそうするとですねなんだかなプペルなんて誰も知らねえよとか言われるんですねそれだけならまだしもですね なんか頑張ってるみたいだけどジブリの足元にも及びませんからとかきめつのやいばからするとそもそも相手にもしてませんからって言った感じでそもそもあなた達はどの立場から意見してんだよっていうこと言われるんですよジブリもきめつもあんた達が作ったんじゃないのっていうこと言われたですねその誰が言うとんねんは確かにありますよ確かに誰が言うとんねんって思うところあるんですけどもその言ってる内容ってなるんですよやっぱえんとつ町のプペルっていうのはテレビドラマの映画化でもなければテレビアニメの映画化でもない絵本の映画館での認知度がですね一桁二桁違うんですねそこはもう一切ないんですねやっぱり今の時点では 足元にも及びませんしきめつのやいばの相手にもされてないんですねなのでアンチの人が言ってる内容ってなったらしいんですよただそんなこともわざわざ言われなくても百も承知でそれでもチャレンジさせてもらっているって言うところですねでやっぱりでチャレンジする以上自分がどういう気持ちで望んでお金他は関係ないっていう気持ちで臨んで様がやっぱり比べられちゃうんですよそうするといやが応でもいろんな情報が入ってきてその都度ですね自分たちのですね何だろうな弱小ぶりを思い知らされるねやっぱりですね表の戦い方するんですよ人気アニメの場合だと0巻商法と言って書き下ろしの作品ですね特典として映画チケットにつけたりするワンピースだとこれがですね150万円とか今回寝鬼滅の刃とかだと確か400 南部の0巻が書き下ろしの0巻がですね特典として用意されたんですねでこれに対して批判の声もあったりするんですよ特典で釣ってるじゃないか正々堂々と映画で勝負しろみたいな毒蛇のやつ買ったりするんですよ今日の話のメイン がここなんですけどもその時音そこでそうだそうだずるいぞって僕が言っちゃうともうね気がないんですよいきりがないってなもし万が一ね自分のステージが今より一つ上に上がったとしてもその上にはまた別の大手がいてその大手が大手ならではの手で襲ってくるんですよもうこれが勝負の世界に飛び込んだ以上ずっと続くんですけどずっと自分よりも大手がいるんですよそれに対してねとずるいとか正々堂々とやれっていうのってそもそもそういった弱者の意見が通った試しなんて歴史上ないじゃないですか天下統一をするって言ってる若者なんですねやり一本持って大阪城の前で秀吉出てこいて正々堂々と俺と叫んだところで秀吉からするとなんでって話じゃないですか いや俺結構頑張って結婚結果出して簡単に攻め込まれないように深めの堀まで作ったのになんでわざわざ溢血点とあかんのそれちょっとお前の方がずれない僕が秀吉だったら思うんですねじゃあは生まれながら大謝名わけじゃなくて勝ち抜いたから王者になったわけでその結果に対する恩恵はあってしかるべきだと思うんですね先日もお話ししましたが今どこまで行っても挑戦したノブが悪いっていうのは勝負の世界の理だと思いますで今このラジオを聴きの形の中に挑戦者であり弱者である人って結構いると思うんですねその中には大手のやり方に対してのやり方ずるいっていう疑問を持たれた方もしくは今現在持たれている方がいらっしゃると思いますで僕からのメッセージはもうお察しかとは思いますが その感情は解決しないんで今この瞬間に捨てた方がいいと思いますっていうのが僕からのメッセージですそれはそういうもんだと割り切らないといつまでも大阪城の前で秀吉掘りとか本音で生きようと叫んでるようなもので時間の無駄なんですよその願いが叶うことなんて絶対に無いんだよだってあなたも結果を出して殿様になったら城作って堀創でしょそれともなんですかせっかく結果を出したのにしろも作らずに50歳になっても60歳になっても一騎打ちし続けますしないですよねそれが勝負の世界があるべき姿だと思いますでもなんともない店に対して正々堂々とやれなんて虫が良すぎるって話ですねまずは大手の戦い方を肯定してその上で弱者はどう挑んでいくのかを考える人があるね僕の場合は今映画ベルを広めるためにジョギング大会をしちゃってるんですけどももう草の根運動 泣けてきちゃうでも用意できないんだからやれるところしかやるしかないんですよなんか決意表明みたいになりますが僕本当に頑張りますよ今回今から映画公開の12月25日までは一睡もしないで今寝ますけども何かこういった弱者の戦い方が誰かの励みになるといいなと思っておりますそれでは素敵な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でしたじゃあまたねジョギング行ってきまーす

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる