芦田愛菜・窪田正孝が主演声優!!映画『えんとつ町のプペル』【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

芦田愛菜さんと窪田正孝さんを主演声優に選んだ理由

すでに情報をキャッチされている方もいらっしゃるかもしれませんが、映画『えんとつ町のプペル』の主演声優さんのキャスティング理由について、お話ししたいと思います。

僕の口から言うのは初めてなので、ちょっと口周りがモゾモゾしているのですが、発表します。

映画『えんとつ町のプペル』の主人公・煙突掃除屋の少年「ルビッチ」の声を担当してくださるのは、女優の芦田愛菜さんです。

そして、もう一人の主人公・ゴミ人間「プペル」の声を担当してくださるのは、俳優の窪田正孝さんです。

自分みたいな者が、こういった才能をキャスティングさせていただくなんて本当に恐れ多い話なのですが、本当に今回は快く受けてくださって、アフレコ収録の現場でも最高のパフォーマンスを披露していただきました。

本日、声優さん声も入った1分半の本予告(本気バージョンのCM)も公開されたので、是非、そちらでご確認いただきたいのですが、プペルとルビッチは、もう、このお二人以外考えらません。

ルビッチの声は、これぐらい怯えていて、だけど強く真っ直ぐで、ゴミ人間プペルの声は、これぐらい無垢で、汚れ知らずなんです。

「怖がりだけど、強い」というルビッチの声を出した芦田さんも、「ゴミ人間の声」という正解のない問題を綺麗に答えた窪田さんも、お二人とも本当に凄すぎる。

でもって、今日は、どうして、窪田さんと芦田さんにオファーを出させていただいたかをお話ししたいと思います。

もともと『えんとつ町のプペル』という物語は、声をあげて日本中から迫害を受けた僕の挑戦が下地になっている、すごく個人的な物語なんです。

ただ、僕は自分を特別な人間だとは思っていなくて、きっと、この世界のどこかには僕と同じ目に遭った人や、今現在、遭っている人がいると思ったんです。

であれば、僕に刺さる物語を書けば、僕に響く応援歌を書けば、その人に届くハズと考えて、世の中の流行りとかは一切無視して、全力で超個人的な物語と書いてみました。
それが『えんとつ町のプペル』です。

蓋を開けてみたら、世の中には(圧倒的に少数派ではありますが)僕と同じように、声をあげて笑われて、行動して叩かれた人がいて、それでも「負けるもんか」と希望を捨てずに挑戦を続けている人がいて、そういった方々に支持されて、絵本『えんとつ町のプペル』は50万部のヒットに恵まれました。

で、「そのままの勢いで映画!」という感じだったのですが、ここに来て、新型コロナウイルスが世界を襲いました。

100年に1度のウイルスによって、いろんな未来が潰されて、世界からは、夢や希望の類が全てなくなってしまって、もう誰も上を見れなくなってしまった。

それが奇しくも、黒い煙で覆われて、見上げることを知らない「えんとつ町」の状況と重なって…

そのあたりから、もともとは超個人的な話だった『えんとつ町のプペル』という作品が、別の意味を持ち始めてきたんです。

『えんとつ町のプペル』は見上げることを知らない町で、見上げる少年の物語です。
おそらく、いろんな人が、今年の自分を重ねて観ちゃうと思うんです。

僕もそうです。

僕は「それでも今年公開する!」って決めたんです。
「コロナで大変な時に、やる」と決めた。
すると、いろんな人から「無理だ」って言われたんですね。

すでに多くのファンを抱えている「鬼滅の刃」と「ポケモン」と少し先ですが「エヴァンゲリオン」は別枠で、それ以外の、それこそ僕らのような「絵本の映画化」という弱小チームには「今年は無理だ」という言葉が毎日飛んでくるんです。
「去年だったら、良かったのに」とか。

きっと、今、皆、こんな感じなんだと思います。

周りからも言われるし、もしかすると、「もうダメかもしれない」と思っちゃった人もいると思います。
そういう人たちが映画『えんとつ町のプペル』を観に来られる。

そこで、何を見せるかは非常に重要だと思っていて、劇中、「星なんてあるわけがない」「目を覚ませ」と言う町の人達に向かって、煙突掃除屋の少年のルビッチが勇気を振り絞って言い返すシーンがあるんですね。

その時のルビッチのセリフが、

「誰か見たのかよ。あの煙の向こう側を誰か見たのかよ。誰も見てないだろ? だったら、まだ分かんないじゃないか!」

という叫びなんですけど、このセリフには絶対に説得力が無いといけない。

なので、「ただ声のイメージが合う」というだけで声優さんを選ぶのではなくて、我慢していたものが爆発した時に、本当にそういうことを言いそうな人……つまり「ルビッチのような人」に声をお願いしようと思って、芦田愛菜さんにお声がけさせていただきました。

ゴミ人間・プペルも全く同じ理由です。

窪田さんのインタビューとか、あとはバラエティー番組の時の立ち振る舞いとかを見させてもらうと、やっぱり、圧倒的に優しくて、ピュアなんですね。

人を傷つける気配が1ミリも無い。

もちろんファンタジーなので演じなきゃいけないのですが、しかしながら、プペルなんて、演じすぎると嘘くさくなっちゃいそうじゃないですか?

ただ、今回の、この状況で公開されて、しかもある種の「後押ししてくれる感」を期待されている作品に、嘘があっちゃダメだと思うんです。
なので、「プペルのような人」を選ばせていただきました。

何度でも言いますが、このお二人で絶対に間違いないです
今、僕がお話ししたことが全て、「たしかにな」となると思います。

主演のお二人の声を聞いた皆様の感想をお聞きしたいので、本予告を見たあとは、是非、本予告のリンクを貼った上で、「♯えんとつ町のプペル」を入れて感想を呟いてください。

必ず全員の感想を読まさせていただきますし、時々、リツイートもさせていただきます。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

今日はですねもとってもとってもとっても大切な会なのでちょっといつもより丁寧に質問をちゃんと喋ってるつもりなんですけれどもいつもより丁寧に喋りたいと思いますそうですねまあすでに情報をキャッチされている方もいらっしゃるかもしれませんが映画えんとつ町のプペルの主演声優さんのキャスティング理由について今日はお話ししたいと思いますまああの僕の口から言うのは初めてなのでちょっと口周りは今モゾモゾモゾモゾしているんですけども発表しますね映画えんとつ町のプペルの主人公煙突掃除屋の少年ルビッチの法要 担当してくださるのは女優の芦田愛菜さんですそしてもう一人の主人公ゴミ人間プペルの声を担当してくださるのは俳優の窪田正孝さんですで自分みたいなものがねあの子いた才能ですねキャスティングさせていただくなんて本当にね恐れ多い話なんですけども本当に今回はですねお二方とも本当に快く受けてくださってアフレコ収録の現場でも最高のパフォーマンスを披露してくださいましたもうねすごかったあのブースに居てるこっち側のスタッフがもう泣いちゃったほどですもう本当にさすがだねって皮膚感じでしたよねあの本日声優さんの声も入ったですね日本版予告という本気バージョンの CM も公開されたので当方さんのですね公式 YouTube チャンネルの方で本気バージョン これは HYDE さんの曲が入りの声優さんの声が入りのストーリーのなんとなくの管理が入りの最後ロザリーナの曲が入りのでも笑顔をちょっと見たくなるようなんですね1分半の CM が公開されたので是非そちらでご確認頂きたいんですけどももう寝とるビッチは芦田愛菜さんと窪田正孝さん以外考えられない本当にこの二人以外は考えられないあのソーナンスよるビッチの声ってやっぱこれぐらい怯えていてだけど強くて真っ直ぐでゴミ人間プペルの声はこれぐらい無垢で汚れ知らずなんですねやっぱり怖がりだけど強いっていうですねルビーの声を出した芦田さんもゴミ人間の声という正解のない問題に対して綺麗に答えた 牡丹山も本当にね凄すぎるんですよこれができるって本当にすごいこの後本洋服で絶対にこのお二人の子様ですね聞いていただきたいなと思うんですけども今日はですねどうして久保田さんと明日3人を出させていただいたのかっていう部分についてお話ししたいと思いますえっとですねもともとえんとつ町のプペルっていう物語は声を上げて日本中から迫害を受けた僕の挑戦がですねまあ下地になっている動くなんだろうな個人的な物語なんですね ただ僕は自分をやっぱり特別な人間だとは思っていなくてきっとねこの世界のどこかには僕と同じ目に遭った人や今現在ねそうやって挑戦して叩かれて笑われて足引っ張られてっていうそういう目に遭っている人がいると思ったんですねであればであれば僕に支えるものを書けば僕に響く応援歌をかけばその人に届くはずと考えてねで世の中の流行りとかは無視して本当にそれが世の中の流れとか2時とか一切無視して全力で超個人的な物語を書いてみましたそれが煙突のトップレスでね蓋を開けてみたらですねやっぱ世の中には圧倒的に少数派ではありますが少数派でありますが僕と同じようにですね声をあげて笑われて行動して叩かれた人がいてですね それでも負けるもんかと希望を捨てずに挑戦を続けている人がいてそういった方々に支持されて絵本えんとつ町のプペルっていうのは50万本のヒットに恵まれたんですねそのままの勢いで映画っていう感じだったんですけどもまあここに来て新型コロナウイルスが世界を襲ったと 百年に一度のウイルスによって音色未来が潰されていろんな挑戦が潰されて世界からは夢とか希望の類が全てなくなってしまってもう誰も上を見れなくなっちゃったそれが奇しくもんですね黒い煙で覆われて見上げることを知らない煙突町の状況と重なってその辺りからですかねもともとはですね超個人的な話だった煙突町のプペルという作品はですね別の意味を持ち始めてきたんですねと見上げることを知らない街で見上げる少年の物語ですおそらくいろんな人がですね世の中だかですね今年の自分を重ねてこの少年の物語を見ちゃうと思うねあの僕もそうです僕もですねそれでも今年公開するって決めたんですよ転んで大変な時にやる来年にやりますかっていう選択肢もあったんですいやいや今年やりますって言ってみんなが 大変な時に僕も大変な思いしてそこ挑戦するって決めたんですねそれとですねやっぱいろんな人からまあ無理だ無理だって言われたんですねすでに多くのファンを抱えているそれこそきめつのやいばとかポケモンとか少し先ですがエヴァンゲリオンとかそういったもので各でそれ以外のそれこそ僕らのような絵本の映画っていう弱小チームおいて飛ぶような弱小チームですね今年は無理だって言う言葉がですねこういった弱小チームですね毎日飛んでくるんですよ去年だったらよかったのにとかコロナがなかったらねみたいなことを毎日毎日無理だ無理だって言われるんですね今みんなこんな感じなんだと思います周りからも言われるしもしかしてるとえもうだめかもしれないって思っちゃった人もいるかもしれない でそういった方々が8つ町のプペルを見に来られるとそこで何を見せるかっていうのは非常に重要だと思っていて劇中ね星なんてあるわけがない名様せっていう街の人たちに向かってそんな嘘だ嘘だとあるわけない馬鹿じゃないのみたいなことを言う街の人たちに向かって煙突掃除屋の少年の家がですね勇気を振り絞って言い返す心があるんですね普段なんだろうな大人しいというか人前にも出れないようなうじうじしてる少年なんですけどもその少年との我慢が限界に帰っちゃうシーンがあるんですよそこのルビーくんの台詞がですね誰か見たのかなあの煙の向こう側を誰か見たのかな誰も見てないだろだったらまだわかんないじゃないかっていう叫びなんですけどもこのセリフには絶対に説得力がないといけないと思うんですね なので声のイメージがただ会うって言うだけで声優佐和選ぶのではなくて我慢していたものが爆発した時に本当にねそういうこと言いそうな人つまりルビッチのような人に声をお願いしようと思ってですね芦田愛菜さんにお声かけさせていただきましたゴミ人間も全く同じ理由なんです久保田さんのインタビューとかあとはバラエティ番組の時の立ち振る舞いとかを見させてもらうとやっぱり久保田さんて圧倒的に優しくてピュアなんですね人を傷つける気配が1ミリもないもちろんねあの演じなきゃいけないんですよしかしながら打ってるなんて園児すぎると臭くなっちゃいそうじゃないですか嘘くさくなっちゃいそうなんか 今回のこの状況で公開されてしかもあるのですね後押ししてくれる感みたいなものを期待されている作品に嘘があったと思うんですねなので8部ベルベルのような人を選ばせていただきましたで何とでも言いますがこの二人で絶対に間違いないこんなに間違いないと思ったことはない本当にもうボトルビッチは久保田さんと明日3で絶対に間違えないでリンクを貼っておきますのでこの後で報告をご覧下さい今僕がお話したこと全て確かになると思います週の二人の声を聞いた皆様の感想をお聞きしたいので本予告を見た後はですねぜひですね本予告のリンクを貼った上で箸を入れて感想をつぶやいてもらえると嬉しいです必ずですね 全員の感想読ませて頂きますし時々リツイートもさせて頂きます翻訳のリンクを貼った上で走った国と単色ベロ入れてくださいというわけで映画えんとつ町のプペルの本予告をご覧ください美女キングコングの西野亮廣でしたそれでは素敵な1日をお過ごし下さいじゃまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる