いときんサン(ET―KING)と『えんとつ町のプペル』【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

二度目は迎えない

一昨日、YouTubeの生配信で喋ったのですが、1時間半ほどタラタラと喋った中の一つのテーマで、その箇所を探していただくのも大変ですし、、「あらためてお話してください」というリクエストもいただいたので、今日は、こんな話をしたいと思います。

23〜4歳の頃から6年ほど、『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』(日本テレビ)という音楽番組のMCをやらせてもらいました。

まだまだ生意気盛りだし、自分の手柄が欲しくてたまらない時期です。
そんな中でも、ゲストに出てくださったアーティストさんがいちいち優しくて、そこからの繋がりで、番組でご一緒させていただいたアーティストの皆様には色々と可愛がっていただきました。

強く印象に残っている人が何人かいて、そのうちの一人がET-KINGのいときんサンです。

「帰り道の橋の上から、いつも見かける真っ黒な鯉に『ベンツ』という名前を付けたんですが、僕は、いつか、あのベンツを釣り上げてみせますよ!」という本当にどうでもいい話を熱っぽくされたので(笑)、
「真っ直ぐな目で何を言うてるんですか?」と突っ込んだら、顔をクシャクシャにして、なんか泣いている赤ちゃんみたいな顔で笑われて、その顔が何故かメチャクチャ印象に残ったんです。

黙ってたら、大阪の怖い兄ちゃんなんですが(まぁ、それを言ったらET-KINGの皆さん、そうですが)笑うと、とびっきりキュート。
そして、とにかくよく笑っていらっしゃって、笑い方も文字にすると「ガハハハ」で、漫画に出てくるキャラクターみたいな人だったんです。

ここで『えんとつ町のプペル』の話になりますが、『えんとつ町のプペル』という物語の軸になっている人物は、いわゆる主人公とされているゴミ人間の「プペル」でも、煙突掃除屋の「ルビッチ君」でもなくて、「ルビッチ」の父親の「ブルーノさん」です。

彼が、黒い煙に覆われて、星空を知らない、見上げることを知らない『えんとつ町』の中で一番最初に「あの煙の上に星はある」と言ったんです。

今度(12月25日公開)の映画で全てが明らかになりますが、『えんとつ町のプペル』はブルーノが残したその言葉を笑う町と、その言葉を信じて走るゴミ人間と煙突掃除屋の物語なんです。

でね。

ブルーノの台詞を書く時や、ブルーノのビジュアルを決める時に、やっぱり、「星を知らない町で『星がある』と大声で言う人って、どんな人だろう?」って考えるんです。

その時に、頭に出てきたのが「立川志の輔師匠」と「いときんサン」でした。

今日は「いときんサン」の話です。

彼なら、皆には震える膝を隠して、「星がある」「見上げよう」という、ともすれば恥ずかしい台詞を、大声で言ってくれそうな気がしました。
なので、いときんサンを勝手にブルーノのモデルにさせていただいたんです。

キャラクターのビジュアルのモデルが誰かなんて、誰かに聞かれるまで話す機会もないので、これまで誰にも話してこなかったのですが……

3日ほど前です。

映画『えんとつ町のプペル』のプロモーションの件で、とある商店街とコラボをする話になりまして、打ち合わせを進めていたら、「西野さん、お久しぶりです」と言われたんです。

ZOOM会議で画面も暗かったものですから、すぐに分からなかったのですが、正体は、ET-KINGのマネージャーさんでした。。

僕、あまりにもビックリして、10秒ぐらい黙っちゃいました。

マネージャーさんが、「ET-KINGチームで応援できることがあれば、メンバーを口説いて、なんでもやりますよ!」と言ってくださって、「ああ、これはキチンと話す機会だな」と思い、
今回の物語の主人公であるブルーノのモデルが「いときん」サンであるということ、
脚本執筆中に、ET-KINGさんの「さよならまたな」を何度も何度も聴いていたことを、
お伝えさせていただきました。

ET-KINGさんの「さよならまたな」を今あらためて聴いていただきたいのですが、あの歌詞、そのまま『えんとつ町のプペル』なんです。

ブルーノのモデルが「いときんサン」なんて誰にも言ってなかったんですよ。
神様がくれた魔法なのか、いときんサンのしぶとさなのか、「このタイミングで繋がるかぁ」と思いましてね。

「余命半年」と宣告されてから半年後のライブで、いときんサンがお客さんに向けて「生きろよ」と声をかけられていて、僕、それに本当に励まされたんです。

あんまり喋ると泣きそうになっちゃうから、このへんにしときますが、「人は2度死ぬ」とよく言われるじゃないですか?

一度目は肉体の死。
二度目は皆の記憶の中から忘れられた時に迎える死。

マネージャーさんとお話しさせていただいた夜、ET-KINGのメンバーのセンコウさんから御連絡いただいて、「西野君。ホンマありがとう。ホンマにありがとう」と何度も何度も何度も言われて、その言葉を聴いた時に、
なんとしてでも、映画『えんとつ町のプペル』を一人でも多くの人に届けて、いときんサンの二度目の死は絶対に迎えさせないと決めました。

10月20日に、映画『えんとつ町のプペル』の本予告と呼ばれる1分30秒のCMが公開されます。
そのCMにはブルーノも出てくるんですね。

そこでブルーノを見てください。
見る人が見たら、ブルーノが誰をモデルにして生まれたキャラクターなのかが、すぐに分かると思います。
あきらかに、いときんサンなので(笑)

センコウさんにはコッソリお見せしたのですが、「いときんがおるやん!」と笑われました。

ブルーノは、法被を着て、カンカン帽を被っています(笑)

10月20日の公開をお楽しみに。

あたらめて、いときんサンは「忘れて欲しくない人」なので、映画『えんとつ町のプペル』はメチャクチャ頑張って届けますので、宜しくお願いいたします。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

おとといですね YouTube の生配信で喋ったんですけども一時間半ほどをタラタラとしゃべった中の一つのテーマでもその部分お姉さん貸していただくのもまあ大変だしですね改めてお話ししてくださいっていうリクエストも沢山頂いたので今日はこんな話をしたいと思いますと遡ることあるんだけど23の頃だと思うんですけどもその頃からですね音楽戦士 Music FIGHTER という日本テレビの音楽番組の MC をですね6年ほどやらせていただいたんですねまだまだねもう20台ですからまなまいきざかりですし自分の手柄が欲しくてたまらない きだと思うんですねそんな中でもゲストで来てくださったって言っとさんがもういちいち優しくてそこからのつながりで番組でご一緒させていただいたアーティストの皆様にはですねまいろいろと可愛がっていただいたんですねで強く印象に残っている人が何書いてそのうちの一人が et-king さんなんですね確かねなんかねあの帰り道の橋の上からいつも見かける真っ黒な恋にベンツっていう名前をつけたらしくてはいつかあのベンツを釣り上げで見せるって言うそのどうでもいい話ですねすごい熱っぽくねあのイトキンさんにされたんでねいやまっすぐな目で何を言うてるんですかって突っ込んだらもう顔をくしゃくしゃにしてなんか泣いてる赤ちゃんみたいな顔で笑われてでねその時のその顔がもなぜかでめっちゃくちゃ印象に残ったんですよあの可愛い感じで払うんですよあの黙ってたらほらあの大阪のこえ兄ちゃんじゃないですかそれ言ったら et-king 黙ってたら怖いかなと思うんですけども笑うともそれが全部吹っ飛んでですねもうほんと可愛い女先輩に来ようね言うのあれですけどもほんと可愛い顔で笑われてもねーしかもとにかくよく笑ってらっしゃってその笑い方もなんか文字にするとがははははみたいな昔の猛暑の中とかに出てくる親父みたいなそういう子キャラクターだったんですねここでえんとつ町のプペルの話になりますが映画えんとつ町のプペルという物語の軸になっている人物はですね言われる主人公とされているゴミ人間のプペルでもですね煙突掃除屋ノルディックんでもなくてぐっち君の父親のブルーの3という形なんですね 家のブルーのさんっていう子の形がですね映画えんとつの町のプペルの主要人物であると思うメインのドメインど真ん中の人物であると彼がですね黒い煙に覆われて星空を知らない見上げることを知らない煙突の中で一番最初にあの煙の上には星があるって言ったんですよで今度の映画ですべてが明らかになりますがえんとつの町のプペルというのはこのブルーのが残したその言葉を笑う町と一方でその言葉を信じて走るゴミ人間と煙突掃除屋の物語なんですねでねブルーノのそのブルーのセリフを書く時とかあ W 乗るのビジュアルすごい大事なアニメーションですからビジュアル非常にどういう見た目以上に重要なんでこのブルーのビジュアルを決める時にやっぱりね星を ない街で星があるって覚えている人ってどんな人だろうって考えるんですねその時に頭に出てきたのが立川志の輔師匠とイトキンさんでした今日はイトキンさんの話ですまああのイトキンさんならね彼ならみんなには震える膝を隠して星があると紙あげようっていうモデルは恥ずかしいセリフを大声で言ってくれそうな気がしたんですねなので勝手にですねブルーのモデルにさせていただきましたでねキャラクターのなんだろビジュアルのモデルが誰かなんてそんなもん誰かに聞かれるまで話す機会もないのでこれまでこの話って誰にも話してこなかったんですけども3日ほど前ですね映画にとつまってるのママプロモーションの件ですねとある商店街さんとコラボする話になり して打ち合わせを進めていたらですねお久しぶりですって言われたんですよ何か言ってたんですけどもその後ろの方での会議で画面を買ったもんですからすぐには分からなかったんですけどもそれが et-king の真似 僕あんまりにもびっくりして10秒ぐらい溜まっちゃったんですよあの本当に来じゃいやまさかそんなところに et-king さん マネージャーのいらっしゃると思わないしほんとびっくりしたんですねでマネージャーさんがあの et-king できることがあればもうメンバーくれても何でもやりますよって言ってくださってきちんと話す機会だなーと思って今回の物語の主人公であるブルーのモデルがイトキンさんであるということとそして脚本執筆中に et-king またなおも何度も何度も聞いていたことを伝えしたんですね今ねその et-king さんの またなお今改めて聴いて頂きたいんですけどもあの歌詞そのままえんとつの町のプペル何です でブルーナのモデルがイトキンさんなんて誰にも言ってなかったんですよねこれはそれこそ本当神様がくれた魔法7回と銀さんのしぶとさなのか このタイミングで繋がるかと思いましてねその書いてるときねあのま執筆してる時その煙突まで食べろっていう物語はまだどうなるかわかんない時ですよねあの余命半年と宣告されて半年後のライブでイトキンさんがお客さんに向けて生きろよって声をかけられていて僕それに本当に励まされたんですねであんまり喋ると泣きそうなっちゃうからまあこのへんにしときますが人は二度死ぬとかよく言うじゃないですかあの一度目は肉体の死で二度目はみんなの記憶の中から忘れられた時に迎えるしまみんなが忘れた時に迎えよろしいですね でもマネージャーさんとお話しさせていただいた夜寝鬼キングのメンバーのですね先行さんから西岡ほんまにありがとほんまにありがとうっても何度も何度も何度も言われてご連絡頂いてね本当に何度も何度もありがとうって言われて その言葉聞いた時になんとしてでもえんとつの町のプペルを一人でも多くの方に届けてイトキンさんの2度目の子は持ってったにむかいさせないって決めました結構僕は決めたら強いんであの車も得意なんであのもココアもやるって言う事ですねその夜は強く決めましたよねあの10月の20日にですね映画えんとつの町のプペルの本名国と呼ばれる1分版の CM が公開されるんですね父さんの YouTube 公式 YouTube チャンネルの方で公開されると思いますもちろんその時には映画館のでも流れてますその CM にはですね声優さんの発表もあって声優さんの声なんかも入ってるんですけどもそこにはですねブルーのも出てくるんですねすごいいい場所でブルーのも出てくるんですそこでブルーのを見てください見る人が あらブルーの彼をモデルにして生まれたキャラクターなのかがすぐ分かると思います明らかに営んで何よりでしたんですけどもお金が終わりましたブルーのハッピーをかぶってます10月20日を楽しみにというとこなのでよろしくお願いいたしますお話しさせていただきましたですね西野亮廣が手掛けているためビジネスねん文字起こしておりますまあ今はもうなんといっても今年の12 月25日の公開に向けて映画公開に向けですねあれと仕掛けておりますんで興味がある方は覗いてみて下さいそれでは素敵な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でしたじゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる