7時間44分で2000万円が集まった話【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

もう、人としては生きていけない

昨日、スタートしたクラウドファンディング「西野亮廣×鴨頭嘉人コラボ講演 ~夢とエンタメで世界を変えていこう~」が、プロジェクト立ち上げから7時間44分で、目標金額の2000万円を突破しました。
たくさんのご支援、本当にありがとうございます。

【西野亮廣×鴨頭嘉人】
https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2037
#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 西野亮廣 × 鴨頭嘉人コラボ講演 〜夢とエンタメで世界を変えていこう〜│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
今、不要不急という言葉が私たちの周りでささやかれています。まるで、「死んだように生きよう」みたいなこの世の中を何とかしてひっくり返したい❗“夢と希望とエンタメ”で未来を切り開きたい❗そんな、【綺麗事を全力で語りまくる講演会】を開催します❗会場に来れない方は、オンライン視聴が可能です。※今回のチケット収益は全て子供たちの映画『えんとつ町のプペル』…
リンク
silkhat.yoshimoto.co.jp

知らない方の為に、このプロジェクトの概要をあらためて御説明させていただきます。

こちらは、YouTube講演家の鴨頭嘉人さんとチーム鴨頭の皆さんが仕掛けてくださった、言わば「西野亮廣応援企画」でして……僕と鴨頭さんのコラボ講演を、なんと3週間後に東京国際フォーラムでおこなうのですが、なんとなんと、その収益を全額、映画『えんとつ町のプペル』のチケットの購入代金にあてて、そのチケットを子供達にプレゼントしてくださるというのです。
もう、とんでもない規模の支援なんです。

昨日は丸一日、映画のアフレコ収録がありまして、その合間合間でスマホをチラチラと見ながら、今回のクラファンの動きを追わせていただいたのですが……Twitterのタイムラインを見ると、チーム鴨頭の皆さんが一丸となって、「行け〜!」といった感じで、応援してくださっているんです。

もう一度言いますが、これは自分達の為にやっているわけではなくて、動機は「今回は西野亮廣を勝たせる」の一点なんです。

本当はお一人お一人に会いに行って、キチンを御礼しなきゃいけないところなのですが、映画制作が佳境に入っていて、今はどうしても現場を離れられなくて……なので心の中で「ありがとうございます」と言って、スマホを閉じ、また映画制作に戻りました。

今、チーム鴨頭の皆さんをはじめ、本当にたくさんの人が映画『えんとつ町のプペル』を、そして『西野亮廣』を応援してくださっています。

一度、『♯えんとつ町のプペル』でエゴサーチしてみてください。今、応援の輪が本当に、すごいことになっているので。

昨日もお話ししたのですが、今年は皆大変です。
100年に一度のウイルスに襲われて、僕らは今日も溺れそうになりながら、その乗り越え方を探している。
皆、不安で不安で仕方ないと思うんです。
自分のことでやらなくちゃいけないことがまだまだある。

そんな中、僕の挑戦にその大切な時間を分けてくれて、「西野、頑張れ〜」と言ってくださっている。

本当に本当にありがたいし、罪深いなぁと思っています。

よく、映画制作の現場で、監督が怒鳴り散らしてたりするじゃないですか?
…というか、監督って、なんか怒ってますよね?
前にある椅子を蹴ってるイメージありません(笑)?

僕、身体がナヨナヨしているので、怒鳴ったり、モノに当たったりしても似合わないから、ああいう表現はしないのですが、
あの「怒り」は、すごくよく分かります。

これは、映画に限らず、リーダーと呼ばれる人や、経営者もそうだと思います。

「怒鳴りちらすのは人としてどうなんだ?」という真っ当なご意見もありますが(超わかるよ!)、しかし一方で、リーダーは、この背景、このセリフ、この音楽、このワンシーンを存在させる為に、どれだけの人が動いてくださったか、そして、動いてくださった方々の顔かを常に想像しています。
その人達が、どれだけのものを犠牲にしてくれたかを知っているんです。

僕はありがたいことに「一緒に働きたい」という声をよくいただいて、それこそサロン内で学生インターンを募集すると、毎回、一瞬で数百人の応募がくるんです。

でも、彼らに、よく言うんです。

「その程度の覚悟なら、僕に近寄って来ないでくれ。そのペースで走りたいのであれば、僕の隣なんかよりも、もっともっと居心地の良い場所がある」

僕はあなたの首根っこを掴まえて、「僕の隣で働け」とは絶対に言わないんですね。
「他所でやります」と言われても、一切引きとめない。どうぞどうぞ。

ただ、あなたの意思で、「西野の隣で働く」というのであれば、覚悟は決めて欲しい。

1000時間かけようが、それがツマラナイものであれば、僕は1秒でゴミ箱に捨てます。
恨むのなら、好きなだけ恨んでもらって構いません。
ただし、恨む相手を間違っちゃいけない。

ここは「これだけ頑張ったのに」が通用する世界じゃない。
一番悪いのは、1000時間かけているのにツマラナイものしか作れない自分です。
「恨むなら、自分の弱さを恨め」といったところです。

時々、僕は、見る人が見れば「血も涙もないような判断」をする場合があります。

それこそ、「これ、デモなんですけど」といってあげてきてくださった時に、それが、たとえ完成度でいうと10%程度であろうが、そこには、その人が今回の仕事にかけている想い・姿勢が全部出るじゃないですか。

そこで、流れ作業のようなものを出してこられる方とは、もっというと血の匂いがしない方とは、僕、二度と仕事をしないんです。
もう二度と会わない。

理由は、その人が可愛そうだから。
ここは、そんな人が生きられる世界じゃない。

そして、何より、この背景、このセリフ、この音楽、このワンシーンを存在させる為に、どれだけの人が動いて、どれだけのお金が動いて、どれだけ人が、ここに立ちたくても立てなかったを知っているからです。

応援されればされるほど、現場では人としていられなくなって、鬼みたいになっちゃうんですけど、でも、ここは、そういう世界なので、それでいいと思っています。

この話を聞いて、「上等じゃねぇか」という方がいらっしゃいましたら、株式会社NISHINOのインターンを受けるか、もしくは、ウチの若手社員やインターン生から話を聞いて見てください。

本気でエンタメをやる気があるのであれば、この上ない環境であることは間違いないです。

ただ、「同い年で、せめて日本一ぐらいはとっとけよ。みっともねぇな」という領域での打ち合いになるので、参加されるのであれば、それぐらいの感じでお願いします。

なんじゃかんじゃで、すっかり徹夜になっちゃったのですが、今日はスタートが早くて、これからもうアフレコ収録です。

頑張ってきます。
あなたも頑張って。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishinohttps://salon.jp/nishino


 

今日ですねもう人としては生きていくことはできないっていう凄い電話でお話ししたいと思います。

えっとですねあの一番取材にタイトルの方にもありますが昨日ねあのスタートしたクラウドファンディング西野亮廣をかける鴨頭嘉人コラボ講演夢とエンタメで世界を変えていこうがですねとプロジェクト立ち上げから7時間44文で目標金額の2000万円を突破しました。

たくさんのご支援本当にありがとうございますあやのクラウドファンディングの方はね引き続き やっておりますのでぜひ覗いてみてください。

えっとですねまあ知らない方のためにこのプロジェクトの概要を改めてご説明させていただこうと思うんですけども。

えーこちらもですね YouTube 講演家の鴨頭嘉人さんとですねチーム鴨頭の皆さんが仕掛けてくださった。

今はですね西野亮廣応援企画でして北利根鴨頭さんのコラボ講演をなんとなんとですよ3週間後に3週間も来てるんですけど3週間弱後にですね東京国際フォーラムで欲しいんですけれどもその収益を全額の映画えんとつ町のプペルのチケットの購入代金に当ててそのチケットを子供達にプレゼントしちゃうっていうものですね。

もうねとんでもない規模の私怨なんですよ。

その東京国際フォーラムで行う講演会の駅全部 岐阜っていう漢字なんでとんでもない規模の神であると昨日ね僕は丸1日映画のアフレコ収録ででその合間合間でねスマホをちらちらちらちらとトイレ行く隙間をぬったりしながらですね今回の音クラファンの動きを負わせていただいたんですけども。

まあね Twitter のタイムラインを見てももうねチーム陸も頭の皆さんがも一丸となっていけっていう感じで応援してくださってるんですねこれもう一度いますがこれは自分たちのためにやっているわけじゃなくて時はですね今回は西野亮廣勝たせるの一点なんですね。

すごいことじゃないですか。

ほんとはねお一人お一人に会いに行ってもきちんと僕俺をしなきゃいけないところなんですけれども今本当に映画制作が佳境に入っていてですねどうしても現場を離れられなくて。

だから心の中でも本当にありがとうございますありがとうございますって言ってもうスマホを閉じて。

またね映画制作に戻るわけですがチームかもがしらの皆さんをはじめねいま本当にたくさんの人が映画えんとつ町のプペルを通してですね西野亮廣を応援して下さっています。

一度ハッシュタグえんとつ町のプペルで Twitter でエゴサーチしてみてください。

今応援の本当に本当に広がっていってすごいことになってるんだよ。

昨日もお話ししたんですけれども今年は特にもうみんな大変じゃないですか。

100年に1度のウイルスに襲われて僕らは今日も そうになりながらその乗り越え方を探していてもみんな不安で不安で仕方ないと思うんですね。

自分のことでやらなくちゃいけないことがまだまだあるそんな中僕の挑戦にねそんな大切な時間をあけてくれて。

西野がんばれって言ってくださってるもう本当に本当にありがたい市一方で罪深いなと思ってます。

よくね映画製作の現場のなんかこうドキュメントとかで監督さんがこう怒鳴り散らしたりしてるじゃないですか。

なんか怒ってますよねなんかないですか。

監督どころか舞台の演出家もそんなことある意味ですか僕はこうなるんで怒鳴ったりだとか物に当たったりしても似合わないからああいう表現はしないんですがあの怒りはあのすごくわかるんです。

今になってわかるっていう言い方のほうが正しいかもしんないですね。

これらに限らずリーダーと呼ばれる人や経営者さんもそうだと思いますがあの怒鳴り散らすのは人としてどうなんだっていう大人なんだからもうちょっとあの言い方あるだろうみたいなそういったご意見もあると思うんですね。

遠いけどが正しいのかもしれない人としてはね。

ただ一方でねリーダーと呼ばれる立場にいる人はですねこの背景このセリフこの音楽 のワンシーンを存在させるためにどれだけの人が動いてくださったからそして動いてくださった方々の顔が想像できるんですよ。

その人たちがどれだけのものを犠牲にしてくれたっていうことを知っているんですね。

僕もありがたいことにと一緒に働きたいっていう声をよく頂いていてそれこそね毎回あのサロン内で学生インターンを募集するんですけども大体募集するとですねもうすぐ2ですね1日でも何百人もの応募が来るんですね。

でもねやっぱねえーとまま各センターに限らずですが一緒に仕事したいって言ってくださる方にまあよく言う言葉があって何かって言うとその程度の覚悟なら僕に家帰ってこないでくれそのペースで走りたいのであれば僕の隣なんかよりももっともっとあなたは動く 家のいい場所があるって言うことをお伝えするんですね。

僕はくれぐれもねうんとあなたは首根っこを捕まえて僕の隣で働けとはやっぱ絶対に言わないんですね。

予想でやりますって言われても一切認めないしどうぞどうぞ出しどうぞよそでやってくださいだし。

ただあなたの意思で西野の隣で働くって言うのであれば覚悟は決めてくれよっていうところはありますね。

ません時間かけようがそれがつまらないものであれば1秒でボツにするんで僕はでこんときにも裏もならね好きなだけを選んでもらって構わないんですよ。

ただ占いでも間違っちゃいけないココアですねこれだけ頑張ったのにが通用する世界じゃないんで。

一番悪いのは1000時間かけているのにつまらないものしか作れない自分ですね。

恨むなら自分の弱さを恨めといったところ。

お前のこれまで過ごしてきた時間骨が変形するまで不良に切らなかった。

お前の過去のこれまでの時間でなんか走行ちゃんと整理しなきゃいけないなと思います。

時々僕はですね見る人が見たらですねもう血も涙もないような判断を下す場合があるんですね。

それこそなんだろうなこれでもなんですけどって言って でもデモテープみたいなものあげて来てくださった時にですねそれが例えね完成度で言うと10%程度であろうがそこにはですねその人が今回の仕事にかけて重い姿勢が全部出るわけじゃないんですか。

10%であろうとそこで流れ作業のようなものを出して来られる方とはもっと言うと血のにおいがしない方とは僕ね二度と仕事しないですよ。

だってその人が可哀想だから。

ここはその人が僕の周りはそういう人が生きられる世界じゃないから。

そして何よりねこの背景このセリフこの音楽このワンシーンを存在させるためにどれだけの人が動いてどれだけのお金が動いてどれだけの人がここに立ちたくても立てなかったかっていうことは知ってるからね。

やっぱりそういう人と仕事するわ無理なんですね。

応援されればされるほど現場では人としていられなくなっていても鬼みたいになっちゃうんですけどでもここは そういう世界なのでそれでいいのかなと思っております。

この話を聞いてねも上等じゃねーかっていう方がいらっしゃいましたが株式会社西野のインターンを受けるか。

もしくはうちの若手社員とかインターン生から話を聞いてみてください。

本気でね本気でやる気があるのであれば多分ね株式会社西野以上にね良い環境ってね多分ないと思います。

僕これは既婚断言できるかなこの上ない環境であることは間違いないですよ。

インターン生だろうとも3000万円バタバタされて。

はいこれでなんか開発してください。

これで結果出してくださいみたいなこと言われるんで。

この上ない環境であることは間違いない。

ただ同い年でせめて日本一ぐらい取っとけよみっともねえなっていう風になるんで参加されるのであればそれぐらいの感じでお願いしますって言ったところですね。

まあなんじゃかんじゃで今日はですねもうすっかりたので今日はスタートが速くて。

もう今からですねアフレコ収録なんですが 行きますんであなたも頑張ってというところでございます。

というわけですねもう人として生きていくのはできないよって話をさせていただきました。

それでは素敵な1日をお過ごしください。

キングコングの西野亮廣でした。

じゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる