品川庄司の品川さんを見て欲しい【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

あの人は本当にヤバイ。。

本題に入る前に、近況報告です。

昨日、映画『えんとつ町のプペル』の主演お二人のアフレコ収録が終わりました。

https://nishino.thebase.in/items/3190857
えんとつ町のプペル | キンコン西野のサイン本屋さん powered by BASE
nishino.thebase.in
2,500円
商品を見る

誰が主演なのかはここではまだ言えませんが、お二人をキャスティングさせていただいた理由について少しお話ししたいと思います。

言うまでもありませんが、今年、2020年は世界中が不安に包まれた年で、少なくとも僕の人生の中では、ここまで世界から夢や希望が奪われた年は初めてです。

奇しくも、この状況というのが、星を知らない(星が見えない)「えんとつ町」とダブっていて、厳しい戦いになることは百も承知で、それでもやっぱりこの作品は今年公開するべき作品だと思いました。

そんな中、頭の上を覆った煙を突き破って星を見せてくれる主人公の煙突掃除屋の「ルビッチ」と、ゴミ人間の「プペル」を背負ってくれる俳優さんは、単純に「声が合う」という理由だけじゃなくて、その人自身が、そういう芯の強さを持った人じゃないと、お客さんには刺さらないだろうなぁと思って、今回のお二人にお声がけさせていただきました。

まもなく映画『えんとつ町のプペル』の声優陣が発表されると思うので、この話を覚えておいていただけると嬉しいです。

「ああ、なるほどな」となるでしょうし、「この人、以外考えられないな」というキャスティングになっています。

アフレコ収録でお二人の第一声を聞いた瞬間に、ブースの外側にいるスタッフ全員がガッツポーズをしました。

「この人で間違いない」という確信です。

まもなく発表になるので、お楽しみに。

そして、作品の制作はいよいよ大詰めに入りましたので、1ミリの悔いも残さないように、頑張ります。

さて。
そんな中、昨日、アフレコ収録終わりに、「スナック西野」の収録がありました。

https://m.youtube.com/sponsor_channel/UCOy5sLcFLqYNqZ1iurp4dCg?noapp=1
SponsorChannel
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
リンク
m.youtube.com

「スナック西野」というのは、YouTubeの月額590円のメンバーシップチャンネルです。

毎月2回放送(ときどき3回)で、僕の呑み仲間を、僕の自宅にお招きして、「(1時間ぐらいかな?)ただただ呑みながら、いつも通りの会話をする」という内容となっております。

こんなことを言ったらアレなんですけど、見られることを意識して喋ってないんです。

なので、見られることを意識しなくていいような撮影スタイルになっていて、カメラも固定だし、スタッフも最小人数で、時折会話に混ざりながら、呑んでいます(笑)

昨日の収録では、ゲストに品川庄司の品川さんが来てくださいました。
人としても本当に好きだし、表現者として尊敬以外の何物もない先輩です。

実は品川さんにはデビュー1年目の頃からお世話になっていて、僕が業界中・日本中から叩かれている時も、まわりの評判とか、まったく関係なく呑みに連れてってくださったんですね。

あまり想像つかないかもしれませんが「西野と仲良くしている」というだけで、煙たがられる時代というのが本当にあったんです。

人として最高だなぁと思ったのは、もう随分昔……僕が24〜5歳の頃だったと思うのですが、幸か不幸か僕はスピード出世で、最初の頃は同業者(少し先輩)から、とにかく攻撃されたんですね。

当時は、まだ「エンタの神様」とかも始まっていなくて、お笑いブームが起きる前で、若手芸人がテレビに出る機会なんて、本当になくて、そんな中、たまたま運が良かっただけで、自分達だけがポンと表舞台に出れたので、ぶっちゃけ「妬み」もあったと思います。

その時期を乗り越えて、東京に進出して、ゴールデンタイムで看板番組を持って、全国ネットの人気者になった時に、ブログか何かで当時の先輩のことを名指しで書いたんです。

それが品川さんに見つかっちゃって、「相手は先輩かもしれないけど、今はもうお前の方が売れていて、相手の方が弱い立場にある。いろいろ思うところはあるかもしれない。ただ、喧嘩をするなら、自分より強いヤツにいけよ」とメチャクチャ怒られた(笑)

でも、ホント、おっしゃる通りで、こういう人をガッカリさせちゃダメだなっと思って、その数ヶ月後にナイナイの岡村さんに喧嘩を売ったら、「強いヤツに行きすぎだ」とまた怒られました(笑)

「その間ぐらいの…なんかイイ感じのラインがあるだろ!」と(笑)

そこから僕は、年齢関係なく、自分よりも立場が弱い人を攻撃するのは辞めました。
人そして見習った部分は、そういうところです。

次に、表現者として憧れている部分ですが。。

去年だっけな?
友達と呑んでて、その夜も散々「次はアレをしよう、あと、大変だけど、アレも作ろう!」みたいな話をして、散々酔っ払った帰り道に、ふとスマホを開いたら、相変わらずツイッターのタイムラインは揚げ足の取り合いと、魔女狩りのオンパレードで、一般の方がされるのはまだしも、芸人までもがそこに参戦してて、なんか悲しくなっちゃったんです。

もう、他人の不倫とかどうでもいいじゃないですか。
お前に関係ないじゃないですか。

さらには、不倫を取り上げることによって、不倫された側の傷口が広がるじゃないですか。

「芸人が、なんでそんなことをするんだよ」「誰よりも優しくあれよ」
と思って、なんか、このまま家に帰るのが嫌になっちゃって、深夜0時ぐらいだったと思うのですが、「今から、お酒を買って家に行っていいっすか!?」と品川さんに連絡しちゃったんです(笑)

そうです。もう、とんでもねぇ後輩です。

品川さんがシラフで、僕はベロベロに酔っ払って、そこで僕は「悔しいっす!」みたいなことを延々と言っているんですね。

「芸人だったら、テメエの表現で世界を唸らせてくれよ!」みたいな。

夜中にこんな酔っ払いの後輩が家に転がり込んでくることを想像してみたください。品川さんが可哀想すぎるじゃないですか(笑)

ただ、どうしてその話を品川さんにしたかというと……あの人、ずっと作っているんです。

映画にドラマにMVに、あれやこれやず〜っと作品を作り続けている。

あらゆる活動には評判と数字が伴うわけですが、こと「作品」となると、分かりやすく監督責任で、品川さんの作品が面白くなかったり、数字で結果が出なかったら、全部、品川さんのせいなんですね。

「品川の作品がスベった」と言われる。

その恐怖を背負い続けている強さと美しさよ。
品川さんに比べると僕が背負っている責任なんかはまだまだ子供ですが、それでも共感させてもらっています。

僕は品川さんのオンラインサロンに入っているのですが、品川さんの活動を見る度に、「ああ、頑張らないとな」と思わされるし、「後輩に見せなきゃいけない背中ってコレだよな」と、毎度姿勢を正されます。

https://community.camp-fire.jp/projects/view/130081
シナガワえんためクリエイト
シナガワえんためクリエイトはコンテンツの商社です。このサロンをきっかけに世の中のみんなが驚く作品を創っていきましょう。
リンク
community.camp-fire.jp

品川さんが新作の制作に入られる度に、「今、これを作ってんねん」と制作途中のものを見させていただいくのですが、

子供の頃、近所にいた、ちょっと悪めのお兄さんって、こんな感じだったじゃないですか?

「こんな遊びあるで」と教えてくれた。

そうして時間をいただいて教えてもらっている以上は、結果で返さないと失礼だから、今日もせっせと頑張るわけですが、

芸人として、作り手として、そういう関係でありたいな、と昨日あらためて思いました。

僕はただの酔っ払いなので無視していただくとして、昨日、収録した「スナック西野」の品川さんの話を聞いていただくと、「ああ、俺ももうちょっと頑張ろう」と間違いなく思えるので、お楽しみに。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino


 

まずは近況報告ですね昨日ですね映画えんとつ町のプペルの主演お二人のアフレコ収録が終わりましたまあねあのどなたが主演なのかっていうことは馬ここではまだ言えないんですけれどもお二人をキャスティングさせて頂いた理由について少しお話ししたいと思いますとですねまあ言うまでもありませんが今年2020年は世界中がね不安に包まれた都市で少なくとも僕の人生の中ではここまで世界から夢や希望の類が奪われたと知っての初めてなんですねで奇しくもこの今の状況というのが 星を知らない星が見えないえんとつまちとだぶっていて厳しい戦いになることは百も承知でそれでもやっぱりこの作品は今年公開するべき作品だと思ったので12月公開というさせていただいてるんですけどもそんな中ですね頭の上を覆った煙を突き破って星を見せてくれる主人公の煙突そうじ君とそしてゴミ人間のプペルを背負ってくれる俳優さんは単純にですね声が合うっていう理由だけじゃなくてその人自身がそういう真の強さを持った人じゃないと今お客さんには刺さらないだろうなぁと思って今回のお二人にお声がけさせていただきましたまもなくですね映画えんとつ町のプペルの声優陣が発表されると思うのでこの話を覚えておいて頂けると嬉しいですあーなるほどなるでしょうしこの人以外考えられないなーっていうキャスティングになっております アフレコ収録でお二人の大地を聞いた時にですねその瞬間にもブースの外側にいるスタッフ全員がガッツポーズしたんですこの人で間違いないという確信ですねママもなく発表になるのでお楽しみにそして作品の制作はですねいよいよ大詰めに入りましたので1ミリの悔いも残さないように頑張りたいと思います。

さてそんな中ですね昨日アフレコ収録終わりにスナック西野の収録がありましたスナック西ノ宮ノア YouTube の月額590円のメンバーシップのチャンネルですね毎月2回放送また時々3回ですね僕の飲み仲間を僕の自宅にお招きして1時間ぐらいかなただただ飲みながらですねいつも通りの会話をするという内容となっておりますアホなこと言ったらあれなんですけども見られることを意識して喋ってないんですねなのでまあ見られることを意識しなくてもいいような撮影スタイルになっていてカメラも固定だしスタッフも最少人数で 会話に混ざりながらスタッフも一緒に飲んでます昨日の収録ではですねゲストに品川庄司の品川さんが来て下さいましたやっぱ人としても僕は本当に好きだし表現者としても尊敬以外の何物もない先輩なんですね実はデビュー1年目の頃からお世話になってる先輩で僕が業界中日本中から叩かれてる時も周りの評判とか全く関係なく飲みに連れてってくださってたんですねあまり想像つかないかもしれませんが西野と仲良くしているって言うだけで煙たがられる時代っていうのが本当あったんです人として最高だなと思ったのがですねもうずいぶん昔僕が24号の頃だったと思うんですけども幸か不幸か僕はスピード出世で最初の頃は同業者ちょっと先輩からですねとにかくも攻撃されたんですね当時はまだエンタの神様とかも始まってなくてお笑いブームが起きる前で若手芸人がテレビに出る機械なんて本当になくて そんな中ですねたまたま運が良かっただけで自分たちだけがポンと思ってに出れたのでぶっちゃけ妬みもあったと思いますねその時期を乗り越えて東京に進出してゴールデンタイムで冠番組持って全国ネットの人気者になった時にですねブログか何かで僕はですね当時の先輩のことを名指しで書いたですねそれ長さに見つかっちゃって品川さんからですね相手は先輩かもしんないけど今はもうお前の方が売れてて相手の方が弱い立場にある色々思うところはあるかもしれないけども喧嘩するんだったら自分より強い奴に行けよってむちゃくちゃ怒られたでも本当言う人をがっかりさせちゃだめだなぁと思ってその数ヶ月後にナイナイ岡村さんに喧嘩売ったらですね今度は強いやつだってまたその間ぐらいのなんかいい感じの あるだろお前みたいなそこからです年齢関係なく自分よりも立場が弱い人を攻撃するのはやめたんですねそういうところですね次に表現してる部分ですが良いお年だけどちょっと時期忘れたんですけど最近です友達と飲んでてその夜もですね散々あと大変だけどこれも作ろうみたいな話をしていて散々酔っ払った帰り道ですねふとスマホを開いたら相変わらず Twitter のタイムラインは揚げ足の取り合いと魔女狩りのパレードで歯の方がされるのはまだしも芸人までもがそこに参戦しててなんかね悲しくなっちゃったんですね他人の不倫とかどうでもいいじゃないですかお前に関係ないじゃないですかさらにはその不倫を取り上げることによって不倫された側の傷口が広がるじゃないですか 芸人が何でそんなことするんだよとか誰よりも優しくあれよとか思っちゃってなんかこのままになってですね深夜0時ぐらいだと思うんですけれども0時回ったかな 今からお酒を買って家に入っていいですかってし長さに連絡しちゃったんですねそうですもんでもない強いですよねで品川さんが素面で僕もベロンベロンに酔っ払ってそこでなんかね僕は詳しいみたいなことを言ってるんですよ芸人だったら体の表現で世界を唸らせてくれよみたいなことでも夜中にこんな酔っ払いの家に転がり込んでくることを想像してみてください品田さんかわいそすぎるじゃないですかそんな話聞いてもらったずっと作ってるんですよあの映画にドラマにミュージックビデオにもあれやこれやと作品を 作り続けてるんですねであらゆる活動には評判と数字が伴うわけですがこの作品となると分かりやすく監督責任で品川さんの作品が面白くなかったり数字て結果が出なかったら全部品川さんのせいなんですね品川の作品が滑ったって言われるその恐怖を背負い続けている強さと美しさよと思っては品川さんに比べると僕が背負っている責任なんかまだまだ子供ですがそれでも音流さのカツオにも共感しかないんですね僕は流さない皿に入っているんですけれどもし長さの髪を見るたびにですね頑張らないとなともうちょっと頑張らないとなぁと思わされるしそして後輩に見せなきゃいけない背中っていうのは俺だなっていうことを思わせるでも毎度姿勢を正されるんですねなんかし 阿川さんが新作の製作に入られるたびに僕はもしなかさんの自宅に遊びに行ってですねでさっき何して使うみたいなことをふっかけですね今これ作ってんねんけどその制作途中のものを編集中の映像作品とかを見させていただくんですけれども子供の頃近所にいたちょっと悪目のお兄さんってなんかこんな感じだったじゃないですかこなすリアルだよみたいなことを教えてくれたギターってあるんやでとかなんかそういうの教えてくれたお笑いってのがあってこんとっていうのがあってないみたいなことをちょっとちょっとおにいさんが教えてくれたちょっとこっちおいでみたいみたいな遊び教えてくれたんですねその関係であるなと思ってその関係にちょっと似てるなと思ってそうしてやっぱりねお時間をいただいて教えてもらってる以上はやっぱり後輩として結果で返さないと失礼だから今日もせっせと頑張るわけですけども 芸人としてそして作り手としてそういう関係でありたいなーっていうことを昨日は改めて思いました僕はねただの酔っ払いなので横でヘラヘラしてるだけなので無視して頂いて全然構わないんですけども昨日収録したスナック西野の品川さんの話を聞いて頂けると僕も私もちょっとだけ頑張ろうて間違いなく思えるのでお楽しみにということでございます今日はですね品川庄司の品川さんを見てほしいと変な話なんですけれどもでも本当見て欲しいなと思ったので今日はこの話をさせていただきましたオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所ではですね西野亮廣は現在手掛けている最新のエンタメビジネスに関する記事をですね毎日2000文字から3000文字投稿させて頂いております今はですねもう映画えんとつ町のプペルを当てるためにあれやこれやと走り回っております興味がある方は覗いてみてください 的な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でしたじゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる