キンコン西野が完敗「オリエンタルラジオ藤森が天才すぎる」【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

あいつはヤバイ…

今日は、映画『えんとつ町のプペル』のプロモーションについてのお話をしたいと思います。

昨日、ついに映画『えんとつ町のプペル』のアフレコが始まりました。

上映時間が1時間半の作品で、登場人物もたくさんいますから、当然、一気に録音できるわけもなく、声優さんには順々にスタジオにお越しいただいく形になるのですが、狙ったわけでも何でもなくて、皆さんのスケジュールを合わせた結果、たまたま初日の一発目の録音が相方の梶原君になりました。

これはキングコングのYouTubeチャンネル『毎週キングコング』の方でも喋っておりますが、梶原さんには「町人A」という役をお任せしました。

役名から御察しの通り、「ガヤ」です。

「ガヤ」なんですけども、梶原さんったら、見たことないぐらい大きなサングラスをかけてスタジオ入りされて、「気持ちを作るまでに時間がかかる」とか「用意されている水が、ちょっと…」というお決まりの古臭いボケを数十個ほど御用意されて来られまして……おかげで、梶原さんの一言二言のシーンを録るのに要した時間は1時間半(笑)

この模様は「カジサックチャンネル」の方で全てカメラに収めているので、是非、そちらでお楽しみください。

最後は、ビックリするぐらい真面目にやっておりますので、そこも必見です。

梶原君が、「真面目で良いヤツ」ということがバレてしまいます(笑)

もちろん、スタッフ一同、「これは映画のプロモーション」だと割り切っていたから、そんなクダラナイ1時間半に付き合ってくれたのですが、結果的に梶原君が一発目ですごく良かったのが、その後のスタジオの空気がメチャクチャいいんですね。

ゴリゴリに勝負をかけている作品なので締めるところはビシッと締めますが、「ピリついている」という感じはなくて、「こういうのはどう?」というアイデアがカジュアルに飛びかう空気になっていて、その空気を作ってくれたのは図らずもカジサックだったのかもしれません。

感謝でございます。

映画絡みでいうと、近々に発表されるものが二つ。

一つ目はですね、『えんとつ町のプペル』の主題歌のダンスバージョンのMVです。

少し踏み込んだ話になりますが、映画には「宣伝費」というものが用意されていて、その中から、あれやこれやとプロモーションを仕掛けるのですが、『えんとつ町のプペル』の主題歌のダンスバージョンのMVというのは、楽曲制作から撮影まで、映画の宣伝費は使っていなくて、これら全てオンラインサロンの売り上げから、予算を捻出しているんですね。

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究...
Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所 西野亮廣エンタメ研究所は、西野が考えるエンタメの未来や、現在手がけているプロジェクトを、まだ公開できない構想の段階から共有する、会員制オンラインサロンです。

オンラインサロン | 西野亮廣エンタメ研究所
キングコング西野亮廣が運営する会員制コミュニケーションサロン「西野亮廣(にしのあきひろ)エンタメ研究所」。キングコング西野亮廣が考えていることや今後の作戦会議、悩み相談などをメインに話し合います。
リンク
salon.jp

自分達が100%お金を出しているので、どこにもお伺いをたてなくてもいい。

さらには映画の映像を使っているわけでもなく、MV用に集まってもらったチビッ子楽曲に踊ってもらっています。

さらには『えんとつ町のプペル』の曲は、そもそも作詞作曲が僕なので、「そういうことされたら、困ります」みたいな大人ブレーキが一切無いんです。

なので、クリエイターさん達が遠慮なくフルスイングしているMVになっているのですが、これが本当に最高なんですっ!

映像監督と振り付けは、「バブリーダンス」でお馴染みの登美丘高校のAKANEさんにお任せしました。

これは共感いただけるか分からないですが、一部の歌番組で、カメラのカット割りがせっかくの振り付けを殺している場面をこれまで何度も何度も見てきて、「そもそもダンスは正面から見るように作られているのだから、正面から撮ってくれよ」と個人的には思うんですね。

「なんで、そこでカメラが寄っちゃうんだよ」という(笑)

 

ダンスの映像というのは、映像デイレクターの意図と、振り付け師の意図が綺麗に重なっていないと、なかなか厳しいなぁと思うところがありまして、「それならば、振り付け師のAKANEさんにそのまま撮影もお願いしよう」という運びとなりました。

今回のダンスの答えは彼女が持っているだろう、と。

それが、もう見事にハマって、もう本当に「ダンスのMV!」という仕上がりになっていて、何度も言いますが本当に最高なので、是非、ご覧ください。

近日、『西野亮廣エンタメ研究所』の方で公開されますので、お楽しみに。

 

そして、もう一つ。

こちらも映画の宣伝費からではなく、オンラインサロンの売り上げから仕掛けたものなんですけども…

オリラジの藤森君が彼のYouTubeチャンネルの中で「漫画『スラムダンク』の内容をラップで説明する」という動画が上がっていて、それがもう本当にフザけていて、僕、大好きなんです。

だって、「誰か、スラムダンクの内容ををラップで説明してくれへんかなぁ?」なんて、誰も思って無いじゃないですか?

需要が1ミリもないんです(笑)。

「ただ、藤森君がやりたかったから、やった」というだけ。

そういうのって芸人っぽくてメチャクチャいいなぁと思っていて……映画『えんとつ町のプペル』のプロモーションも、全部が全部オラオラしたもので固めるのではなく、そういった「クスッ」と笑えるのも挟んで【プロモーション自体をエンタメにしよう】と思って、藤森君に映画のシナリオ台本を送って、「映画『えんとつ町のプペル』をラップで紹介してもらえませんか?」と、正式な仕事として発注したんです。

あわせて読みたい

『映画 えんとつ町のプペル』シナリオ台本(直筆サイン入り)+映画ペアチケット | ブルーノ powered by BASE
bruno.base.shop
6,000円
商品を見る

で、昨夜、その動画を見させてもらったんですが、もう、本当にアイツはバカヤロウで、もうね、めちゃくちゃカッコイイんです(笑)。

めっちゃイイ曲なんです(笑)

いや、発注側としては、フザけてくると思って、お願いしているじゃないですか?

だから、「なんで、カッコイイ(やつを作っとん)ねん」って言っちゃった(笑)

でも、それが藤森君なんですよね。

カッコ良すぎて、笑っちゃた。

こちらも間もなく『西野亮廣エンタメ研究所』のYouTubeチャンネルの方で流れるので、是非、ご覧ください。見ていただいたら、皆さんも絶対に同じ感想を持たれると思います。

#なんでカッコええねん

歌詞とかよくよく聴くと、ちょっと泣けてきちゃうんです(笑)

藤森君って、天才ですね、ホント。

いやぁ、笑いました。

 

今、僕のツイッターのトップにある固定ツイートで、映画のポスターがダウンロードできるようになっているのですが、

ツイッターのタイムラインを見たら、映画のポスターをお店や学校に貼ってくださっている方がいて、そのツイートを見つけ次第、リツイートさせていただいているのですが、この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

『映画 えんとつ町のプペル』公式...
『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト 『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト。製作総指揮・脚本・原作:西野亮廣×制作:STUDIO4℃!大人も泣ける大ヒット絵本、ついに映画化!

『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト
2020年12月公開『映画 えんとつ町のプペル』公式サイト。製作総指揮・脚本・原作:西野亮廣×制作:STUDIO4℃!大人も泣ける大ヒット絵本、ついに映画化!
リンク
poupelle.com

ま、こんな感じで、映画『えんとつ町のプペル』は公開まで待ったなしの状況でございます。

今年は、皆、いっぱいいっぱい辛い目にあって、夢や希望が持ちにくくなっちゃったから、やれることは全部やって、今年の最後の最後で、「あれ? 頑張ればなんとかなるのかも?」と思っていただけるような結果を出したいと思います。

映画『えんとつ町のプペル』の公開まで、あと3ケ月。

どうか、この挑戦を見届けていただけると嬉しいです。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究...
Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所 西野亮廣エンタメ研究所は、西野が考えるエンタメの未来や、現在手がけているプロジェクトを、まだ公開できない構想の段階から共有する、会員制オンラインサロンです。

今日はですね映画えんとつ町のプペルのプロモーションについてお話をしたいと思います。

昨日ですねついに映画えんとつ町のプペルのアフレコ声入れですねが始まりました。

あの上映時間がね1時間版の作品で登場人物もたくさんいますからね当然こう一気に録音できるわけもなくま何日かに分けて声優さんには順々にスタジオにお越しいただくことになるんですが狙ったわけでも何でもなくて皆さんのスケジュールを合わせた結果ですねたまたま初日の一発目の録音があったのでカジュアルくんになったんです。

これはですね ゴムの YouTube チャンネル毎週キングコングの方でも喋っておりますが梶原さんにはですね承認薬をお任せしたわけですが。

麻薬銘柄お察しの通りがやなんですね。

あの後ろの方でしゃべってる人のが嫌なんですけど。

どのようなんですけども彼はちゃんとしてを見たことないくらい大きなサングラスをかけてスタジオ入りされてその気持ちを作るまでに時間がかかるとか用意されてる水がちょっとっていうお決まりのクレームですね数十個ほど用意されて。

一言二言の芯を取るのに要した時間が1時間半。

と同じだけの試着お土産のこと一言二言ために使っちゃった。

この模様はですね チャンネルの方で全てカメラに収めているので是非ねそちらでご覧頂きたいんですけども。

最後はですね最後の最後はもうびっくりするぐらい真面目にやりますんでそこも必見ですね。

もうマジでいいやつなんだなーっていうのが無理してボケてたのかなみたいなことが下痢の恥ずかしい部分がちょっと触ると思うんだよそこも必見でございます。

もちろんですねそうですねこれは映画のプロモーションだと割り切っていたからそんなくだらない一時間半に付き合ってくれたんですけどもただの結果的にこれは狙ってたわけじゃないんですけども梶原君が一発目ですごく良かったなと思うのがですねあのその後のスタジオの空気がめちゃくちゃ人ですねもちろん勝負かけてる作品なので締めるところはビシッと締めますがピリついてるっていう漢字はなくてこういうのはどう っていうアイデアがいろんな方向からカジュアルに買う気になっていてその空気を作ってくれたのは図らずも解釈だったのかもしれないなーっていうことをその後思いました。

感謝感謝でございます今これは感じたくちゃんねるの方は是非ご覧下さい。

そしてですね映画絡みのプロモーションで言うとですね近々に発表されるものが二つあります一つ目はですねえんとつ町のプペルの主題歌これロザリーナっていうアジサイを歌ってるんですけどもこのロザリーナが歌うですねこの主題歌のですねダンスバージョンの MV ですねこれが発表されます。

少し踏み込んだ話大人の話になりますが映画っていうのは宣伝費っていうものが用意されていてその中からあれやこれやとプロモーションを仕掛けるんですけれどもえんとつ町のプペルの主題歌エンディング主題歌って言い方しますか イカのダンスバージョンの MV って言うのですね楽曲制作から撮影まで映画の宣伝費は1円も使ってなくてこれら全てオンラインサロンの売上から予算を捻出してるね制作費を捻出してるんですね。

ねぇあの自分たちが100%もお金を出しているので言ってしまったらですねどこにもお伺いを立てなくていいねお金出してくださっているから2個などでしか来ないやっているスカッとかそんなお伺い立てなくていいですよ。

自分で全部出してるからさらには映画の映像を使ってるわけでもなく掛けをクリアしてちびっ子が踊っている映像だったりだとかですねさらに様ですねえんとつ町のプペルの曲は作詞作曲がそもそも僕何でそんな事されたら困りますっていう大人の声が入る余地がひとつもないですね。

一切ないですよ。

なのでクリエイターさん達が遠慮なくフルスイングしている 乳首になっているんですけどもこれが本当に最高なんで早くお見せしたいですね。

映像監督と振り付けはですねバブリーダンスでおなじみの登美丘高校のあかねさんにお任せしました。

これは何だろうな共感いただけるかちょっとわかんないですけどもこれは僕個人ねあの歌番組なんかを見ていてそのカメラのカット割りがせっかくの振り付けを殺してる場面をこれまで何度も何度も見てきたんですねそもそもダンスは正面から見るように作られてるんだから正面から撮ってくれよって思うことがも何度もあったんですよ。

いやもう何でそこでカメラ寄っちゃうのみたいなそこでその人の顔なんてダンス見たいんだからみたいなそういうのってあるじゃないですか。

あるじゃないですか僕はあるね。

やっぱりそのダンスの映像っていうのは映像ディレクターの糸と振付師の糸が綺麗に重なってないと。

なかなか厳しいなあ ところがありましてそれならば振付師のあかねさんにそのまま撮影もお願いしようっていう運びとなりましたね。

今回のダンスの答えはまあ彼女が持ってるだろうとそれがですねもう本当に見事にはまっててもダンスのミュージックビデオ壊れたっていう仕上がりになっていてこれが本当に最高なんで是非ご覧ください。

近日ですね明宏エンタメ研究所の方で公開されますのでお楽しみにというところでございます。

そしてもう一つですねこちらもですね映画の宣伝費からではなくオンライン皿の売り上げから仕掛けたものなんですけども。

あのご存知ですかねあのオリラジの藤森くんが彼の YouTube チャンネルの中で漫画スラムダンクの内容をラップで説明するっていう動画をあげていてそれがもうなんかね最高なんですね。

あのだってあの誰かスラムダンクの内容をラップで説明してくれへんかな でも持ってないじゃないですか。

需要が1ミリもないですよ。

その内容で説明するって言うして欲しいと思っている自分がやりたかったから行ったんですね。

そういうのってめちゃくちゃいいなと思って映画煙突のプロモーションも全部の全部が全部こので固めるのではなくてクスッと笑えるのも挟んでプロモーションためにしようと思ってね。

ふじもり君にも送って映画ベルをラップで紹介してもらえませんかっていう正式な仕事して出させてもらったんですね。

かしこまりました。

明後日ですねその動画作ってもらったんですけども めっちゃいい曲はもうちょっと持ってお願いしているからさなんでかって言っちゃったやつを作ってんのって言っちゃった。

でもまあそれが藤真利子なんですねかっこよすぎて笑っちゃったんですよ。

これもまもなくエンタメ研究所の YouTube チャンネルの方で流れるので是非ご覧ください。

見ていただけたら皆さんも絶対に言うと思います菓子とかよく聞くとねちょっとねなんか泣けちゃうんですよね。

ではもうほんと笑えました もう本当に最高な絶対見てください。

今ですね僕のツイッターのトップにある固定ツイートで映画のポスターがダウンロードできるになっていたりするんですけども Twitter のタイムラインを見たら映画のポスターを見せや学校に貼ってくださってる方がいてそのツイートを見つけ次第ねリツイートさせていただいてるんですけどもこの場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございますこんな感じですね映画イントゥまで待ったなしの状況でございます。

今年は皆さんねもういっぱいいっぱい辛い目にあって夢や希望が持ちにくくなっちゃったから僕はやれることは全部やって今年の最後は最後の最後ですねあれ頑張ればなんとかなるのかもと思っていただけるような結果を出したいと思います。

映画イントゥ町のホテルの公開まであと3ヶ月でございますどうかこの挑戦を受けて頂けると嬉しいです。

それで来ない1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でした。

じゃあまたね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次