YouTubeのメンバーシップが8000人を突破しました【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

キングコング西野が見るYouTubeの未来

今日はですねえーと自分が伝えたいことはですねちょっと後半にまわしてですねまず最初に活動のご報告をしたいんですけれどもタイトルにあります通り月額590円の YouTube のメンバーシップスナック西野の会員が初回配信を終えて8000人を突破しました本当にありがとうございますここで改めてスナック西野のコンセプトをご説明しておきたいんですけどもあの僕よくお酒を飲むんですけども飲んでる時って色恋について行動を話すこともなくねんだろう アンジャッシュの渡部さんがどうだとか何かそういうことで時間を割くことなくてですね噂話とかストアの愚痴をこぼしたりすることもないんですね飲んでる時ってのは基本お友達のお仕事の相談を受けてそれだったらこうしてみたらって提案したりだとかまあ一緒になんかしようよまるまるしょうようっていう話をすることも多いですねと書く仕事なしがやっぱりメインで手がもう10割仕事の話でまたここからですね新しい仕事が生まれる事って全然少なくないんですねそれこそ今美術館行ってますが美術館も飲みの席で作ろうという話だったしブロードウェイのミュージカルもそうですねブロードウェイのミュージカルの調整も結局五反田で飲んでる時にチャンプロード力がみたいな話で鶏肉ってなってそこで盛り上がって今に至るんですけれどもまあそういう飲みの席から新しいエンタメが生まれることで暑く なくないですねこれまでですねそういう瞬間に立ち会ってる人って本当に仲の良い友達だけだったんですけどもここあめちゃくちゃここのこの時間でめちゃくちゃ価値があるなと思って全国を切り取ってですね一つの番組にしようと思い立ち上げたのがスナックにしのですねなのでゲストで来られる方も今のところはですね基本僕の飲み友達で紹介が幻冬舎の箕輪康介さんもう本当にメロメロになられた皆さん最高でした第2回ゲストが蜷川実花さんですねまもなく放送配信なりますそして第3回ゲストが音声メディア美味しい代表の緒方さんで現在スケジュール調整中ですが先々も出ることが決まっているのはショールームの代表の前田祐二さんそして堀江貴文さんであとはですね日頃一緒に汗を流してるうちのスタッフプロデュース ああだとか出版の編集者の袖山さんだとか建築士の方だとかうちのスタッフも皆様順番に出ていこうか言ってて頂こうかなと思っておりますそのに人がやってるイベント空間をどうやって作られてるんだとかあんとき大変だったんだぞ西野の出版がどうやって進められているのかとか無料公開雇われ店長さんにも行きたいのではと思っております売り上げ頂きたいんですけどもさせていただきます 自分できちんと僕にも取り分があるので支援疲れみたいなことが起こらないようにしています今だとですね映画えんとつ町のプペルのチケット子供達にプレゼントすることに使おうと思っておりまして映画が終わったらですね次は友達の朝鮮*支援させてもらったり後は被災とかスラム街の子供達にさせてもらったりその都度で使い道を公表していきたいと思いますので紅葉する気もないんだけど最近 NPO みたいなこれ本当は自分にご案内させて頂きますねここから YouTube に関して ぼんやり思ってることを話ししたいと思います結構で踏み込んだ話になるかもしんないあのちょっと外側からしゃべっていくとですねタレント業っていわゆる本番が本番中と呼ばれるものが表に出ている時間じゃないですか表に出る仕事じゃなく本番て仕事をするが基本舞台に立つとかテレビラジオに出るとかそれこそ YouTube に出るとかまあブログを書くのもあるのかなそれと感じで発信している時間を本文って読んでますねこのエンタメ系のタレントさんはなのでお客さんもそこを見てあの人働いてるなあと判断されると思うんですけれども僕の仕事っていうのはそことちょっとだけずれていてですね基本仕事中本番中っていうのは発信してないんですよ本当に皆様にお会いしてないんですよ最強の部屋にこもってちまちまと筆を走らせて思考を働か 焦るのが僕の仕事のメインでそれが一日の大半を占めるんですね1日どれぐらいかな作業部屋に入るのはだいたいも16時間17時間18時間とかそれぐらいですかねその時間というのはほぼ誰ともコンタクトを取ってないんですね要するに世間と繋がってないですよねこの時間で本を作った映画を作ってあげまたそれらを作るための調べ物をしたりしているんでここが削られるのが一番の痛手なんですねなので僕の YouTube は帽子のコピペで本当に申し訳ないなと思うんですけどもやっぱね YouTube の配信にまとまった時間を割けないんですもう少し踏み込んだ話をすると YouTube の配信と YouTube の配信をするための準備に時間を割けないっていうことですねなので半ば強制的にチャンネル登録者数とか再生回数の競争から降りることになっちゃうんですねそれらを取りに行くならそれらを取りに行くような準備をしてそれがが取れるような企画を発信する んででも申し上げました通り僕の免許もそっちじゃないから色々皆さんが参加されているですね数字の勝負に参加できていないんですねたまたまそのポジションにいるって言うだけなのでその自分を肯定するつもりはないんですけれどもタダですね再生回数を稼ぐという欲がない文ですねかなりフラットに YouTube の今の状況を見れていると思うんですけども多くのね YouTuber さんがメインチャンネルとサブチャンネルを持たれているようにも遅かれ早かれおーくん YouTuber さんがメインチャンネルと有料チャンネルメンバーシップを持っていうことを考えると思うねみんな多分もう半年か一年がすればいや俺もちょっとメンバーシップ始めてみようかなってみんな多分考え始めると思うその時にですね結構弊害になってくるのがサブチャンネルの存在だ と思っていても言ってしまったらサブチャンネルって裏側の漢字があるじゃないですか楽屋的なそこってめちゃくちゃ価値があると思って僕の場合はそこがスナック西野っていう形で有料チャンネルになってるんですねでビジネス系 YouTuber さんの場合はメインチャンネルでちょっと浅めの情報を発信して集客をして有料チャンネルの方で情報発信するっていうのはこの流れができているんですけどもエンタメ系の YouTuber の場合はそのメインチャンネルが一番濃くないと駄目でその人の裏側には価値があると思うんですけどもそこはもうサブチャンネルで出してしまっているととなると有料チャンネルで何を発信するっていう問題が絶対に出てくると思っていてそのとき裏側発信してるサブチャンネルを閉じてこれからはこのサブチャンネルを有料にしますと言っても許さないおそらく反発が生まれる 有料っていうのは理屈じゃなくて雰囲気だと思っていて裏側の配信日と着いたってそれは有料だよねってみんなが思えば有料になる子が持っているものは有料にすることがなかなか難しかったりするとなってきたらすでにサブチャンネルを作られているエンタメ系 YouTuber さんてその広告の呪縛から抜け出すことがかなり難しいなあと思っていますもちろんですねそれでも大きな影響力を持たれている方はそこを突破できると思うんですけども傍から見ているとねこれから行くぞと思われてる YouTuber さんはですねこのサブチャンネルの取り扱いには注意した方がいいんじゃないかなって思っておりますここが有料チャンネルになり得るチャンスではあるのでここの取り扱いはあまり乱暴に出さないほうがいいんじゃないかなっていう子と最近思っておりますというわけで今日はですね youTube のメンバーシップが8000人を突破しましたって電話でお話しさせていただきましたそれでは素敵な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でしたじゃあまたね


今日はメインで話したいことは後半にまわして、まずは活動を御報告させていただきます。

月額590円のYouTubeのメンバーシップ『スナック西野』の会員が、初回配信を終えて8000人を突破しました。
本当にありがとうございます。

https://www.youtube.com/channel/UCOy5sLcFLqYNqZ1iurp4dCg/join
西野亮廣エンタメ研究所ラジオ【公式】
キングコング西野亮廣がオーナーを務める、国内最大のオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』の公式YouTubeチャンネルです。
リンク
www.youtube.com

ここで、あらためて、『スナック西野』のコンセプトをご説明しておきたいのですが、僕、よくお酒を呑むのですが、呑んでいる時って、色恋についてどうこう話すこともなく、噂話や愚痴をこぼしたりすることもないんですね。

呑んでいる時は基本、友達のお仕事の相談を受けて「それだったら、こうしてみたら?」と提案したり、「一緒に○○しようよ」という話をしたり、とかく仕事の話で、また、ここから生まれることが少なくない。

これまで、その瞬間に立ち会っている人って、本当に仲の良い友達だけだったのですが、ここって、めちゃくちゃ価値があるなぁと思って、ここを切り取って、一つの番組にしようと思い立ち上げたのが『スナック西野』です。

なので、ゲストで来られる方も今の所は僕の呑み友達で、初回が幻冬社の箕輪厚介さん。

第二回ゲストが蜷川実花さん。
第三回ゲストが音声メディア「Voicy」代表の緒方さん。
現在、スケジュール調整中ですが、先々決まっているのは、SHOWROOM代表の前田裕二さん。
そして、堀江貴文さん。

あとは、日頃、一緒に汗を流しているウチのスタッフの皆様も順番に出て頂こうかと思っています。

「西野がやっているイベント空間がどう作られているか?」とか、
「西野の出版がどう進められているか?」とか、
そういった踏み込んだ話も、普段は、なかなかできないので。

んでもって、この『スナック西野』の売り上げの使い道について、あらためて明らかにしておきたいのですが、ゲストの方とスタッフさんのギャランティを引いた残りの分に関しては、全額支援させていただきます。

「支援」といっても基本は自分の活動を絡めた支援なので、キチンと僕にも取り分があるので、「支援疲れ」みたいなのが起こらないようにしています。

今だと、映画『えんとつ町のプペル』のチケットをプレゼントすることに使って、映画が終わったら、友達の挑戦に支援させてもらったり、あとは、被災地とかスラム街の子供達に支援させてもらったり、まぁ、その都度都度で使い道を公表していきます。

なんか最近はNPOみたいになってきています。

以上が『スナック西野』の大まかなコンセプトで、ここからはYouTubeに関して今、ボンヤリ思っていることをお話ししたいと思います。

タレント業って、いわゆる「本番」が、表に出る仕事じゃないですか?

「仕事をする」というのは、基本、「舞台に立つ」とか「テレビ・ラジオに出る」とか、それこそ「youtubeに出る」とか、まぁ、「ブログを書く」というのもあるのかな。
そういった感じで、発信している時間を「本番」と呼んでいる。

なので、お客さんも、そこを見て「あの人、働いているなぁ」と判断されると思うのですが、僕の仕事というのは、そことちょっと違っていて、基本、仕事中(本番中)は発信していないんです。

作業部屋に籠って、チマチマと筆を走らせて、思考を働かせるのが、僕の仕事のメインで、それが一日の大半を占めるのですが、その時間というのは、ほぼ誰ともコンタクトをとっていないんです。
仕事中は世間と繋がっていないんです。

この時間で、絵本を作ったり、映画を作ったり、また、それらを作る為の調べ物をしたりしているので、ここが削られるのが一番の痛手なんです。

僕のYouTubeはVoicyのコピペで、本当に申し訳ないなぁと思うのですが、やっぱりYouTubeの配信にまとまった時間を割けないんです。
厳密に言うと、「YouTubeの配信とYouTubeの配信をする為の準備」に時間を割けない。

なので、半ば強制的に「チャンネル登録者数」とか「再生回数」の競争から降りることになる。
それらを取りに行くなら、それらを取りに行くような準備をして、それらが取れるような発信をするので。

しかし、申し上げましたとおり、僕のメイン業務はそっちじゃないから、いわゆる皆が参加している「数字」の勝負に参加できていないんですね。

たまたま、そのポジションにいるだけなので、その自分を肯定するつもりも無いのですが…
ただ「再生回数を稼ぐぞ」という欲がない分、かなりフラットにYouTubeの今の状況を見れていると思います。

その観点から思うことがありまして……

多くのYouTuberさんがメインチャンネルとサブチャンネルと持たれているように、遅かれ早かれ多くのYouTuberさんが、「メインチャンネルと有料チャンネル(メンバーシップ)を持とう」と考えると思うんですね。
あと、半年~1年すれば普通になると思います。

すでに、ビジネス系YouTuberさんの場合は、「メインチャンネルで浅めの情報を発信して集客をして、有料チャンネルの方で濃い情報を発信する」という定番の流れができています。

エンタメ系YouTuberさんが、これをやろうと思った時に、結構、弊害になってくるのが「サブチャンネル」の存在だと思っています。
言ってしまったら、「サブチャンネル」って「裏側」の感じあるじゃないですか。
「楽屋」的な。

そこには、(たしかに)めちゃくちゃ価値がある。
それこそ僕の場合は、そこが『スナック西野』という形で有料チャンネルになっている。

エンタメ系のYouTuberさんの場合は、メインチャンネルが一番濃くないとダメで、その人の裏側(メイキング)には価値があるのですが、しかし、そこは(すでに)サブチャンネルで出してしまっている。
となると「有料チャンネルで何を発信する?」という問題が必ず出てくる。

その時、裏側を発信しているサブチャンネルと閉じて、「これからは、このサブチャンネルを有料にします」といっても、ファンの方がそれを許さない。
たぶん、反発が生まれます。

実は「有料化」を認めるのは「理屈」じゃなくて、「雰囲気」で、「そりゃ有料だよね」と皆が思えば有料になるし、「無料でしょ」と皆が思っているものを有料にするのは、なかなか難しい。

「レジ袋」なんて、まさに。

となってきたら、すでにサブチャンネルを作られているエンタメYouTuberさんって、広告の呪縛から抜け出すことがかなり難しいなぁと思っています。

もちろん、それでも、大きな影響力を持たれている方は、そこを突破できると思うのですが、端から見ていると、「これから行くぞ」と思われている方は、「サブチャンネル」の取り扱いには注意した方がいいんじゃないかなぁと思っています。

西野亮廣(キングコング)

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究...
Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所 西野亮廣エンタメ研究所は、西野が考えるエンタメの未来や、現在手がけているプロジェクトを、まだ公開できない構想の段階から共有する、会員制オンラインサロンです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる