今、挑んでいる人へ【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

目次

あの蜷川実花だって…

今日は、ちょっとした雑談会になっちゃうんですが、僕今、YouTubeの月額590円の有料チャンネルメンバーシップと呼ばれるチャンネルの方、西野っていう番組をやってるんです。

内容は、月に2度僕の自宅にお友達をお招きしており実際の友達を家に招いて、お酒を飲みながらワイワイと仕事の話をするという宅飲み配信です。

8月に撮っていましたが、魔法に関しては、ま廃止に書いて月に2回以上っていう表現が適切だと思うんですが、ついついね飲み過ぎちゃってしゃべりすぎちゃって撮れ高が出過ぎるということがあって、実は初回ゲストである幻冬舎の箕輪康介さんがいきなりそうだったんですが、たくさん取れちゃったから続きは来月に今はそういうこともせずに、まその辺りはもう出しちゃえみたいな感じで雰囲気でも食べずにお届けしようということで8月はなんじゃかんじゃで3回配信になるね。

今日の夜に、泥酔編として、箕輪さん会の後半戦を配信しますでもでも本当その名のごとく、箕輪さんが本当に泥酔しちゃってほぼ、お休みになられていてボコボコ酔っ払ってるもんですから箕輪さんが寝ていることに気がつかずに、寝ている皆さんに持論を展開する気がしてほさか遅すぎる時間が流れているんですが、まあこういうのってね友達同士の酒場でも見かける光景ですがメディアにないじゃないですか。

怒られるんだったらあの人かなと思ってそのままでも結構なので、もしその作品に関する作品の内容に関すること普通にかけた方がいいのかなと思ってその彼女が本当に多くの方に勇気を与える内容だなと思ったので、一部だけかいつまんでお話ししたいんですが、えーと、蜷川実花ってなんかいつも堂々と構えてるじゃないですか。

巻いてるじゃないですか何かありとあらゆるものを手に入れてもう決まっていて何事にも動じないと実際に日本でトップクラスの戦闘力を兼ね備えていると思うんです。

そんな彼女が昨日なるほどなって思うようなことを喋って彼女映画元々今はそうですが、写真家じゃないですか。

写真家の彼女が、映画に初挑戦したのは映画さくらんです。

当時33歳だったんですって。

33歳右も左も分からない映画に感謝ですよ右も左も分からない33歳の女の子が映画監督としては業界2年何十年もいるもって誰がもゴロゴロゴロゴロも鬼みたいな人たちがたくさんいる大先輩がたくさんいる現場に入るわけですよね。

そこで最初に、監督の蜷川実花ですって挨拶をした時に左手の震えが止まらなかったんです。

それを右手で押さえて必死で隠したんです。

要するに怖かった。

怖くて怖くてたまらなかったらしいです。

それ最初はね何ものもんじゃいっていう目で見られてるから仕方がないですよね。

写真だけの奴がいきなり来て分け目で見られてるだろうからまあ強いのも仕方ないしかもまだ33歳からすると、もう小娘中の殺すよね触れるのも怖いのは仕方ないよねってそこでねその日で僕は言ったら、彼女から帰ってきた言葉に胸をえぐられたんですが、今も強いんですって。

現場に行く時に今もう毎回降るらしいです。

どうしよう大丈夫かないやなんかでプロだなと思いました。

本当にその音1/1000000程度ですが僕もその気持ちってちょっと分かるんです。

あの結果を出せば出すほど責任と期待が大きくなってもつたのように体に絡みついて離れないと。

そこで一度ね失敗してしまうとそれら全てが絶望に変わるわけじゃないですか。

都合とかもしかしたら自分がここでこけてしまうと食いっぱぐれてしまうしたが出てくるっていうこともありませんね。

仕事本気で向き合えば向き合うほど当然仕事の規模が大きくなれば大きくなるほど強さが年も走って行くんですよ。

結果を出せば出すほど強さが増していくんですよ。

今猫のラジオを聞きの方の中で大きな挑戦されてる方いらっしゃると思うんです。

きっとね怖いと思うんですよね。

ねでもねそのあのになるかも怖がっているし僕も怖がってますよ僕も。

やっぱ強いですよ年末に12月の25日に映画えんとつ町のプペル公開が控えているんですが、もう風呂敷を広げちゃってる子も沢山も何万人もの期待を背負っているしたくさんのスタッフさんの生活も背負っているしここでこけられない。

ディズニー超えるみたいなこと言っているしここで結果が出てしまうわけじゃないですか。

で表現しないでね色んな事いますよ何かインタビューとか何か色んなこと言いますし自分のポジショントークもすると思うんですが、基本ね怖くないわけないんですよ。

朝鮮が怖くないわけがなくてこれがなくならないっていうことです。

もう僕も過去もいろんな挑戦続けてきたし今もやっているしもう何百何千挑戦を繰り返してきてこれが出なくなんないんですよね。

やっぱ強いんです。

で今回美香さんも同じような事しちゃって今も怖い原爆の今も怖いっていう音でなんかそれが今回のね皆さんの話がなんか挑戦する人のエールになればいいなと思いながら聞いていました。

これは多分僕が言うより本人の口から音聞いたほうがいいと思うんで本人の言葉でね聞いたほうがいいと思うのでぜひご覧くださいね。

本編の方は50分ぐらいあるのかな。

そっちは有料なんですが、予告編の無料無料で配信されるのでそちらももしかしたらになると思うんでこの後もとにかく最高の話したむちゃくちゃ面白いわ本当に面白いと思うんで是非ご覧ください。

キングコングの西野亮廣でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる