強いチームに必要な「上司」の仕事とは?【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

目次

僕が死んだ後のエンターテイメント

昨日ですねスナック西野の 初回放送がありましたスナック西野っていうのは YouTube のメンバーシップ有料チャンネルですねの初回放送がありました実はですね初回ゲストの箕輪康介さんとの話が盛り上がりすぎちゃってですね収録は1時間の予定だったんですけどもなんじゃかんじゃで2時間回しちゃったのでまたどこかのタイミングで続きをですね配信できればいいかなと思っておりますとりあえずですね紹介はみのわこうすけさんでした次回のゲストはですね蜷川実花さんですねま何がどうやって蜷川実花っていう人間が生まれたのかそして彼女がこれからどこに向かうのかっていうお話を聞いてみたいと思います黙っプライベートでも仲がいいのでまただいぶ口だけで話になると思いますよろしくお願いしますまあそんなこんなで今日はですね昨日配信されたスナック西野の中でですね箕輪さんの方から質問されてですねほぼ聞き流してしまったな ようについてと少し掘り下げてお話ししたいと思いますこのうちのサロンメンバーさんは知っている内容なのでもしサロンメンバーさんがいらっしゃったらですねこれは副主だと思って聞いてくださいえーとですね昨日の箕輪さんに限らず最近よく頂くのがですね西野さんは次どこ目指してるのとか西野さんは今何に興味があるのといった質問ですねこれに関しては明確に答えがありまして僕はの基本酔っ払いではあるんですけれども結構頑張り屋さんでそして諦めの悪い男花でできないことがあったとしてもまああのできるようになるまでやるんですねなのである程度のことはですね根性で何とかなるんですけども再現できるんですけども僕が死んじゃった後の事って僕のコントロールがきかないじゃないですか あの持ち前の根性を発動できないこういったですね手に負えない仕事にはちょっと興味があってですね当然当然今の事務スタッフだとか今のチーム面白がってくださっているファンの方を含めたすべての人の中でキングコング西野が一番最後まで生き残るなんてことはあり得ない理由で今やってる調整がうまくいけばいくほどですねいつか僕はですね多くのスタッフが多くのファンの形を残していなくなっちゃうんですね その瞬間にこれまでみんなで作り上げてきたエンターテイメントか止まってしまうのだけは絶対に嫌なんですねなので今僕が興味を持っているのは僕が死んだ後のことですね僕が死んだ後もエンターテイメント化止まらないようにもうすでに今のうちから準備を始めていますでこのエンターテイメントずっと続く僕はもう300年続けるって言ってるんですけどもこのずっと続いていくエンターテイメントに必要なものはですね続けていくために必要なものはですね具体的に二つで一とお金ですね 作り続けてくれる人がいないと止まってしまうし作り続けられるだけの予算がないと止まってしまうこれは別に僕のエンターテイメントに限らず全てのサービス業に言えることですね人とお金を生み出し続けなければならないと予算が生まれ続ける仕組みについたですね今水面下でずっと進めていてあのここでは割愛させて頂きます佐野の施しておりますので興味がある方はサロンは覗いてみてください今日ここではですね人についてお話ししたいと思います今うちの若手がですねブロードウェイミュージカルを作ったり VR を開発したり様々なイベントやエンタメ施設を立ち上げたり運営したり後はそうだ貧しい国の教育とか雇用の喪失をしたりしていますが当然ですがやっぱね実践に出すのが一番成長が早いんですよ 机の上で設計している時とかまあ仲間内で議論してる時みたいに8実践ってのはその理屈が通らない場面が次々とやってくるんで対応力がつくっていうことですねもし家に出てしまったほうが早いととっととして シフトを出せた方がいいんですよね正直正直にぶっちゃけ最初はない話になんないですよそんなの入ってきたばっかりで8週間一ヶ月何ヶ月の子に習得出したところでもクオリティ高話に何年生なんだその眠たい走るとはそんなもんで戦えると思ってんのかと思うこともあると思いますので僕がシュートを打てば百発百中決められる場面でもそれでも打たせることが必要だなと思っていてやっぱり打たせないと伸びないからだからやっぱパス出さないといけないですよ でここからが今日の本題なんですけども若手にどんどんチャンスを与える上司って何か良い調子みたいに扱われるじゃないですかなんか好きなようにやれとか言っちゃう漢字かっこいいステなこれねただ自分がね調子になってみてわかったんですけども好きなようにやれって言う時の調子がどの状態であるかっていうのが非常に重要だと思っていて自分ができないくせに自分ができないくせによ後輩に好きなようにやれって言ってんのとたとえ後輩がシュート外してもチームが負けない程度に自分が点を取った上で好きなようにやれというのとでは全然違っていて僕はやっぱり後者でありたいんですね ご飯に任せるのもいいけどもお前もお前で圧倒的に結果を出し続けるっていうことですねで圧倒的な結果を出せるやつがラストパスを出すからそこに重みが出るわけじゃないですかそこに責任が発生するわけじゃないですかなので今だとですね後輩に色々と仕事を任せてはいますが僕は僕でですね映画えんとつ町のプペルで圧倒的な結果を出そうと思ってますねここでですね圧倒的に結果を出せを出しさえすればですね怖いが少々シュート外してもチームは負けない これまとめるとですねよっつかなまず一つ目がですね僕が死んでも終わらないエンタメを作ると二つ目が後輩にどんどんシュートを打たせると爪が後輩のシュートが外れてもそれでも打たせる よっつめがチームが負けないように自分で点を稼いで送ったところですねで世の中のこの調子と呼ばれる人を見た時に渡した時にですね 山王ですね後輩のシュートが外れてもそれでも打たせるって言うのとイオンのですねチームが負けないように点を稼いで送っていうことができない上司が結構多いなーっていう印象ですここやってないそのありがちなのですね後輩に任せたら新人に任せたらクオリティが落ちるからもう自分でやるみたいなあんたに任せたらも時間がかかるからもうもう私やったみたいなことやっちゃうと気持ちがすげえ分かるんですよねだって後輩には技術も無いから氷でも技術も無いからもスピードも遅いならもう自分では早いんすよそうだからもうもう私がやってそう言いたくなる気持ちはすげーわかるんですけどもだけどチームの延命作業とですねその瞬間のクオリティっていうのは実はトレードオフの関係にあって 延命しようと思ったらずっとこのチームを続けていこうと思ったらやっぱ後輩が育つまでのクオリティっていうのはどうしてしまう後輩に任せないといけないんだといけない試合であまり結果が出せなかったとしても後輩を試合に出し続けなきゃいけないんでチームの氷て夕方落ちてしまうんですねそのために落ちてもねチームのクオリティ落ちてもそのチームが終わらないように自分がよそで圧倒的に結果を出すこれが上司の仕事かなと思っていて僕が今興味があるのはこんなところですねというわけで今日はですね僕は死んだ後のエンターテイメントっていうテーマでお話しさせていただきましたオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所ではですね西野亮廣が現在手掛けている最新のエンタメ ジネスに関する記事をですね2000文字3000文字投稿しておりますので興味がある方は覗いてみてください何よりですね今はですねもう年末の映画えんとつ町のプペルの公開に向けて広告戦略にも磨きがかかって今キレッキレなんて 寂しいよやられてる方は覗いてみると面白いかもしれませんそれでは素敵な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でしたじゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる