キンコン西野はどこから情報を仕入れているの?【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

売り物にならない情報

 

よく「西野さんは、どこから情報を仕入れているの?」という質問をいただくので、今日は、この質問にお答えします。
まず前提が少しズレていると思うので、そこから調整します。
この質問がよく届くということは、「キングコング西野は、他の人よりも早く未来の情報を仕入れて、実行している」というイメージを持たれていると思うのですが、それは半分正解で半分間違いです。
たとえば、「オンラインサロン」って日本特有の文化なんですね。
海外で活動するとなると、当然、プロフィールが必要になってくるのですが、僕の海外向けのプロフィールには「オンラインサロン」という文字はなくて、そこは「ファンクラブ」になっているんです。
「オンラインサロン」なんてものが存在しないからです。
特に、契約が厳しい国になってくると、オンラインサロンでは当たり前の「作る過程からお客さんと共有する」というノリは珍しくて、毎回、めちゃくちゃビックリされます。
今、僕のオンラインサロンは国内最大です。
つまるところ、オンラインサロン運営に関して、僕よりも情報を持っている人が世界のどこを探してもいないんです。
「絵本を全ページ無料公開したり、著作権をフリーにしたエンタメビジネスがどうなるか?」なんてのも、僕より前に大々的にやっている人がいないので、情報を仕入れるも何も「僕が1次情報」なんです。
こんなことを言ったらアレですが、僕が「どこからか仕入れた情報を上手く紹介する人」だったら、オンラインサロンは、あの規模にはなってないと思います。
僕自身、「これをやるとどうなるんだろう?」という実験を繰り返しながら進んでいます。
まずは、これが前提にあります。
その上で、「とはいえ、どこからか情報を仕入れているだろ?」という疑問・質問にお答えします。
もちろん、仕入れています。
仕入先は「有料の情報」です。
書籍だったり、オンラインサロンだったり、YouTubeのメンバーシップだったり。
これ、全部有料なんですね。

というのも、無料で手に入る情報って、無料で発信している人が、お客さんからお金をとらない代わりに、【広告費】を受け取ることで回っているじゃないですか?
たとえば、YouTubeの場合だと、動画の合間にCMが挟まって、アレが観られるごとに、動画配信者に広告費が入る。
当然、『たくさんの人に観られる動画』を作りに行くことになるわけですが、『たくさんの人に観られることを想定した動画』って、たくさんの人が咀嚼できるレベルまで落とさないといけないので、端的に言うと情報が浅いんです。
全部知ってることばっかり。
なので、広告費で回っている情報には時間は使わずに、そもそも再生回数なんかを狙っていない有料の情報を買って、そこで勉強させてもらっています。
一番高いのは「自分の時間」です。
この自分の時間を「無料で提供されている、とっくの昔から知っている情報」を観たり聴いたりすることには僕は使いたくありません。
僕は、大衆にウケるエンタメは好きなんですけど、大衆にウケる情報には興味ないんです。
大衆がどういう人達の集まりかを知っているので。
そんなこんなで今日は、「キンコン西野は、どこから情報を仕入れているの?」というテーマでお話しさせていただきました。
▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓

近況報告をさせて頂きますとですね昨日オンラインサロンの方でまオンラインサロン限定でですね映画えんとつ町のプペルの予告編を公開させていただきました。

これはねあの今日ではなくてですね西野の周りには珍しくテロではなくてちゃんとお父さんとか関係各位んですね確認を取ってですねオンラインサロン内であれば交換していいよっていう許可を頂いて合法的に公開させていただいております。

ちょっとこれについてね少しお話ししたいんですが、何かね

思うところ色々あってやっぱね僕はこういうラジオとかブログとかオンラインサロンとかビジネス書とかああいうところで発信している内容って作品の作り方っていうよりも作品の届け方が口臭となってるんですね。

というのもやっぱりこの届け方っていうのは皆さんの生活に転用できるから見てしまったお金の使い方とか生み出し方とかあと商品の売り方だとかそういう物ってどの職業にも転用出来ることじゃないですか。

一方でこの作品の作り方みたいな事に関しては実はできなくて僕が煙突街っていうもので作ったかとかってそんな話聞いても僕が好きなんですが、あの利用することはできないようなって言う

役には立ってないなーっていうことがあってなのでなるべく作品の届け方っていうのをしているんですね。

そこをやっていれば皆さんとこ行って接点を持ってるので皆さんに興味があるような興味を持ってもらえるようにできるんだね。

そういうことがやっているんですが、立たんですね僕の仕事の労働時間のですね90も8%ですねもう作品制作ですよ

もう作品の届け方に咲いてる時間中にパーセントぐらい98

PC

作品何が言いたいかっていうと98%見てないと皆さんは

で何か届け方のことばっかり発信しているからなんかこう届けるのが上手な人みたいなところですね結構クリエイター表現者の方からだったらそんなうまく届けられるのをみたいなことを聞かれるんですが、うまく届けられるも何もこんなこと言うとすぐ怒られるんですがお前の作品が届かないのはお前の作品が弱いからだお前の才能がないからもうここに尽きると思うんですねやっぱりマーケティングでどうこうできるようなそんなスマートな世界ではなくてやっぱり僕が住んでいる所っていうのはですね弱い人から順に消えていく本当に暴力的な世界ですからやっぱりが強くないといけないんですよ才能がなきゃいけないんですよ

ちょっと見せようと思って昨日あのんですが、もう1回も銀行に届けるのが上手な人なんだって思ってる方がいらっしゃると思ったのでちょっと作品を出してちょっと黙って出してみましたですねですね

YouTube

の方でもなく公開されますのでちょっと覗いてみてください確認してほしいポイントは一転クオリティーですねそこだけで勝負しておりますので興味がある方は覗いてみて下さいすいません前置きが長くなってしまいました今日はですね銀行西のはどこから情報を仕入れてるのというテーマでお話ししたいと思いますよくねあの西野さんはどっから情報仕入れてるのっていう質問いただくんで答えて行きたいんですが、まずはですねこれ前提が少しずれていると思うのでそこから調整しますねあの質問がよく届くということはキングコング

西野は他の人よりも早く未来の情報を仕入れて実行しているっていうイメージを持たれていると思うんですが、それはハム正解で半分間違いなんですね例えば

まあオンラインサロンだか分かりやすですねオンラインサロンて日本特有の文化なんですね海外で活動するとなると当然プロフィールが必要になってくるんですが、僕の海外向けのプロフィールにはですねオンラインサロンという文字はなくてそこはですねファンクラブっていう風になってるんですよオンラインサロンってものが海外に存在していないからです特にご契約が厳しい国になってくるとオンラインサロンでは当たり前のですね作る過程からお客さんと共有するっていうノリは珍しくて毎回むちゃくちゃびっくりされるんですねそれ共有しちゃってんのみたいなデータ共有しちゃってんのみたいなパクられたどうすんの三大湖と結構言われるんですよ今ですね僕のオンラインサロンは国内最大なんですが、つまるところですねオンラインサロン運営に関して僕よりも情報を持ってる人が世界のどこ探してもいないんですよ

どっから仕入れてるわけじゃなくて僕が一時情報で本を全ページ無料公開されたとか著作権フリーにしたエンタメビジネスがどうなるかなんていうのもですね僕より前に大々的にやってる人がいないんで情報を仕入れるも何も僕が一時情報なんですねこんなこと言ったあれですが、僕がどこからか仕入れた情報をうまく紹介する人だったらオンラインサロンになってないと思うよ僕自身がですねこれやるとどうなるんだろうっていう実験を繰り返しながら進んでいるからそこに興味を持ってもらっているっていう位置情報を買いに来てる人が多分今西野亮廣エンタメ研究所っていう所に集まっているんだと思いますこれが前提になりますねそこから情報仕入れてるだろうって疑問質問にお答えしたいんですが、もちろんですよ

仕入先はとかって言うといたってシンプルで有料の情報です有料の情報書籍だったりオンラインサロンだったり

YouTube

のメンバーシップだったりですねこれらは全部有料なんですねというのも無料で手に入る情報って無料で発信している人がお客さんからお金を取らない代わりに広告費を受け取ることでこの回っていたりするじゃないですか例えば

YouTube

の場合だと動画の合間に

CM

が挟まってあれが見られる事に動画配信者に広告が入るとそういう立て付けになってるので当然たくさんの人に見られる動画を作りに行くじゃないですかじゃないと食っていけないんでたくさんの人に見られる動画を作りに行くんですが、たくさんの人に見られる動画って端的に言うと浅いんですよ

全部知ってることしかないですよそこで語られる事も知ってる人ばっかりなんですなので広告費で待ってる情報には時間は使わずにですねそもそも再生回数が狙ってない有料の情報を買ってそこで勉強させてもらってます結構だから本を読みますね意外とまだなんか本って全然なくなんないなーってやっぱ本当かはコインで後本ってやっぱりいいのかですねあの前作の評判が悪かったら出させてもらえなかったりするじゃん作れなかったりするやつかそれをお客さんの満足度がむちゃくちゃ反映されるって言うタイトルでパっていうのはなくて特にビジネス書なんかって言うともうこの人のビジネス毎回おもしろいなーっていうのはやっぱりあってそれは情報源にはさせてもらってますね

やっぱり一番高いのはですね自分の時間なんですね自分の僕の時間なんですよねこの僕の時間を無料で提供されてるそれこそとっくの昔から知ってる情報を見たり聞いたりすることには使いたくなくても使いたくなくても無料のラジオでなんて言うこと言ってるんだって話なんですけどやっぱ嫌なんで僕は使いたくないんですよでも僕はですね大衆に受けるエンタメ好きなんですよ大衆に受ける人が好きなんですがどうも大衆に受ける情報には興味がないなぜ来週っていうのは勉強することを放棄してる人の集団だから

そこに刺さる情報っていうのは売り物にならないっていうことですねだって3年4年ぐらい前の情報を要約食べ始めるんでこんなこと言ったら怒られるかでも実際そうなんですよなんで有料の情報を買いに行ってるっていう感じですねそんな感じで今日は近郊にしなどこから情報を仕入れてるのというテーマでお話しさせていただきましたそれでは素敵な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でした

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる