相談する時は下心を隠すな【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

下心を白状するメリット

ここのところ、ほぼほぼ毎日、サロンメンバーさんの会社・個人のコンサルをやらせてもらっています。

これは現在実施中のクラウドファンディングのリターンなのですが、下心を話した方がいいと思うので、正直にお話しします。

このコンサルの売り上げは全て映画「えんとつ町のプペル」のチケットを子供達にプレゼントすることに回されます。

つまり、コンサルにかこつけて、映画のチケットを毎日せっせと売っているんです。

やっぱり、たくさんの人の想いがのった作品なので、「一人でも多くの人に届けたい」という気持ちが強くて……あの手この手でチケットを売っています。

映画公開までには僕個人で10万枚のチケットを購入&プレゼントする予定です。

一人で10万枚というのは、なかなか果てしない数字なのですが、リーダーが一番手売りしていたら、チームが締まるじゃないですか?

そういう下心もあります😊

…ここでお聞きしたいのですが、今、正直に下心を白状した僕のことを嫌いになりました?

おそらく多くの方が、僕の責任や焦りを理解してくださったと思います。

もしかすると、下心を白状する前よりも応援するモードが入った方もいらっしゃるかもしれません。

これが、とっても大切だよ…というのが、今日の話です。

結論を先に申し上げますと、「相談者は下心を隠してはいけない」です。

コンサルら相談者が解決したい問題を、あの手この手で解決していく作業(解決する方法を提案する)作業です。
そのコンサルをしていて本当によくあるのが、「話を進めていくうちに、『どうやら問題が違った』ということが発覚して、そこまでの全てが取り越し苦労になる」という事故です。

たとえば、「出版業界を盛り上げたい」というのと「自分の作品を売りたい」というのは、まったく別の問題ですよね。

「出版業界を盛り上げたい」という相談があった場合、出版業界を盛り上げたいのであれば、村上春樹さんの本の宣伝のお手伝いをボランティアでやればいいじゃないですか?

売れない本を売ることに時間を割くよりも、村上春樹さんの本を売ることに時間を割いた方が、よっぽど本屋さんに足を運ぶ人が増えて、出版業界にお金が落ちる。

…みたいなことを提案しても、相談者がずっと「う〜ん」をといった感じでシックリきていなかったりするんです。

その後も、あの手この手で出版業界を盛り上げる策を提案し続けるのですが、どれもシックリきてもらえない。

で、よくよく話を伺っていくと、「ぶっちゃけ出版業界の盛り上がりは後回しでよくて、それより何より、自分の作品を売りたいです」ということが発覚する。

それって、「最初に言ってよ」という話じゃないですか。

『北海道に行きたい』と聞いたから、そこから逆算して、「京急鉄道」か「東京モノレール」に乗って、羽田空港の第1ターミナルに行って、○○時の飛行機に乗って…といった感じで乗り物と道順を考えていたのに、

よくよく聞いていくと、『実は、山梨に行きたいんです』というチャブ台返しをお見舞いされた感じです。

この瞬間、羽田空港に向かう道を考えていた全ての時間が無駄になるんです。

過去にも1時間のコンサルの間のラスト10分で、本音を白状されたことがあって、それまでの50分が全部無駄になったことがあったんです。

これ、メチャクチャ勿体無いですよね。

で、ここで「こういうことがあるから、相談する時は、キチンと本当のことを話そうね」と話を終わらせるのは少し乱暴だと思っていて、「なんで最初から本当のことが言えなかったのか?」を掘り上げて、その原因を潰した方がいいと思うんですね。

書籍の話に戻すと、「なぜ、最初から、自分の作品を売りたい」と言えなかったのか?

もう、この理由は「悪く見られたくない」の一点だと思います。

「ガメツイ奴だと思われなくない」的な。

だから、下心を隠して、ありとあらゆるオブラートで包んで、「出版業界を盛り上げたい」みたいな全然違うテーマに仕上げてしまう。

でも、冒頭申し上げましたが、下心を正直に白状した人のイメージって下がらないどころか、むしろ、好感度が上がる。

「よそでは言えないのですが、お恥ずかしい話、ほんと、僕、売れたくて…業界を盛り上げなきゃいけないことは重々承知しているのですが、それより何より、僕が売れたくて……」と相談してくる人、めちゃくちゃ可愛いじゃないですか?

なので僕からお伝えすることは一つ。

「相談を持ちかける時は、正直に下心を白状した方が寄り道せずに問題解決に向かうし、何より、正直に下心を白状したら好感度が上がるから、正直に下心を白状した方がいいよ」

です。

是非、一度、試してみてください。

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事が毎朝読めるのはコチラ↓

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究...
Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所 西野亮廣エンタメ研究所は、西野が考えるエンタメの未来や、現在手がけているプロジェクトを、まだ公開できない構想の段階から共有する、会員制オンラインサロンです。

 

近況報告としましてはですね

YouTubeのメンバーシップですねスナック西野これ月額590円のやつがあるんですが、まだスタートしてないんですけどね実はですね今日合唱会収録なんですよ今日の夜とるんですが、初回のゲストが箕輪さんですね毎月2組二人ゲストを呼んで一緒にいっぺん放送して行こうかな収録です収録なんですが、2周年放送して行こうかなと思っております自宅でね僕の自宅でお宅飲みですね宅飲みをして抱いて飲んで

仕事の話しかしないのでま箕輪さんの話を聞きながらそのあれどうなってんスカートか跡継ぎこんな事しませんみたいな話をお届けする会になりそうです興味がある方は覗いてみてくださいいよいよスタートしますよっていう報告でございましたさて僕はですねここのところほぼほぼ毎日ですねそのメンバーさんの会社個人のですねコンサルをやらせてもらっているんですねこれは現在実施中のですねクラウドファンディングのリターンの一つなんですが、多分下心正直に話した方がいいと思うのでお話するとですねこのコンサルの売上はすべて映画えんとつの町のプペルのチケットを子供達にプレゼントすることに優れてます

つまりコンサルにかこつけて映画のチケットを毎日せっせと売ってるんですね

やっぱりたくさんの人が重いが乗った作品なのでえんとつの町のプペルっていうのはどうしてもね一人でも多くの人に届けたいという気持ちが強くなっちゃってですねあの手この手で本当にチケットを届けています映画公開までにはですね僕個人で個人で10万枚のチケットを購入そしてプレゼントする予定です一人でね10万枚っていうのはなかなか果てしない数字なんですが、やっぱりねリーダーが一番手売りしたらチーム学校閉まるじゃないですかそういう下心もあったりしますここでお聞きしたいんですが、今正直に下心を白状した僕のこと嫌いになりましたかっていうのが今日のテーマなんですが、おそらく多くの方が僕の責任とか映画えんとつ町のプペルに一部分にかかっている僕の責任だとか焦りっていうものを理解して

あったと思うんですねもしかするとして起こるを白状する前よりも応援するモードが入ったいう方もいらっしゃるかもしれないというかまぁ厳密に言うと応援の仕方がわかったっていうとこかもしんないですねこれがとっても大切だよっていうのが今日のお話なんですが、

結論先に申し上げますと相談者は下心を隠してはいけないっていうとこですねとコンサルってね相談者が解決したい問題をあの手この手で解決していく作業及び解決する方法を提案する作業だと思うんですが、

コンサルで本当によくあるのが話を進めていくうちにどうやら問題が違ったっていうことが発覚してそこまでの全てが取り越し苦労になるって言う事なんですね例えば出版業界を盛り上げたいっていうのと自分の作品を売りたいっていうのは全く別の問題ですよね例えば出版業界を盛り上げたいっていう相談があった場合出版業界を盛り上げたいのであれば村上春樹さんの本の宣伝のお手伝いをボランティアでやればいいじゃないですか売れない本を売ることに時間を割くよりも村上春樹さんのですねよく売れる本を売ることに時間を割いた方がよっぽど効率がいいしよっぽど本屋さんに足を運ぶ人が増えるしよっぽど出版業界にお金が落ちるみたいなことを提案しても

相談者がずっとそれもいいんですけどみたいな感じでしっくりきてなかったりするんですねその後もあの手この手で出版業界を盛り上げる策を提案し続けるんですがどういった感じでしっくり来てもらえないとよくよく話を伺っていくとぶっちゃけ出版業界の盛り上がりは後回しでよくてそれより何より自分の作品を売りたいんですっていうことが発覚する白状されるっていう感じですねそれも最初に言ってよっていう話じゃないですか

北海道に行きたいって聞いたからそこから逆算して京急鉄道か東京モノレールに乗って羽田空港の第1ターミナルに入って何時の飛行機に乗ってって言った感じで乗り物と道順を考えていたのによくよく聞いていると実は山梨に行きたいんですよねって入っ返しお見舞いされるとこの瞬間羽田空港に向かう道を考えていたすべての時間が無駄になるんですね過去にもですね1時間のコンサルの間のラスト10分で本音を白状された事があってそれまでの50分が全部無駄になったことがあったんですこれ実は少なくないんですよ

結構あるよこれと喋ってラスト5分ぐらいで実はみたいなこれめちゃくちゃもったいないじゃないですか

でここでこういうことがあるから相談するときはきちんと本当のことを話そうねと言って話を終わらせるのは僕やっぱ少し乱暴だと思っていて何故最初から本当のことが言えなかったのかっていうところを掘り下げてその原因を潰した方がいいと思うんですね書籍に話を戻すとですねなぜ最初から自分の作品を売りたいって言えなかったのか理由は一つで

悪く見られたくないからの一点だと思いますがめつい奴だと思われたくない的なだから下心を隠してありとあらゆるオブラートで包んで出版業界を盛り上げたいみたいなも全然違うテーマに仕上げてしまうでも申し上げましたが下心正直に白状した人のイメージで下がらないどころかむしろ好感度が上がる応援したいとかあがるよそれは言えないんですが、恥ずかしい話本当僕売れたくて業界を盛り上げなきゃいけないしてるんですがそれより何より僕と相談してくる人めちゃくちゃ可愛いじゃないですか絶対に応援しますよねなるほど

じゃあどうやってるか一緒に考えようとなりますよね

なのでこのラジオを聴きのパターンですね皆様にですね僕からお伝えすることは一つですね相談を持ちかける時は正直に下心白状した方が寄り道せずに問題解決に向かうし何より正直に下心を白状した高感度が上がるから正直に下心白状した方が得ですよっていうことですねくれぐれも下心白状したことによってあの悪いやつとは思われないって言うなら相談乗ってる側にも下心ってあるから売れたいなーとかわかんない場合はお金持ちになりたいなーとかそういう気持ちっても理解できるもんだからそれで出したほうが相手も多分自分と同じようなこと考えてるんだから相談に乗ってくれる相手も自分と同じように下心があるような人だから

別にそこで下心出したところで絶対に思われ

隠すことの方がリスクであるっていうことですねというわけで今日はですねちょっと偉そうに申し訳ないですが、相談する時は下心を隠すなというテーマでお話しさせていただきましたまっこのねラジオではですねまあ普遍的な話と言うかも古臭い話をですね堂々と喋っているんですが、えーとオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所ではですねうんと西野亮廣が現在手掛けてる最新のエンタメビジネスに関する記事をね毎日2000文字3000文字投稿しておりますので興味がある方は覗いてみてくださいこっちが僕の本気を出している場所でございます今日は今日ですね

映画えんとつ町のプペルのですねポスター第一弾ポスターが完成したのでこれをサロン内で公開してみたいと思いますこんなんできましたけどまだ表には出せないやつなんですが、こんなんできましたよみたいな感じのものを今日の本日のサロン内で投稿してみたいと思うんで興味がある方は覗いてみて下さいそれでは素敵な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でした

じゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる