商品を売るか、物語を売るか【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

もっとも利益率が高い商品は「物語」だ

今日はですね商品を売るか物語を得るかというテーマでお話しさせて頂きたいんですけれども以前ですね巻ける人の共通点という会議でそんなようなタイトルだったと思うけどまあそんなようなこと喋った帰りですね取り分が確認できてから動く人は絶対に負けるよねっていうお話をさせていただきました。

まーの行動を起こす前にどんなメリットあるんですかみたいなやたらにする人っているじゃないですか。

それやって何の得があるのを見たいな無理やったらリサーチする人あの取り方石橋を叩いて渡る人ですね。

この橋は安心できる橋なのかと過去に何人だった頃あの子とかあるのかっていうねそういう確認をしてから橋を渡る人っていらっしゃるじゃないですか。

ただここに大きな矛盾がはらんでいてこの橋は100人が渡っていても崩れない走っていう確認ができた時点で橋の向こう側のシェアはも取られてるからそちらも全部取られてるから客には渡ってるからね今から橋を渡っても意味ないんですよ。

手遅れなんですよ。

笑ったところで何っていう話でそうだな 今更そうだなタレントが YouTube を始めてももう難しいじゃないですか。

ただの石橋を叩いて渡って言ってる人がいるんですねそれがですねあの橋の向こうがの土地は取られているというのに関係あらへんて言った感じでも4 T トラックも20台ぐらいで橋を渡ってもう資金力に任せて土地を買い上げることができる人ですね。

これがあの代表の基本的な戦い方なんですけれども僕らの身の回りにいるそれどんなメリットがあんのっていうのの取り分が確認できるまで動かない人っていうのは資本力がないくせに第二方の戦い方しちゃってる。

頃だから負けるって言う事ですね。

えっとタレントかねそれを YouTube を始めるほど簡単ですよ。

今この瞬間からでも始めることはできる簡単なんですけども始めたところでどの枠を取るのっていう話じゃないですか。

家族を前面に打ち出すのはカジサック うがやってるし。

教育はオリラジの中田君がやってるし。

じじいを切るのはホリエモンとかダイゴさんがやってるし。

また企画ものに関してははじめしゃちょーさんだとかひかるさんだとかラファエルさんとかその他もすごい方々が抑えていると。

ここから来るのはなかなか大変ですもしや取られちゃってるからつまり江戸京子那覇市であることはわかっているんだけれども橋を渡った先はもう土地が余っていないっていう状態ですね。

こうしてですね取り分が確認できてから動いちゃう人ってな確実に負けるとですね。

この話をさせてもらった通りですね先行者利益というものは確実にありますよって話をさせて頂いたね。

どっちが抑えられるって言うのはもちろんのこと先行者の自由にとってはもちろんのことを誰よりも早くその家に飛び込んでいった人って 迫害を受けたことがあるって言うファンの結束力を頂けますからやっぱ強いんですね。

その迫害を受けたことがあるって言うのは最初の人しかもらえないようなんでもらえない利益なんでその後から来たお金で買うことってできないんですね。

その先行者利益空迫害を受けたことがあるっていうのがどんなメリットがあるのっていうのってたぶん想像しにくいと思うので例を挙げるとですねそれを分解した時に日本中から夢を笑われたっていうのは嫌らしいですがやっぱり一つのブランドになっていて。

今現在ね挑戦をされて笑われて叩かれている人の精神的な支えになることができるわけじゃないですか。

いや俺もしんどいけど西野さんはここから叩かれていたのにそれでも前に進んだんだもんながんばろうって言う。

実は僕にはですねはい準備が整ったので今日から日本中をひっくり返しますねっていうのろしを上げた日が明確にあって。

2016年の 7日の LINE ブログで今やってなアメブロなんですよとじゃないブログだったんですけど2016年9月7日の LINE ブログで反撃ですよっていうタイトルで記事を書いたんですね。

そこで書いている内容でシンプルなんですキングコング西野を叩いていた日本中の皆様は残念ですがあなた方の負けですっていう恐ろしい生地ですねえんとつ町のプペルっていう本が完成したタイミングです。

あもうこれ社会現象になるしその後も眠くなっていうのがもう見通しが取れたのでこれで買ったと思ってちょうどその時の自分の心境と戦略を綴った革命のファンファーレビジネス書があるんですけども今から四年前の本なんですが実は今なお重版され続けてるんです。

はるとですね半年前に出た本ぐらいのペースで通販がかかってると。

これ要するにですねあの迫害を受けながらも挑戦する人のバイブルになってるって言う事ですね。

単なるビジネス書じゃないですよ。

情報を飲み込むための本ではなくてなんかお守りみたいになってると。

これこそが先行者利益ですねだってずっと昼飯かかりつけてからでもこれはやっぱり僕が迫害を受けてないと革命のファンファーレっていう本は今なお売れ続けるって言わなかったわけだからこれで先行者利益ですね。

今回お話ししたいことはゴリゴリのビジネストークになるんですが ここからが本題ですねえーと商品と物語どっちの方が利益を出すんだっていう話です。

ちなみに僕は今全く違うやり方で新しい絵本を作っているんですけれどもほんの相談著者印税が10%だとしてね僕はその所と分けているので一般的ではないですがまあ例えば正社員税が10%だとして1500円の絵本が1万部売れたらですね帰りに1万部売れたら著者に入ってくる印税って鳴く50万円なんですね。

でくれぐれも絵本で1万部売れるってもなかなかないですよね本当も5000円部売れたらヒットっていう世界なんで1万ぶれるってなかなかないんですけどもまぁ仮に1万部売れたら1500円の方だと150万円が著者に入ると。

でもそれを入れてもそれぐらい僕はその裏でオンラインサロンやってるんですね。

ここでは僕の最新エンタメニュースに関するですね仮説検証レポートかですね毎日投稿されているわけですが現在68000人の会員さんがいて月額1000円何で単純計算すると月の収益っていうのは6800枚ですねこれを29で割ると1日の記事と記事の売り上げは約220万円でこの記事の商品ができるまでの物語を書いてある地図の売り上げが220万円もちろんこんな大金を僕は懐に入れませんよ。

次の制作費に回したりだとかしたいとか国内外の子供達に寄付させて頂いているんですけどもここでお話ししたいのは商品よりも物語の方が利益を出してるって言う事です。

僕のオンラインサロンと大きくなってねもう今だいぶ大きくなったのでこの話を参考にすることはできないとは思うんですけれども一つ確かなことは 石橋を叩いて渡っていたら物語は生まれないっていうことですね。

僕が実験を続けているから次の絵本の作り方も新しい作り方をやっているから僕のオンラインサロンは読み物として成立しているけれども当然皆が結果を知っていることを書いても読み物にはならないんですね。

当たり前ですがこの橋で安心ですよっていうみんなが100人が渡った橋を渡ってその過程を書いたところでそれはも読み物としてはならないですか。

つまりですね石橋を叩くことによって最も利益率が高い商品を手放すことになる 答えておいた方がいいですね。

石橋を叩いたが大丈夫かなんだかなみと石橋を叩いておりますが商品によっていう話ですね。

ここは天秤にかけたほうがいいと思います

———————————————–

以前、「負ける人の共通点」という回で、「取り分が確認できてから動く人は絶対に負けちゃうよね」という話をさせていただきました。

行動を起こす前に「それ、どんなメリットがあるの?」とやたらリサーチする人っているじゃないですか?

石橋を叩いて渡る人ですね。

「この橋は安心できる橋なのか? 過去に何人が渡ったのか?」と。

ただ、ここに大きな矛盾がはらんでいて、「この橋は100人が渡っていて、崩れない橋です」という確認できた時点で、橋の向こう側のシェアは取られているから、今さら橋を渡っても手遅れなんです。

今さら、タレントがYouTubeを始めても難しいじゃないですか?

 

ただ、石橋を叩いて渡って、唯一勝てる人がいます。

それが「大資本」です。

橋の向こう側の土地は取られているというのに、「関係あらへん」といった感じで、4tトラック20台で橋を渡って、資金力に任せて土地を買い上げることができる人ですね。

これが「大資本」の基本的な戦い方なんですけど、僕らの身の回りによくいる「それ、どんなメリットがあるの?」と取り分が確認できるまで動かない人というのは、資本力が無いくせに大資本の戦い方をしちゃってるんです。厳しいです。

 

タレントがYouTubeを始めることは、そりゃ簡単ですよ。

当然、今からでも始められる。

始めるのは簡単ですけど、「始めたところで、どの枠を取るの?」という話です。

家族を前面に打ち出すのはカジサックがやっているし、教育はオリラジの中田君がやっているし、時事を斬るのはホリエモンやDaiGoさんがやっている。

当然、企画モノに関しては、はじめしゃちょーさんや、ヒカルさんや、ラファエルさんが押さえている。

ここから、まくるのはなかなか大変ですよ。

(※可能性はゼロではないと思います。ロザンさんのYouTubeおもろい)

つまり、YouTubeが強固な橋であることは分かっているんだけれども、橋を渡った先はもう土地が余っていない。

こうして「取り分が確認できてから動いちゃう人」は負けていく。

 

この話をした当時、「先行者利益は確実にありますよ」という話をさせていただきました。

先行者は「土地を押さえられる」というのは勿論のこと、誰よりも早くその地に飛び込んでいった人間は「迫害を受けたことがある」というファンの結束力をいただけます。

それが強い。

その力は、後から来た大資本がお金で買える力でなないので。

 

キングコング西野を分解した時に、「日本中から夢を笑われた」というのは、やっぱり一つのブランドになっていて、今現在挑戦をして、笑われ、叩かれている人の精神的な支えになることができる。

「いや、俺もシンドイけど、西野さんは国中から叩かれているのに、それでも前に進んだんだもんな。頑張ろう」という。

 

実は僕には、「はい。準備が整ったので、今日から日本中をひっくり返しますね」と狼煙をあげた日が明確にあって、2016年の9月7日のLINEブログで「反撃ですよ」というタイトルで記事を書いているのですが、そこで書いている内容ってシンプルなんです。

「キングコング西野を叩いていた日本中の皆様、残念ですが、あなた方の負けです」っていう(笑)

恐ろしい記事ですね(笑)

それは、『えんとつ町のプペル』という絵本が完成したタイミングですね。

 

で、ちょうどその時の自分の心境と戦略を綴った「革命のファンファーレ」というビジネス書があるんですけど、今から4年前の本ですが、実は、今なお重版され続けているんです。

肌感でいうと「半年前にでた本」ぐらいのペースで、ず〜っと重版され続けているんです。

(※先週も重版が決まり、さらに今日も重版が決まりました)

https://www.amazon.co.jp/dp/4344031555/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_jkddFb8CPDMN8

『革命のファンファーレ』は「迫害を受けながらも挑戦する人のバイブル」になっているということです。

これこそが「先行者利益」です。

 

で、今回、お話ししたいことはココからです。

それは、「商品と物語、どっちの方が利益を出すんだ?」という問題です。

ちなみに僕は今、まったく違うやり方で新しい絵本を作っています。

著者印税が10%だとして、1500円の絵本が1万部売れたら、著者に入ってくるお金は150万円です。

ちなみに、絵本で「1万部売れる」なんて、なかなか無いですよ。

 

で、僕は、その裏でオンラインサロンをやってます。

ここでは、僕の最新ビジネスに関する仮説・検証・レポートが毎日投稿されているわけですが、現在68000人の会員がいて、月額1000円なので、単純計算すると月の収益は6800万円ですよね。

これを日数で割ると、一日の記事(一記事)の売り上げは約220万円。

この記事というのは、商品ができるまでの物語を書いています。

 

勿論、こんな大金を僕は懐には入れませんよ。

次の制作費に回したり、被災地や国内外の子供達に寄付させていただいたりしています。

ここで、お話ししたいのは、「商品よりも物語の方が利益を出している」ということです。

 

僕のオンラインサロンは大きくなっているので、そのまま参考にすることはできないとは思いますが、この時一つ確かなことは、「石橋を叩いて渡っていたら物語は生まれない」ということです。

僕が実験を続けているから、僕のオンラインサロンは読み物として成立しているけれど、皆が結果を知っていること書いても読み物にならないんですね。

 

つまり、石橋を叩くことによって、もっとも利益率が高い商品を手放すことになる。

石橋を叩く際に、ここは天秤にかけて、判断された方がいいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる