100年に1度のウイルスと50年に1度の大雨に教われた日【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

望むところだ

野茂キングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送はさわはらひろしさんの提供でお送りします田村さんどうもありがとうございますさてですね気がついたらもう7月でですね2020年も後半戦に入ってるんですねこのラジオではいつも方法論ばかり話しておりますがまあそれだけだとねなんかこう体温がなくなってしまいそうなので今日は方法論っていうものをお休みして2020年後半戦に向けてのなんだろな表面めいたものをしたいと思います このラジオはですねファンの皆様以外にスタッフやオンラインサロンメンバーにも聞かれてしまっているんですねなのでこんな話するのも少し恥ずかしかったりするんですけれども面と向かって話すのはもっと恥ずかしいのでここで済ませちゃいます 2020年12月ですね今年年末にいよいよ映画えんとつの町のプペルが公開となります遠藤様ですねここに至るまで8年もの歳月を費やした作品で来年以降はねうちの若手スタッフがブロードウェイでミュージカルを作ったりだとかまあ何かと仕掛けて行くみたいなんですけれども僕個人が手がけるえんとつの町のプペルっていうのは今年の12月の映画をもって一旦終了っていう形になりますこの8年という時間はですね僕もね作品のこの主人公だしと同じように木から迫害を受けてますそれでも前に進んだ時間でしてやっぱりこの煙突はちょっとてるって言うのは自分の分身のような作品でやっぱ思い入れもひとしおなんですね 一つの作品にこれだけ長い時間向き合ったのも初めてですしもしかしたら僕の人生でこの先こんなひとつの作品に8年も付き合うことってなかなかないのかもしれないね8年間の集大成となる2020年という都市が自分にとって大きな大きな勝負の年であることは間違いないんですけれどもどういういたずらか100年に1度のウイルスがこの年にぶつかってきたと これによってですねスケジュールは大きく狂って準備を進めていたプロモーションでは一旦白紙になったね一人でも多くのかたに見てもらいたいんですが今の状況だと見る限りですね映画館の座席稼働率は50%とかですかねチケットが完売しても半分が空席っていう状況ではここに対する不安がないと言えば嘘になります ただですね世の中にはそんな僕よりももっともっと大変な状況に追い込まれてしまってる方がたくさんいてその中にはオンラインサロンメンバーさんもいらっしゃるんですねその人たちのことを無視して状況を無視して映画を見に来て下さいちょっと虫が良すぎる話だと思っていてその上に成り立つものですからまずはその人達のフォローが先だと思ってます自分ができることをやろうと思ってそこでサロンメンバーは全員なんとかするって宣言してみました具体的に言うと新型コロナ 雇用の問題ですねサロンないですねサロンメンバーを雇いたい人とサロンメンバーの会社で働きたい人のお仕事のマッチングを進めていて緊急事態宣言のがあったから今までで延べ300名近くのサロンメンバーさんの雇用を喪失させていただきましたこれは今後も続けますコロナのあおりをモロに受けたサロンメンバーさんのバックアップが進む中ですね今度は50年に一度の大雨が襲ってきて多くのサロンメンバーさんが今その被害を受けてるんですねやっぱりこれもですね後回しにするわけにはいきませんのですぐに金をスタートさせて今もなおですねバッキバキに復旧作業を進めております 映画公開まであと半年を切ってね本当なら今頃は映画一本に集中したいタイミングなんですけどもどういうわけかそのタイミングで100年に一度のウイルスと50年に一度の大雨が同時に襲ってきた見る人が見るとついてないって思うかもしんないね でもね 毎日猫のコロナで傷んでるメンバーさんや他のメンバーさんや水害で苦しんでいるサロンメンバーさんの支援をさせてもらってる子にここで僕が映画で結果を出さなかったら彼らが責任を感じてしまうんじゃないかな言うことを思うようになりましたあのまま西野さんが映画に集中できていればこんな残念な結果にならなかったのかもって言った感じなくてもいい責任を感じてしまうんじゃないかなっていうことを思いましたそれを脱ぐ方法っていうのも一つしかなくてもシンプルです映画でも結果を出すっていうことですねそういう感じで整理ができた瞬間に余計にスイッチが入ってね100年に1度のウィルスに襲われたかたへの支援も50年に一度の大雨に襲われた方への支援も望むところで 望む所ってこの状況を望んでないですよウィルス来ない方がいいと思ってるし雨が降らない方がいいと思っているんだがそこで被害を受けた人への支援っていうのはも望むところで全員助けてその上で自分の仕事でも圧倒的な結果を出すことに決めました 座席稼働率50%とか関係ないですよ公開前日に急に言われた話じゃなくて半年前からわかってたことなのでそれならそれでておいてわかっていたのに手を打たないの運命の仕業じゃなくてリーダーの責任なんでそれをやるっていうことですね表面をまとめるとですねウィルスが来ようが天才に襲われようが1ミリも言い訳をせずその全てで結果を出しますそして最後にねこのラジオ聴きのリスナーさんの中にはたまたまねウイルスから逃れてたまたま水害から逃れて今の僕と同じように被害に遭われている方の支援を続けられている方っていらっしゃると思うんですね これはそんなアナタに向けた言葉なんですけれども続けているあなたには 本業で結果を出す責任があると思ってます あなたが結果を出せばあなたが助けた人たちが今抱えている申し訳ないという気持ちが消えるんで それを消すためにはやっぱり何の問題もなかったんだなっていう人助けしてる時間って言うな大したものなんだろう影響出てなかったんだなって思ったわやっぱあなたは仕事で圧倒的な結果を出すそしてあなたが今抱えている申し訳ないっていう気持ちをそこまでさせた言葉だと思ってます 新型コロナウイルス年齢は2年7月豪雨の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げますそして今の最前線で戦っておられる医療従事者の皆様そして泥にまみれながらね復旧作業に当たられているスタッフの皆様に最大限の敬意をもってお礼申し上げますみんなで頑張りましょうお話でした この間とか YouTube ではですね何だろうな古臭い話とかこんなどうしようもない話しかしていないんですけれどもオンラインサロン西野亮廣エンタメ 今日の方ではですね僕にした企業がですね今現在手掛けている最新ビジネスに関する企業ですね毎日2000文字から3000文字投稿させてもらっていますこっちはもうかなり本気でやらせてもらっておりますんで興味がある方はのぞいてみてくださいっていうのと今はね本当にこの豪雨の被害の対応を迅速に行っておりましてで集まった最近やったクラウドファンディングの支援金の使い道に関してもですねうちの若手スタッフにこのバトンタッチしてこちらも席に持ってやらせてもらっておりますんでその支援金の使い道はですね逐一サロン内で共有させて頂いておりますのでどうなってんのかなと思われた方はそちらも覗いてみてください長々としたからですねこんなもなんか僕ちょっと今すごい眠い ってこんな眠たい声を10分かも聞いてくださってどうもありがとうございますまた日が続きますがお互い頑張りましょうそれ的な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でしたじゃあまたね


気が付いたら7月で、もう2020年も後半戦に入っているんですね。

いつもは「方法論」ばかり話していますが、それだけだと体温が無くなってしまいそうなので、今日はお休みして、2020年後半戦に向けての所信表明めいたものをしたいと思います。

 

この文書はファンの皆様以外に、きっと、スタッフやオンラインサロンメンバーにも読まれてしまっていて…なので、こんな話をするのも少し恥ずかしかったりもするのですが、面と向かって話すのはもっと恥ずかしいので、ここで済ませます。

 

 

2020年12月に、いよいよ映画『えんとつ町のプペル』が公開されます。

 

『えんとつ町のプペル』は、ここに到るまで8年もの歳月を費やした作品で、来年以降はウチの若手スタッフがブロードウェイでミュージカル化したり、色々と仕掛けていくみたいですが、僕が手掛ける『えんとつ町のプペル』は、今年の12月の映画公開をもって一旦終了です。

この8年という時間は、僕も作品の主人公達と同じように国中から迫害を受け、それでも前に進んだ時間でして……おかげで『えんとつ町のプペル』は自分の分身のような作品になっており、やっぱり思い入れも強いです。

一つの作品に、これだけ長い時間向き合ったのも初めてです。

もしかしたら、僕の人生で、この先こんなことは無いのかもしれません。

 

8年間の集大成となる2020年という年が自分にとって大きな大きな勝負の年であることは間違い無いのですが、どういうイタズラか100年に一度のウイルスがこの勝負の年にぶつかってきました。

スケジュールは大きく狂い、準備を進めていたプロモーションは一旦白紙になりました。

一人でも多くの方に見てもらいたいのですが、今の様子だと、映画館の座席稼働率は50%。

「チケットが完売しても、半分が空席」という状況で、ここに対する不安が無いと言えば嘘になります。

 

しかし、世の中には、そんな僕よりも、もっと大変な状況に追い込まれてしまっている人がたくさんいて、その中にはオンラインサロンメンバーさんもいます。

彼らの状況を無視して、「映画を観に来てください」というのは虫が良すぎる話だと思っています。

エンターテイメントは安心・安全の上に成り立つ代物ですから、まずは、彼らの生活のフォローが先だと思っています。

とりあえず自分ができることをやろうと思い、そこで「サロンメンバーは全員なんとかする」と宣言しました。

具体的にいうと「雇用」の問題ですね。

サロン内で「サロンメンバーを雇いたい人」と「サロンメンバーの会社で働きたい人」のお仕事のマッチングを進めていて、「緊急事態宣言」云々カンヌンがあってから、これまでに300名以上のサロンメンバーさんの雇用を創出させていただきました。

この活動は、今後も続けます。

 

コロナの被害を受けたサロンメンバーさんのバックアップが進む中、今度は、50年に1度の大雨が襲ってきました。

そして、多くのサロンメンバーさんが、その被害を受けました。

やはり、ここも後回しにするわけにはいきませんので、すぐに支援をスタートさせて、今も尚、バッキバキに復旧作業を進めております。

 

映画公開まであと半年を切って、本当なら今頃は映画一本に集中したいタイミングです。

それが、どういうわけか、そのタイミングで100年に一度のウイルスと、50年に一度の大雨が同時に襲って来た。

…まぁ、見る人が見ると「ツイていない」と思うかもしれません。

 

しかし、毎日毎日、コロナで痛んでいるサロンメンバーさんや、水害で苦しんでいるサロンメンバーさんの支援をさせてもらっているうちに、「ここで僕が映画で結果を出さなかったら、彼らが責任を感じてしまうんじゃないかな?」と思うようになりました。

「あのまま西野さんが映画に集中できていれば、こんな残念な結果にならなったかも」といった、感じなくてもいい責任を感じてしまうんじゃないか、と。

 

それを拭う方法は一つで、「映画でも結果を出す」です。

そう整理ができた瞬間に余計にスイッチが入りました。

100年に一度のウイルスに襲われた方への支援も、50年に一度の大雨に襲われた方への支援も望むところで、全員を助けて、その上で、自分の仕事でも圧倒的な結果を出すことを決めました。

 

「座席稼働率50%」とか関係ないんです。

公開前日に急に言われた話じゃなく、半年前から分かってことなので、それならそれで手を打てばいい。

分かっていたのに手を打たないのは運命の仕業じゃなくて、リーダーの責任です。

 

所信表明をまとめると、「ウイルスが来ようが、天災に襲われようが、1ミリも言い訳をせず、その全てで結果を出します」です。

 

そして最後に。

この文章を読んでくださっている方の中には、たまたまウイルスから逃れ、たまたま水害から逃れ、今の僕と同じように被害に遭われた方の支援を続けられている方がいらっしゃると思います。

これは、そんな貴方に向けた言葉なのですが、支援を続けている貴方には本業で結果を出す義務があると思います。

貴方が結果を出せば、貴方が助けた人達が今抱えている「申し訳ない」という気持ちが消えるので。

「人助け」というのは、そこまでを指した言葉だと思います。

 

新型コロナウイルス、そして令和2年7月豪雨の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

そして、今なお最前線で戦っておられる医療従事者の皆様、泥にまみれながら復旧作業に当たられているスタッフの皆様に、最大限の敬意を以ってお礼申し上げます。

 

みんなで、頑張りましょう。

 

西野亮廣(キングコング)

 

▼西野亮廣の最新エンタメビジネスに関するコラムが毎日読めるのはココだけ↓

Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究...
Salon.jp | 西野亮廣エンタメ研究所 西野亮廣エンタメ研究所は、西野が考えるエンタメの未来や、現在手がけているプロジェクトを、まだ公開できない構想の段階から共有する、会員制オンラインサロンです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次