キングコング西野が最も嫉妬した芸人とは?【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

あの芸人には敵わない

今日はですねお仕事の話ではなくてですね僕の思い出話になっちゃうんですけれどもキングコング西野が最も嫉妬した芸人とはというテーマでお話ししたいと思います。

先日女ゴッドタンのもすごい久しぶりですけれどもゴッドタンの収録がありましたまだね Social Distance を保った企画内容となるのでもいつものようにね劇団ひとりさんとの濃厚接触の向こう側の方ですね争いはなくですねコンビニ確かめ選手権っていう間トークメインの企画ですね。

俺キングコングで初めてですねキングコングで出させていただいたんですけどもまたコロナが開けたらしいベータをしようねとか言いつつ出ますけどもまたやろうね。

今回ですね落ち着いたんですけれどもそれはそれで面白くってちょっとね思い出話になったりしたんですねというのも僕らがデビュー1年目ぐらいの時ですかねフジテレビの深夜の生放送ですね本能のハイキックっていうそのもうハチャメチャ大バラエティ番組があって。

極楽とんぼさんがメイン MC なんですけどもそこにはですねキングコングそしておぎやはぎ劇団ひとりさんがですねレギュラー出たんですね。

もうむちゃくちゃだけどまあその当時の話に花が咲いたりしてかなり面白い内容となっておりますんでね是非ご覧いただきたいです。

で収録中ねひとりさんと河合さんとか喋りながら当時のことを思い返していたんですよ。

何かあったらとかでねやっぱそこでも記憶を手繰り寄せるわけですけどなんか記憶がないですよね。

もう一年目の下にやることなすことうまくいかないんですけれどもみたいなところがあってその巻き返すかみたいなことがですねメイン事業になっておりますんで 明日みんなでもしれませんがやっぱりねっていうのは明らかになってたくさんしました基本負けてばっかりだったんで。

休日前の放送でもねお話しさせていただきましたがデビュー間もなくの主戦場となったべつよし本っていう劇場の3軍のですねメンバーという間フットボーラーさんとか3とか3とかチュートリアルさんとかそうそうたる先輩がいらっしゃったのもの先輩方にはですねもしロバートの秋山竜ちゃんを初めて見た時も嫉妬を通り越した衝撃があったし。

インパルスの堤下くんのツッコミのパワフルさに憧れたし。

そうだなラーメンのようにその独自のルールでカットされてる芸人さんにも憧れました。

ラーメンと言うとねデビューから5年ぐらい経った時ですかね夜突然幻冬舎僕が選んだしてるその出版社幻冬舎舘野さんからですね西野に会いたがってる人がいる電話があって今から来れるみたいなこと言われて飛んで行っ そこにラーメン角小林賢太郎さんがいらっしゃってその時はね初めましてだったんですけども開口一番友達になってくださいって言われて。

それがねめちゃくちゃ衝撃でしたなんて誠実でなんて不器用な人なんだよ。

もっとねおかなくてオラオラの人なのかなと思ったら全然そんなことになってもう本当に丁寧な方で親子でそれはまたカッコ良かったんですね。

あの夜が来ためちゃくちゃ覚えていて散々飲んでるって本当なんですよ。

その4で散々飲んで解散して家にもうまもなく着くかなーっていう頃にですね小林さんの方から連絡があってですねエレキコミックのやついさんのオールナイトイベントが新宿ロフトプラスワンでやっているって言うこと聞つけて 乗り込んじゃおうぜって話になってるですね。

もう二人で夜中に再集合して新宿に向かいましたあのとんだ DL ですこの時のエピソードの猫の開口一番友達になってくださいっていうのがですね映画えんとつ町のプペルに入っておりますんでそこは西野のドキュメンタリーなんだなぁと思って見ていただけると嬉しいです。

そんなこんなでね会う人会う人に憧れ嫉妬していた若手時代ですが中でもね一番としたのはも嫉妬するのも畏れ多い話なんですけれどもはよく僕は言っておりますが立川志の輔師匠ですね。

大喜利が得意な芸人とかマリオが得意な芸人とかも色んな芸人がいますがたぶん僕は物語るような芸人さんが好きなんだと思います。

今でも毎年志の輔落語を見に行かせていただいているんですけどもたった一人であれだけの世界を作り届けている姿がもう5回しかなくてそれが帰り道には嫉妬に変わるんですけれども美味しいっていう表現が正しいんかな。

その恨んだりすることはなくてですね終演後に残ってるのは素敵なものを見せていただいてありがとうございますっていう気持ちとそれに比べて僕は何をしてるんだっていう気持ちですね。

それまでもね僕は結構な売れっ子だったんですけれども生で志の輔師匠を見た時にはですね体中に電気が走ってこのままじゃダメだと思って25歳の時ですね大きく大きくハンドルを切りました。

当然ね今走ってるレールが違うんですけれどもエンタメって大きなくくりでは同じで背中を合わせて頂いています。

クリアしちゃっとかね惨めさといった様々な感情は渦巻きますがそれでもやっぱりね20代のうちに圧倒的な人を生で見て力の差を見せつけられるって言うのはいいもんですね。

嫉妬って言うとどうしてもこうネガティブな響きがありますがまぁ僕の場合は明らかに前に進めてもらったので良かったです。

今ねこうやって話しながらあっと思ったんですけれどもとっていうのは間違いなくねエネルギーを生むんですけれどもそれをプラスに変えるかマイナスに変える その時一生懸命生きているかどうかで自分が何の努力もせずに発生した嫉妬っていうのはもう間違いなくマイナスに働いてと持ってれば誹謗中傷とか揚げ足を取るっていうことに手を出してしまう。

一方で一生懸命やっていたらその嫉妬する対象が僕の場合だったら先輩方がですねその結果を出すまでに積み重ねた努力だとか絶対痛みの想像がつくんでそこにはリスペクトが混じってる自分を前に進めるためにはこっちがあの人を取りに行くことが大事なんだろうなっていうことを思いましたが勝手にですねわかってきたよ今もそうかなーの一番ヒットした芸人っていうのは立川志の輔師匠です。

わけで今日はですねキングコング西野が最もヒットした芸人はというテーマでお話しさせていただきました。

このラジオではですね古くさい話だとか雑談とか なんでもない話ばっかりしておりますがオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の方ですね私西野亮廣が現在手掛けている最新のエンタメビジネスに関する記事をですね毎日2000文字3000文字投稿しておりました今こっちはですね間違いなく自分の全力を出しているところで他ではまたそんな日ですけれどもここでちょっと全力でやらせてもらってるんで多分面白いことなっておりますので興味がある方は覗いてみてくださいそれが出来ない1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でしたじゃあまたね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる