「行動」と「アイデア」を分けて考えよう【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

何が罪なのか?

今日はですね行動とアイディアを分けて考えようというテーマでお話しします。

僕いろいろまあね毎日生きていていろんなものを見てても貧乏しようっていうのもあるのかもしんないですが、何かちょっとでもなんか自分のためになるようなことがあったらも頂いちゃおうみたいなそういうちょっと浅ましい人間なんですが。

基本的にはですねタイトルにありますが行動とアイディアっていうものを 今日か判断できるようになると最高だなーっていうこと思っております。

いう猫の所在を明らかにするっていうことなんですが、例えば昔聞いた話が面白くてあるねホームレスの形の稼ぎ方なんですが、僕後半にホームレスがいるからそいつではなくてですねまた別のホームレスの形のですね稼ぎ方なんですが、そのホームレスの方がまず考えたのがですね空き缶を拾って売るのってコスパ悪いなーっていうこと思われたんですってねそうなんだと思って調べてみたんですけどあのねお風呂に浸かったがこういう人って売られたりしているんですが、あれ一説によると65円とか65円札190円100円ぐらいなんですねまあおおよその目安ですがゴミ袋をパンパンにして400円とかのゴミ袋パンパンにして400円とか 頑張って500円のかこれだけ聞くと意外とまとまった収入になるんじゃないって思われるかもしれませんが期間ってあんまり落ちてないんだって。

その空き缶を拾うだけだったらビジネスとして成立しそうですが、それより以前の問題でも探さないといけないでこれが大変らしいんですよ。

そこでそのホームレスの方が何をしたかって言うとですね神社仏閣あるじゃないですか階段の踊り場にあるあれ何て言うんですかあの煙を頭にかけたりするのドアノブに掛けたりするやつですあの巨大なのですねこの縁の部分縁の部分ですね小銭を10円とか5円とかそうすると次に来た人がその隣に小銭を置いてその次に来た人がさらにその隣に小銭奥でこの縁の縁が小銭でいっぱいになったタイミングでこっそり回収するんですって。

いただくと仕事といえば一時間に一回その小銭を回収に行くぐらい。

これは何かしらの犯罪だと思いますし今お話ししてるのはこの行動自体を肯定してるわけでも推奨してるわけでもなくてただめちゃくちゃいいアイデアだし滅茶苦茶クリエイティブだなと思うんですよ。

人間の習性とうまく捉えているとこういったですね。

行動自体はアウトだが、 ID は素晴らしいということって世の中にたくさんあるじゃないですか一つにまとめて判断してしまうと結論ですね計画反対する犯罪者から学ぶことがなくなってしまうでも計画犯罪を実行する前にはかなり考えてるはずなんですよ。

だって自分の人生がかかってるんだもん。

水はねすみは罰せられるべきだと思うんですが、そこで生まれたアイディアまで来るって知ってしまうのはもったいないもしかするとその中には世の中のために使えるものがあったかもしんねー。

この話を少しスライドさせてですね例えば自分が嫌ってる人っているじゃないですか。

やだなーみたいな。

でその人っていうのは自分の中では何かしらの罪を犯してるよあんなことしたりこんなことしたりそれが許せなかったりするとこの時に判断基準として持っておいた方がいいのは自分がその人の行動を嫌っているのかアイディアを嫌っているのかっていう部分ですね。

例えば暴力を振るうから嫌いこれはもう行動も相手も嫌ってるはずですねそこにはその行動ニュースの四魂のかけらもないと じゃあ CD 握手券として売り出す AKB 商法が嫌いでいらっしゃいますよね音楽で勝負しろ的なこれで撮ってるの行動なんですよ CD 握手券として売り出したっていうアウトプットの方法を嫌っているだけで商品の意味を移動させたいですよだって商品の意味を移動させたって言っているというのであればビックリマンチョコも切らなきゃいけないでも見たことがないですね AKB 商法は許せないですね初回限定版ジャケットと顔出してるところ結構見かけたりしますそれって音楽じゃないですかジャケット売ってるなら初回限定版と通常版の2枚つまり部分は悪魔があってないっていう話 ですねこういうのってこと嫌ってるんですねアウトプットの方法を嫌ってるだけでその答えに至るまでの思考の軌跡って でもう少し踏み込んだ話をするとですねその人ですねチームとして会社として捉えてみるといいかもしんないしねチームだからさ当然そこにはマネージャーがいてリーダーがいるマネジメントという仕事とリーダーシップっていう仕事があるこれよく言われることなんですが、マネジメントの役割っていうのはいく方法を考えることなんですね一方でリーダーシップの役割ってなチームの行き先を示すことです そうした時に僕らは課長のやり方は嫌いだけど社長いい人みたいな感じで分けて考えられるじゃないですか買っちゃう許せないみたいな社長案内との間のアイツが許せないんだよみたいな そん時に勝ち方から学ぶことはないが、社長からマダムことあるよねみたいな感じでそのチーム全体会社全体がするわけじゃなくて単体で切り分けて判断してますよねその元は課長であるとか社長なの方針自体は全然おかしくないんだけどそれを形にするやり方が部下の扱い方があのなんか言葉遣いが気に入らないみたいな感じと単体でいいわけで判断してここが噛んだからここを直せばいいんだよみたいな感じでそこから僕だっていうのは学びを得ていると。

あれですね あの漢字を5時に置き換える するんですねその行動を嫌ってるんだっけそれともアイディアを嫌ってるんだけっていう感じで住み分けて考えられるようにならないと嫌いな人のアクションっていうものを自分のエネルギーに変換できなくなるからまあ長々と喋りましたが結論もったいないよっていうことですねなんか嫌いな人が多ければ多いほど減っていくじゃないですか。

あの一緒にしてしまうとですねでも嫌いな人がうまくいってるって事は何かしらそこに思考の軌跡があのやり方嫌いなんだけどあいつのこと嫌いなんだが、でもあいつなんか成功してるなーって考えた時にですねやっぱそこには絶対にアイディアがあるとそのアイディアは抽出して 自分のエネルギーに変えて何かいいことに置き換えた方がそのエネルギーとエネルギーをちゃんと分けた方がいいなって思います。

でまたですねこれ皮肉なもんですが、人って知らないものを嫌うんで 僕たちが嫌っているわけで掘り下げていくと大体知らないに帰すんでなんかクラウドファンディングよくわかんない知らない嫌いみたいな女にさわかんないみたいで嫌ってる理由のほとんど知らないなんでなのでこれ何が言いたいかって言うと嫌ってる人から学ぶことの方が多いんじゃねえか 知らないからそこに自分がまだ取ったことのない愛の奇跡のあるからそこは頂いちゃった方がいいんじゃねえかなっていうのが今日の話でございます。

というわけで今日はですね行動とアイディアを切り分けて考えをお話しさせていただきました。

どこのラジオですになったあの古臭い話をしておりますがオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の方ですね1日何キロが現在ってが出てる最新ビジネスに関する記事をですね毎日2000文字3000文字投稿しておりますのでこっちは結構どころかだいぶ本気でやっておりますので興味がある方はぜひ覗いてみてください。

的な1日をお過ごしください。

キングコングの西野亮廣でした。

じゃあまたね 。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる