そろそろSNSの「分断」が始まる【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

[aside]各リンク

[/aside]

目次

皆、気づいてきてる

今日はそろそろSNSの「分断」が始まるというテーマでお話ししたいと思います。

これは、もうSNSをしたほうが良くないみたいなことを何年か前に言ってたことがまあそろそろそういう時期だなーっていう話です。

一応僕は、現在62000人のオンラインサロンを運営しているんです。

この62002のないサロンっていうのはSNSのフォロワーが62000人とかYouTubeのチャンネル登録者数が62000人っていうのと何が違うかって言うとコミュニティーであるっていうところなんです。

わかりやすいところで言うとサロンメンバーが、交流を取ろうと思えば取れるとそういったところがあると。

コミュニティってばカジサックのYouTubeチャンネルを登録してもカジサックのYouTubeチャンネルを登録している人同士であったりする事って基本的にはないじゃないですか。

カジサックがオフ会をしようと声をかけてカジサックっていう待ち合わせ場所に集まった者同士であどうもどうも的なこともあったとしてもカジサック抜きに会うことって基本的にあんまりないとね。

オンラインサロンっていうのはコミュニティなんでもちろんじゃないですが、サロンメンバー同士の交流っていうのがあったりするんです。

要するに、サロンメンバーがサロンメンバーのお店に行くみたいなサロンメンバーさんがやってる美容室に他のメンバーさんが行くみたいなことがあったりする。

そのメンバー同士の飲み会だってあるし今だとサロンメンバー同士のお仕事のマッチングとかもしているんでサロンメンバーの会社でサロンメンバーが働くっていうこともある。

そこに人と人との交流があるわけですから当然サロンメンバー同士で付き合うことも結婚することもある。

ちなみに僕はサロンメンバー同士の結婚式に遊びに行ったことがあります。

もちろんさっき言ったみたいに全然そうじゃなくてメルマガとして利用していただいている方も結構いて、そういう人はメンバー同士の交流とかはないというか求めてない。

僕自身いくつかのサロンに入らせてもらっていますが基本的には僕が入っているサロンは読み物として楽しんでいてそこでメンバーさんと交流したりとかはしていないんですが、考慮しようと思ったらできる環境にあると。

コミュニティってそういうことです。

僕たちは立ったね5人の数名の家族でも揉めることがあるしそれこそ夫婦恋人って言う二人でも揉める事ってありますよね。

これが62000人ってなってくると当然そのリスクは高くなるんです。

そこをどう防ぐかっていうのがサロンオーナーの腕の見せ所なんですが、です。

僕が、62000人のコミュニティを運営する上で一番気をつけてる事っていうのは責任を人に押し付けないということです。

例えば、誰かが問題起こしたときに問題を起こした奴が悪いみたいな結論に持って行かないんです。

なぜその人に問題を起こさせてしまったのかっていう感じで問題を起こさせた環境に問題があるっていう風に考えるんです。

人に問題があるって知ってしまうとその瞬間リスクが62000個になってしまうでとても対応できないです。

なので人に問題を起こさせてしまう環境に問題があるとして環境の改善をつとめる。

ヒューマンエラーはないとあるのはシステムエラーであると。

そういう風に考えるんだね。

その観点から見ると、えーとねあのネットに誹謗中傷に対して誹謗中傷するならっていう声があったりしますがそのなんだろな作業は無駄とは言いたくありませんが問題解決を目的とするのであれば極めてコスパが悪い作業だなーって思ったりしています。

くれぐれも言っておきますが僕は10年ぐらいですかね今日本で一番誹謗中傷を受けてきたタレントなので気持ちは分かるんですよ。

死ね消えろとかいうコメントが、僕10年間毎日100件もっとかなと言ったんです。

それを煽っているのがメディアっていうのもわかる。

やっぱりテレビで家に参加にし乗っていたようなケーキケーキみたいなことをやったりすると西野そういう感じで叩いていいんだと西野には石を投げるのは正解なんだとなっても前にすっごい量の批判が届くんです。

最近別にないですよ遠い、もう本当にすごい量の批判が届く音でよく言われておりますが石を投げてる側は一個しか投げてないからそこまで重く受け止めないっていないかもしれませんがそこはやっぱチリツモで自分のタイムラインが、消えろとかで埋まるとダメージを受ける。

で僕の場合はまだ強く入れたからねではラジオとかそういうことを面白がって結果的に、先導することになっていた何々岡村さんと解体しててねこらみたいなこと言ったりしましたが普通の無理じゃないですか。

これめちゃイケでね、僕面白い感じにしてもらえたのでもうほんと感謝してるんですが、です。

法事は、オールナイトニッポンに乗り込んでも岡村さんをタコ殴りにしてやろうって本気で僕思ってたもん。

今はねむっちゃくちゃ好きだしめちゃくちゃ岡村さんのこと尊敬してますよ。

当時の話です。

僕が挑戦する人を徹底的に応援するのはそういった背景が色濃く影響していると思います。

やっぱり挑戦する人が背負う痛みっていうの僕は身をもって知っているんで。

そんな日が、10年ぐらい続いたある日、でもちょっと待ってよと思うんです。

例えば、岡村さんにしたってその西野の人生をぐちゃぐちゃにしてやろうと思っていう発言をされていたわけじゃない。

ポロっと転がった発言がもう数万人に伝わって「そうだそうだそうだそうだ」と雪だるま式に大きくなって、僕に直撃したと。

そうだそうだって言ってる人達もまたそんな巨大な雪だるま転がしてる自覚はないと。

ここでね、巨大な雪だるま転がすきっかけを作った奴が悪いんだとしてしまうともう誰も何も言えなくなる。

こんなこと言うのもあれなんですが、東野さんが僕のことを馬鹿にするの面白いじゃないですか。

僕東野さんにバカにされてる時めちゃくちゃ恥ずかしいけど笑っちゃうもん。

僕なくなって欲しくないんです。

僕自身は天然でかっこつけているんですが、結果的に東野さんとゴットタンに処刑されるためにかっこつけてるみたいなところがあって、そこの食物連鎖うまくいってるんです。

あれがなくなるのはね僕は嫌なんですよ。

東野さんやゴッドタンを面白がってる方がいいさんかっこいいスネ夫みたいな感じでばかりしてくる感じてそれは何だろう全然いいんです。

それはこういう感じ面白がりましょうねって言うなんだろうなその右手ではなくているんですが、左手はこたつの中で握手してる感じがある。

問題は握手していることを知らずに殴っていいんだは殴ってくる人でその人たちからすると、僕が急にみたいなこと言うと菅野みたいなみたいな雰囲気出してたから殴られてる時よだれだからいいんかなそんな感じだと思うんです。

びっくりすると思うよ。

もう来るなみたいなんです。

ルールを知らない人が混ざってることが問題であると。

で結論なんですが、まもなく世間はここに気づくと思います。

混ざっていることが問題なんだと。

その方向に進むと思います。

文化ごとにSMSが分断されるって話です。

少し前までみんな結構バカにしていたんですが、多くのタレントさんがもう間もなくオンラインサロンっていうものを初めて鍵垢っぽい乗りを始めると。

昔はその文化の分断っていうのは神様がになっていたんですが、今深夜ラジオネットニュースのネタ元になってしまってるのでもうなかなか難しいです。

それこそ僕サロン限定アカウントでTwitterやっているんですが、明日とかおはようでタイムライン、おはようですよみたいな感じでおはようどうですかこのラジオを聴きの皆さんのツイッターのタイムラインどんな内容で埋まってますか。

ちょっと疲れるでしょ。

タイムライン見るとて多くの人がそろそろそこに見切りをつける頃だなと思って見ていますっていうのが今朝のお話でした。

今朝はそろそろSNSの分断が始まるよというテーマでお話しさせていただきました。

それで素敵な1日をお過ごし下さい。

キングコングの西野でした。

じゃあまたね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる