『自分が結果を出せている理由』を分析する重要性【西野亮廣エンタメ研究所 投稿共有】

西野亮廣エンタメ研究所過去の記事

西野亮廣エンタメ研究所の1年前の投稿を公開しています。毎日、学びになる本気の投稿が見れます。下手なビジネス書より月額1000円のオンラインサロンがおすすめです!

[aside]リンク

月額1000円のオンラインサロン[西野亮廣エンタメ研究所]

[/aside]

 

6月22日(土) 6月24日以降は『いいね』を押さないでください。
━━━━━━━━━━
おはようございます。
今になってSuperflyにハマっているキングコング西野です。
やっぱ、Superflyだよねー!

さて。

昨日は、レンタル会議室『ZIP』でサロンメンバー10人とお喋りした後、東大で講義。
大学生が面白いのは、「住んでいた地域」でインプットしている情報がまったく異なっていて、インターネットにも距離(都会と田舎)を感じられること。

僕は、情報感度が高い人の方が『有利』だとは思っていますが、
『偉い』とは思っていなくて、

「そっか、◯◯はまだ世間に通用しないんだなぁ。
話が伝わる他の言い回しがないかなぁ?」と

“知らない人”から学ばせてもらうことが
たくさんあります(※それもあって寄席に出ています)。

一方で、“知らない人”が、“知っている人”から学ぶこともあって、
昨日のように「大学生」で集めてみると、
同い年なのに、とっくに行動している人を目の当たりにして、
「悔しい!僕も頑張る!」と言っている子がいて、
メチャクチャ健全だなぁと思いました。

学生勉強会は定期的にやろうと思います。
(※もちろん、他の世代の勉強会もします)

そんな中、『ZIP』で、尾原和啓さんと山口周さんのトークショー
『「役に立つ」より「意味がある」時代のニュータイプ原理』が7月1日に決まりました。
参加できるのはサロンメンバーだけで、10名限定です。

▼【SOLD OUT!】
http://nishino.thebase.in/items/21364571

━━━━
本題です
━━━━
前置きが長くなりましたが、本題です。

時代は猛スピードで変わります。
常に次の一手の準備をしなければならないので、
『自分が結果を出せていない原因』を分析するのも大切ですが、
『自分が結果を出せている理由』を分析するのも、
とても大切だと考えております。

多くの人が後者の考察をサボりがちですが、
自分が結果を出していれば、追随するように競合が増えて、
まもなく「スタンダード」になり、そこから数年もすれば、
今度はその「スタンダード」の反対にポジションをとる人間に注目が集まり、
そこに価値が発生するので、

「結果が出せている自分を潰す方法を誰よりも先に見つけて
、誰よりも先に自分を潰しに行くボジションを自分が獲得する」

というようなことを西野は裏でコッソリやり続けています。

25歳の頃に自分がやっていた番組が日本で一番視聴率をとって、
たぶん日本の若手芸人の中では一番売れましたが、
それが長続きするわけがないと思ったので、
「結果を出している25歳のキングコング西野がやれていないこと」を探して、今に至ると思います。

今のやり方で「しばらくイケる」と確信したのは、
2~3年前にゲストで出させてもらった『にけつッ!』という番組で、
MCの千原ジュニアさんやケンドーコバヤシさんをはじめ、
会場に集まっているお客さん全員に、
自分がやっていることがまったく伝わらず、
小バカにしたように笑われた時でした。

当時はクラウドファンディングで町を作っていたのですが、
リターンに『西野と一緒に井戸が掘れる権』があって、
それについて、
「お客さんに金を払わせて、働かせるなんてww」
といったイジリだったと思います。

僕が日本の芸能界に仕掛けたのは、ザックリ言うと大きく二つです。

①収入源を『広告』から『ダイレクト課金』にした。
②『レストラン型(完成品を届ける)のエンタメ』から、『BBQ型(一緒に完成させる)エンタメ』にした。

まだ世間一般には浸透しておりませんが、
日本のエンタメがコッチ側に進むのは時間の問題だと思います。

流れが変わってしまったので、
ここからは勢いを増すばかりで、
一タレントや、一芸能事務所が、力技でどうにかできる話ではありません。

そんな中、西野が考えるのは①と②で結果を出したヤツを潰す方法です。
今のところは、『生身の身体を捨ててデータになる』
ぐらいしか思いついていませんが、
一つ言えることは、「今のボジションに長居するつもりがない」ということです。

写真加工アプリなんてその始まりで、
『バーチャル』と『リアル』という、
「人間が自分の身体を二つ持つ時代」は、必ず来ます。

多くの人が自分の見た目にコンプレックスを抱えているので、
美人やイケメンのバーチャルヒューマンが増え、
まもなく、美人やイケメンのバーチャルヒューマンの価値は落ち、
「ハゲた中年のバーチャルヒューマン」なんかがポコポコ出てくるでしょう。

「ハゲた中年のバーチャルヒューマンの中身が、美人の女の子」
という“バーチャルとリアルのギャップ”で遊び始める人
(そこに価値を生む人)が出てくると思います。

なんとなく、その辺に『次の一手』を打ちたいなぁと思っておりますが、
もっと面白い『次の一手』があるかもしれません。

サロンメンバーの賢い人、何か面白い一手を考えてください(*^^*)
僕、実験台になります。

現場からは以上でーす。

【追伸】
バーチャル西野にアクションをさせてみました。
(※このYouTubeはシェアしないでね)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる